無駄な動きゼロ…シンプルスウィングの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「無駄な動きゼロ…シンプルスウィングの法則」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日はそのままタイトルの通り、
 

 「無駄な動きが消えて、
  シンプルなスウィングを身に付ける方法」

 

です。では、それを身につけるためには、
何が必要かというと。。。

「ステップ打ち」の進化系を

前回のメールマガジンでは、足を使うことで
手の力が抜けて自然なタメを生むための
「ステップ打ち」をご紹介しましたが、
 

足を使うとは、こういうことだ!

https://g-live.info/click/210302_nikkan/

 

ステップ打ちに慣れてきたら、
次の進化系にも挑戦です。それは。。。
 

 連続打ち
 

実は、スウィングが良くなければ、
連続で打つことは出来ません。

つまり、この連続打ちができるようになるということは、
 

 ・無駄な動きが消えて

 ・シンプルなスウィングが身についた
 

ということが言えるわけです。

連続打ちドリル

以下、手順です。
 

 1.ボールを15センチ間隔でいくつかティアップして
   一列に並べます

 2.手前から順にステップ打ちの要領で
   左右に足を踏み込みながら連続して打っていきます

 3.スウィングを止めることなく、次から次へと打っていきます
 

この連続打ちがすぐにできたとしたら、
すでに相当レベルの高いスウィングの持ち主と言えます。
 

こういう言い方は申し訳ないのですが、
ほとんどの人はまともに当たらないと思います。

まずはぜひ、チャレンジしてみてください。
 

やり方のポイントとしては
「スウィングを止めることなく、次から次へと」
と、先ほど申し上げたように、
 

 ・右足を踏み込みながらバックスウィング

 ・そして左足を踏み込みながら切り返して打つ

 ・フィニッシュまで行ったら、
  間髪入れずに次のボールに向かって
  また右足を踏み込んでバックスウィング

 

これの繰り返しで、動きを止めずに
連続して打っていただくことが肝心です。

うまく連打できない理由

先ほど「ほとんどの人はまともに当たらないかも」と
申し上げましたが、うまく連打できない場合の原因は
一体なんでしょうか。。。?

 ・
 

 ・
 

 ・
 

どうでしょうか? わかりますか?
 

連打できない、その原因はズバリ

 スウィングの無駄

にあります。

スウィングを止めることなく
連続して何回も振るためには、
無駄な動きが入っていてはできないからです。
 

リズムよく連続で振れるということは、
無駄が省かれていき
クラブの動きがシンプルになるということです。

この連続打ちを繰り返すことで、
ステップ打ちの時のように
 

 ・まず、足の使い方

 ・股関節に乗る感覚
 

を覚えられるのはもちろんのこと
 

 ・スウィングリズムが良くなり

 ・スウィングバランスも磨かれる
 

ようになります。
 

さらにこれによって、
手に力が入っているとリズムが悪くなることにも
自分で気づくことができますし、 

続けて打っても疲れないグリップの形や強さも
体が覚えてくれるのです。
 

このようにいいことづくめで
繰り返し行ううちにどんどんスウィングが良くなる
「連続打ち」は、非常にお薦めのドリルです。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

もしあなたが、

 ・練習しているのにスコアが伸びない
 ・できるだけ短時間で楽にスコアを伸ばしたい
 ・家にいながら楽しくゴルフを練習したい

というのであれば…小原プロが開発中の
「最新ゴルフ戦略プログラム」が無料でもらえる
この【先着79名様限定】のご案内…

まもなく限定数に達しそうですので、
必ずチェックしておいてくださいね。

コチラをクリック

本数限定。なくなり次第終了です
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: シングル, シンプルスイング, メルマガ, 力み, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。