腰を回す=速く回転させる、、、ではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.19
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

仕事柄、私はたくさんのゴルファーに
レッスンやアドバイスをしてきました。

で、アドバイスしていつも感じるのは、

腰を回す=速く回転させる

と “勘違い” している人が
とても多いなということ。

アイアンにしろドライバーにしろ、
ヘッドスピードを上げたり方向性を良くするために
「腰を回す」ということが大事になってきますが、

レッスン中に生徒様へ
「腰をもっと回しましょう」とアドバイスすると
回転スピードを上げようとしているかたが
とても多くいらっしゃるのです。

もちろん、腰を速く回転させて
ダウンスイングの切り返しにキレをもたせることも
ヘッドスピードを上げるためには大事ですが

腰を回す=速く回転させる

という認識をもってしまうと、
これは100%のちからを振り絞ったときにしか
「腰を回せていない」ということになります。

「50%のパワーで
 コントロールショットを打ったときには
 腰を回せていないのか?」

ということですね。

もちろんそんなことはなくて、
パワーを抑えたスイングでも
腰を回す必要があります。

では、腰を回すということが
「速く回転させる」という意味ではないなら、
一体どんな動きを意味しているのか?

本日の動画では勘違いされがちな
「腰を回す」という動作について解説しましたので
ぜひ一度、ご覧になってみてください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


腰を回す=捻転差をキープする

いかがでしょうか。

あなたは今まで、
正しく腰を回せていましたか?

『100%のフルショットでも、
 50%のコントロールショットでも、
 肩のラインと腰のラインの
 捻転差45度をキープする』

これが「腰を回す」という
アドバイスの意図になっています。

腰の回転スピードを
上げることももちろん大事ですが、
捻転差を保つことも大事です。

特にショットの方向性や
ボール弾道の再現性を高めるために
捻転差を常に保つことは必須です。

ドライバーやアイアンに限らず
すべてのショットで大切なポイントですので
ぜひあなたも再確認してみてください。

最初はゆっくりなスイングで
捻転差を保てていることを確認できたら
段階的にヘッドスピードを上げて
チャレンジしてみてください。

服部コースケ
 




追伸:

この飛ばしのドリル集は

「もっと正確に、もっと遠くに飛ばしたい」と
 常にドライバーの進化を求め、暇さえあれば
 ゴルフのことばかり考えてしまう…

そんなあなたのためのものです。

ゴルフ人生のすべてをかけて
理想の飛ばしを追求してきた私のノウハウを
どんなゴルファーでも再現できるドリル集として
わかりやすくパッケージにまとめました。

初回購入に限り
70%OFFの特別価格でご案内していますので
ぜひあなたも試してみてください。

https://g-live.info/click/hattori/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

腰を回す=速く回転させる、、、ではない!」への2件のフィードバック

  1. やっちゃん

     こんにちは。肩と腰の捻転差。わかりました。しかし、とても難しいですね。
     何度もインパクト時には、捻転差は無くなっている。ゆっくりやってもダメです。
     原因は腕ですね。明日から捻転差をマスターできるよう頑張るぞ!
      有難うございました。

    返信
  2. みむちゃん

    毎週土曜日にきっちりとアドバイス頂けることに、感謝申し上げます。今週も腰の回転スピードについてのアドバイス、本当に参考になりました。ありがとうございます。ヘッドスピードを上げるため、意識的に腰の回転を速めるようにしてはいましたが、全体のバランスの中での腰の動きは、全く意識しておりませんでした。「インパクトの時点で、腰が45度先行する」を意識して練習していきます。有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。