え、UTってカンタンじゃないの?(違います)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.14
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「え、UT(ユーティリティ)ってカンタンじゃないの?」
 

という話をさせていただきます。
 

もしかしたらあなたは、
ユーティリティ(UT)というクラブについて
 

 ・オールマイティなクラブ

 ・どんなシチュエーションでも打ちやすい
 

という認識を持たれてかもしれません。
(実際にそういうイメージを持っている方は多いです)
 

ですがハッキリ申し上げて、それはちょっと違います。
どういうことか?

カギはゴルファー自身が持つ「認識」

 「ユーティリティって、オールマイティで
  どんなシチュエーションでも打ちやすいですよね?」

 

そのように言われると、実際のところは
 

 「うーん。。。」
 

という感じが、自分はしてしまうんですよね。
 

言い方は悪いのですが、ユーティリティというのは
それはそれで「中途半端な子」ではあります。

ですので、そこを考慮しながら
ちゃんと選ぶ自分の用途に合わせて選んであげることが
ユーティリティーは特に重要になってきます。
 

前回のメールマガジンでも、ユーティリティというクラブにも
複数の種類があることをお話をさせていただきましたが、
 

ユーティリティーのシャフト、どう選ぶ?

https://g-live.info/click/210107_nikkan/

 

特にユーティリティについては
クラブを構えたときに、プレイヤー自身が
 

 「これはウッド(型)のクラブなんだよね」

 「こっちはアイアン(型)なんだよね」
 

といった具合に、そのクラブを認識できていると
ボール位置も正しくなって、打ちやすいのですが、
 

そうしたところで、いわゆる反対側のイメージ、
つまり機能はアイアン型なのに、
打っている本人がウッド用のイメージで打ってしまうと。。。
 

当然、ミスというものが起きやすくなってしまうのです。
 

意外に思うかもしれませんが、
そうしたゴルファー個人の、人それぞれの認識が
スイングに影響を与えているものなのです。

自分たちも試打で確認するものの…

ということで、そういうことまでも
きちんと認識した上でのクラブヘッド選びが
大切になってくるわけです。
 

基本的に(先ほどもお伝えしたように)
自分が思っているタイプと全く違う認識を持っていると。。。

ユーティリティというクラブは
その意味が全然なくなってしまうクラブなんです。

ですのでそのへんについて、自分たちはフィッティング時には
お客様に使いこなしていただくべく、
しっかり説明をさせていただいています。

(なんでそのようになってしまうのかということも含めて)
 

ちなみにユーティリティの性格については、
開発メーカーさんのコンセプトがわかりやすいものは
比較的明確なんですが。。。

実際のところ、ユーティリティの中には
「どっちつかず」に見えてしまうものというのも
結構存在しているのは、正直なところだったりします。
 

自分たちが、フィッティングのために
試打クラブを複数導入する際には、それらを組み立てて
一本一本試打をする際に
 

 「このユーティリティって、アイアンぽいのかな」

 「こっちはウッドっぽいのかな」
 

ということを考えながら試打をするわけですが、
 

 「あれ、これって逆だと考えて
  (ウッド型→アイアン、アイアン型→ウッド)
  打たないと、全然上手く当たらないな。。。」

 

というクラブが、やはり存在するんですね。
 

それを知らないで使ってしまうと

 「あれ、ユーティリティって、あんまり役に立たないな」
 

ということになってしまい、せっかく手に入れても
もったいないことになってしまいます。

ユーティリティは意外と繊細なクラブ

ということで、ユーティリティというクラブは
その形状の性格上、プレイヤーの方の認識が
大きく影響を与えるクラブになります。

(これはプロやアマチュアといった技量には関係なく、です)
 

これが、ユーティリティが「万能選手である」
という認識は、必ずしも当たらない理由です。

意外と購入する上での選択が難しい、
繊細なクラブだとも言えるわけですね。
 

先ほども申し上げたように、
自分たちゴルフパフォーマンスのフィッター陣は
いろいろなクラブを「試打クラブ」として試すうちに。。。
 

 「こういう打ち方の人に、適してるんじゃないか?」
 

ということを、自分の感覚で養いながら
お客様にはご提案をさせていただいています。
 

ユーティリティーというクラブも
本当に千差万別でいろいろな商品がありますので、

どのクラブにするかを迷われるようでしたら、
あらゆルクラブを熟知している専門家に
一度相談をされることをオススメします。
 

 「ユーティリティ、思ったより役に立ってくれないな」
 

と思っていたユーティリティが、
単に打ち方、認識が間違っていただけで、
今後は最高の武器になってくれるかもしれません。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

募集を少しずつ再開しています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

追々伸:徳嵩開発の練習ツール…

入荷後スグに売り切れてしまう
「チーム小原」プロデュースの
 

 トバシア-EXアイアン #7
 

紆余曲折がありましたが、
今回、再入荷しました。

まだ手に入れていない方は、ぜひこの機会にどうぞ。

このトバシア-EXアイアンの開発の経緯などについては
案内のページに書いてあります。

詳細はコチラをクリック!

今だけの特別プレゼントも付いています。
数に限りがありますので、お早めに

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, フィッティング, メルマガ, ユーティリティ, ユーティリティー, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

え、UTってカンタンじゃないの?(違います)」への2件のフィードバック

  1. みすたーおくれ

    いつもクラブについてのお話はためになります!
    是非フィッティングをお願いしたいのですが、当方愛知県在住にて、なんとか愛知県でも開催していただけるようご考慮いただきたいです・・!

    返信
  2. たか

    興味深い内容ありがとうございます。アイアン型UTから(トウ側が高くない)ウッド型UTに変えた結果、相乗効果でFWがうまく打てるようになりました。UTも本当に気を付けて選ばないと前後のクラブに悪影響を及ぼすことが良く分かりました。(以前アイアン型UTを使っていなかった頃はFWが得意だったのが、いつのまにか下手になっていたのも、これが要因の一つかもしれません。)

    返信

たか にコメントする コメントをキャンセル

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。