ダウンスウィングで沈み込む感覚を知るには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.23
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ダウンスウィングで沈み込む感覚を知るには」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ズバリ、このダウンでの沈み込みの感覚がない方は
重力のエネルギーを使っていないので
非常に「もったいないスウィング」になっています。
 

では一体どうすれば、この感覚が身につくのか?

沈み込む感覚で一番大切なもの

前回のメールマガジンでは、タイガーウッズのスウィングが
トップからダウンにかけて沈み込んでいる、
という話をお伝えしましたが、

タイガー流・ボールにパワーを100%伝える方法

https://g-live.info/click/210316_nikkan/

 

今回の話は、それの続編的な内容になります。
(とはいえ、前回の話は読んでいなくても大丈夫です)
 

ダウンスウィングで沈み込む感覚を身につけるために
一番大切なのは。。。
 

 立ち方
 

つまり具体的には、
 

 ・少し足を開き

 ・左右の腰を長い棒が貫通しているイメージで

 ・真っ直ぐ立つ
 

というものです。
 

その(左右の腰を貫通しているイメージの)棒がクルっと
前方に回転させられれば、お尻がキュっと上がります。

そのお尻がキュっと上がった感じで
構えるのがポイントになります。

この前傾した状態で、
たとえば後ろから誰かに飛び乗られたとしても
姿勢が崩れないように、しっかり立って下さい。

股関節に乗せる感覚をつかむには?

次に股関節が入る感覚について、
股関節に上体を乗せる感覚をつかむために
オススメの方法があるんですが。。。
 

それは一体、なんだと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(きっとあなたも一度はやったことがあるはずです)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

オススメの方法、それは
 

 スクワット
 

です。

背筋を伸ばして、膝が前に出ないように
スクワットしてみましょう。

スクワットをすると、股関節を入れるという感覚が
きっと自然にわかるでしょう。
 

背筋を丸めたり、膝が前に出ると股関節は入りませんし、
ひざを痛める可能性もあります。

その点は、どうぞ注意してください。

ゆっくり1回30秒スウィングも有効

良い構えと股関節を入れる感覚がわかったら。。。
 

次は1回につき30秒かけての
ゆっくりスウィングしてみましょう。

この際にも、バックスウィングでは右股関節を入れて、
ダウンからフォローでは左股関節を入れる動きを意識します。

こうすることで、ダウンスウィングで一瞬、
体が沈む感覚がつかめることでしょう。
 

そのあとは、同じことを意識しながら
短いアイアンで練習することで
自然に沈み込み動作が身につくと思います。
 

繰り返しになりますが、ダウンの沈み込み動作の無い人は
重力のエネルギーを使っていない、
もったいないスウィングです。

ぜひ、この沈み込みの感覚を身につけてください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

寒さが和らぎ始め、徐々に暖かくなってきたことで
「ゴルフシーズン到来」だと
久々にラウンドの予定を考え始めていませんか?

もし、久々の仲間とのラウンドで
飛距離をアップして皆を驚かせたい
と思っているなら…

「スイングにしっかりと変化が現れる。
 練習にもウォーミングアップにも使えて、
 ここ最近で一番良い買い物でした!」

と話題のコレが、あなたのお役に立つでしょう。

詳細はコチラをクリック

大人気の練習ツール… 本数限定のためお早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ダウンスイング, メルマガ, 下半身, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。