【必読】70歳を過ぎても、飛ばしたい方へ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.31
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日もお客様からご質問をいただきました。

質問者様は、どうやら70歳代の方のようですが。。。
 

 「ボールを飛ばしたい!」
 

当たり前ですが、やっぱり「飛ばしたい」は
何歳になっても、永遠のテーマみたいですね。。。

あと10~20ヤード欲しい…

> 10年ほど前に、ミズノで1w・5w・7wを
> フィッティングしてもらいプレーしていました。
> 1wは、今でも使っています。
>
> ドライバーの距離を
> あと10~20ヤード欲しいと思ってます。
> 今のクラブは、少しボールが上がり過ぎです。
> (45インチ R 440/ヘッド)

 

ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。
 

ここにあるドライバーの「440」というのは、
ヘッドの体積のことなのかなと推察します。
 

すでにここで何度かお知らせしているように、
ボールを遠くに飛ばすための条件は
 

 a.ボール初速

 b.打ち出し角度

 c.スピン量
 

この3つの数字になります。
 

さて、3つの数字を上げる具体的な方法に入る前に、
これらの数値について復習ですが。。。
 

◇a.ボール初速

ボール初速は早ければ早いほどいいのは、
言うまでもありません。

ボール初速についてはヘッドスピードにほぼ比例し、
ミート率もボール初速に大きな影響を与えます。
 

◇b.打ち出し角度

打ち出し角度の理想値は、14度前後です。
 

◇c.スピン量

スピン量としては、2000~2500回転が
理想の数値になります。
 

これらのどの数値が欠けているかによって、
まだまだ伸ばせる可能性がある、ということです。
 

ですのでそのためにも、

フィッティングに来てほしい…

ということなんですが(笑)。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

ちなみに、自分(徳嵩)の場合の例ですが、
 

 ・ミート率:1.45~1.48

 ・打ち出し角:14度

 ・スピン量:2000回転前後
 

つまり、現状の数値がほぼMAX、ということは
今の飛距離が「ベストの飛距離」なんです。。。
 

ですので、自分が今よりも飛ばしたいのだとしたら、
 

 ・フィジカルレベルを今より上げて

 ・そのことでヘッドスピードを上げて

 ・ボール初速を上げていくしかない。。。
 

ということになります。
 

 「徳嵩さん、だったらクラブを長くすればいいじゃないですか?」
 

はい、いいところに気づきましたね!
ですが。。。
 

 すでに長さも「ルール目一杯」の47.75インチ…(笑)
 

今のドライバーは、ルール適合ギリギリの
「47.75インチ」の長さなので。。。

クラブでヘッドスピードを上げる方法は、
もう他にないんです!
 

ということで、黙ってフィジカルを
鍛えるしかないのですが。。。(泣)
 

なんだかここまで話をしていると、
飛距離自慢みたいになっていたらイヤなのですが。。。

自分があなたに言いたいのは一つ

あなたはきっとまだ、クラブで数値改善はできる!

ということです。

おそらく、これをお読みのあなたが
もしフィッティングを受けていないのであれば。。。
 

まだそこまで、これら3つの数値を
詰めきれてはいないのではないでしょうか?

ということは。。。自分とは違って
 

 「まだ飛距離が伸びる余地がある」
 

ということですよね?
 

自分のように、打ち出しとスピン量が最適なのだとしたら
ヘッドスピードを上げていかないといけないので、

そうなるとフィジカルとか、クラブを長くして。。。
とかになるわけですが、そこまで詰めていないのであれば、
 

 クラブの改善で何らかの「改善=飛距離アップ」はできる!
 

ということになります。
 

実は自分も、やっぱり少なからず飛ばしたいので、
何か別の方法で、これらの数値が変わらないかと
いろいろ試してはみたものの。。。
 

やっぱり、変わりませんでした(笑)。

ということで、自分はダメだったんですが、
あなたはどこかで補えるところがあるはずです。

別に年齢が70歳、80歳を超えていても、
まだまだ、飛ばせる可能性はありますよ。

「チーム徳嵩」フィッティング

ということで、あなたの飛距離アップの可能性を高める
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」。。。

枠数限定ですが若干名、ご用意いたしました。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます。

しかしながら、こちらからのお申込みで予約確定ではなく
後日担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

「またアプローチで寄せきれなかった…」

「バンカーで大叩きしたから、
 ベスト更新は難しいな…」

「パッティングが冴えないな…」

スコアアップにおいて、ショートゲームのミスは
致命傷になりがちですが…

何歳からでも上達出来るショートゲームの秘訣を
モンゴプロが全てこの一冊に凝縮しました。

その知識と経験を知りたい方はコチラをクリック!

http://g-live.info/click/mng_tsgb1901/

書籍リリース記念。1,000円OFF&特典付き

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, ドライバー, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

【必読】70歳を過ぎても、飛ばしたい方へ…」への3件のフィードバック

  1. 深谷 昌弘

    84歳のゴルファー、経験50数年、左利き右打ち
    特にドライバーのランが20前後しかありません。
    スピンが4~5000くらいのようです。
    使用ドライバー;つるやのアクセル(高反発)
     シャフト;R ロフト;10.5
    ボール初速;54前後 ヘッドスピード:37前後
    御社の千葉店規格のジャパンゴルフスクール(練習所)に
    週一で通い書数値を測っております。
    同年代の上級者はランが4~50あるのが普通です。
    いろいろ工夫をしておりますが、ランが増えません。
    80歳過ぎてからシルバーティーから打つことが増えて
    エージシュートは数回出ましたが、ばらつきが大きいのが
    悩みです。

    返信
  2. ノム

    以前、今より飛距離を伸ばしたとフィッテングを受けましたが、今回のような数値による指導が有りませんでした、有ったのはクラブ重量のバランスを改善した方が良いとの事でした。
    以前受けた時は、私にトラックマン等の今回のような数値が有る知識が無かったので残念です。
    受けたのは昨年の5月ですが、その当時の神田の店舗には機材が無かったのでしょうか。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      ノム様
      フィッティングをご受講いただき、どうもありがとうございます。
      神田(秋葉原)の店舗には、トラックマンではなくフライトスコープを導入しており、ほぼ同様の数値計測は可能です。
      しかしながらお客様のお悩みや、現状お持ちのクラブの状況に応じて、そうした数値についてのご説明を詳細にしたりしなかったりすることはあったかもしれません。
      もし担当フィッターのほうでクラブ重量のバランスを改善したほうがよいという回答だったのであれば、その点を改善しビジネスゾーン練習を続けることで、今後の数値の改善は期待できます。
      昨年5月であれば当時のデータは残っていると思いますので、もしクラブの変更をご検討されるのであれば、どうぞご遠慮無く店舗(秋葉原店)の方にご連絡いただければ幸いです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。