コース戦略の教え:林からの最適な脱出法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.09
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

こんにちは森崎です。

ここ数ヶ月、
日本中あちこちで出張レッスンを
させていただいていたのですが、

心なしか、各地でのイベントで、
「メルマガ見たよ」と声をかけてくれる方が
とても増えてきている気がします。

そして、

『森崎崇 = コースマネージメント』

というような印象も
お持ちいただけているみたいで、
とてもうれしく思っています。

コースマネージメントは、
スコアに直結するスキルですので、、、

ぜひ、引き続き私のメルマガで、
賢いコースマネージメントスキルを
習得していただければと思います。

日本各地のイベントでは、
生徒様と一緒にラウンドを周りながらの
実践形式でレッスンしているのですが、

コースマネージメントの指導をさせていただくと、
その生徒様は見る見るうちにスコアアップしていきます。

というのも、コースマネージメントは、
ゴルフのスイング技術や飛距離とはまた別の考え方で、
大幅なスコアアップを狙える分野ですよね。

例えば、ドライバーが曲がってしまい
林に打ち込んでしまったとき、そして木が邪魔して、
直接グリーンを狙うことが難しいとき、

1打ロスを覚悟でフェアウェイに戻す、
というのも一つの正しいコースマネージメントです。

実際にコースでのレッスンでも、
そういった林からショットを打つ場面に、
多々直面しましたが、

そこで、生徒様の多くは、
間違ったコースマネージメントを
選択してしまっているのです。

その間違ったコースマネージメントというのが、、、

短いクラブで林から脱出

林からフェアウェイにボールを出したいときに、
そこまで飛ばさなくても脱出できるということで、
ショートアイアンやピッチングウェッジなど、
短いクラブで脱出しようとしてしまうのです。

確かに、フェアウェイまでの脱出なら、
50yも飛ばせれば十分です。

そして、30yや50yのショットというのは、
普段アプローチで使用するショートアイアンや
ピッチング、アプローチ、サンドウェッジなどが
一番馴染みクラブだと思います。

そういった理由から、
短いクラブで脱出しようとしていると思うのですが、、、

実はこれ、
かなりリスクのあるコースマネージメントです。

本日は、そんな林からの脱出について、
動画レッスンをお送りさせていただきますので、
ぜひこちらからご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら



今回の話もやはり「状況判断」ですね。

直接ピンはねらえないので、
一旦フェアウェイウッドに脱出する。
距離は50yも飛ばせれば十分。

大事なのはここから先

普段から50yを打つ
アプローチやピッチングウェッジではなく、
高く上げないためにあえて7番アイアンを、
しかも、腰から腰の振り幅で打つ

という選択ができるかどうかが
コースマネージメントの明暗を分けます。

この1歩先に進んだマネジメントをするだけで、
あなたのスコアは2打も3打も変わってきます。

それがコースマネージメントの良いところで
ゴルフを攻略するという楽しさでもありますね。

もしコースに出て林から打つ事があれば、
最適なコースマネージメントができるように
しっかりと頭に入れておいてくださいね。



<本日のオススメ>

昨日、新商品として公開された
「飛んで」「曲がらない」それでいて「優しい」
新製法のフェアウェイウッド

 『FREIHEIT THE-G チタンFW』

もうご覧になりましたか?

今までフェアウェイウッドに
苦手意識をお持ちだった方でも
簡単に打って飛ばせる

スコアアップの立役者になってくれる
オーダーメイドのフェアウェイウッドですので
ぜひお早めにご覧ください

https://g-live.info/click/freiheitfw_2012/
先着20名様限定です。


The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、小原プロを含むコーチ達と出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、小原プロを含むコーチ達と出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。