足を使うとは、こういうことだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.02
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「足を使うとは、こういうことだ!」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日のタイトルにもした
「足を使うとはこういうことだ!」
というのを実感できれば。。。

手の力が抜け、自然なタメが生まれることも
わかってくるでしょう。では、その方法とは?

足を使う感覚は「ステップ打ち」で

折に触れて私は、
 

 ステップしながら素振り
 

という練習法をご紹介しています。

ですので今日は、ステップ打ちについて
詳しく説明していきたいと思います。
 

<ステップ打ち>

1.まず、ボールから少し離れた場所からスタートします

2.まず右足を一歩踏み込みながらバックスウィングを上げます

3.左足を踏み込みながら、ダウンスウィングを開始し
  ボールを打ちます

 

左右にステップを踏んで打つことで、
足を使ってスウィングする感覚がわかってきます。
 

そして、このステップ打ちのポイントとして
もう一つ大事なことがあるのですが。。。
 

あなたはわかりますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(以前にもどこかでお伝えしたかもしれません)
 

 ・
 

 ・
 

 ・

スウィングの始動は足から

ステップ打ちの最大のポイントは、
スウィングの始動が手からではなく、足からであることです。

アマチュアの方の場合、どうしても手からスタートするので、
いわゆる「手打ち」になってしまいます。
 

 ・手でクラブをヒョイッと持ち上げて

   ↓

 ・そのことでプレーンから外れてしまい

   ↓

 ・そこから手で下ろすために

   ↓

 ・タメが生まれずにアーリーリリースとなって

   ↓

 ・結果、飛距離を損してしまう
 

このような流れが生まれてしまいます。
 

そのへんの流れを断ち切るためにステップ打ちによって
 

 ・足からテークバックを始める感覚

 ・そして切り返しで左股関節にしっかり乗る感覚
  

が身に付くことと同時に
 

 ・手が脱力する感覚
 

が自然と体に身に付いていくようになります。

体の動きがどう変わるか?

自分で動かすことなく
自然に手が動くようになれば、
 

 ・軌道が安定するだけでなく

 ・重力で腕が落ちてタメが生まれる
 

ようになります。
 

何度もこの場でお伝えしているかもしれませんが
そもそもスウィングとは、
 

 ・上半身は自然に動いて

 ・下半身は積極的に動かすもの
 

なのです。

ステップ打ちで左右の股関節に乗る感覚を覚えたら、
本番でもステップを踏むようなイメージで
 

 ・「最初の一歩」の右足から踏み出し

 ・切り返しでも左足のステップ感覚を強く持つこと
 

これをお試し下さい。
 

もしかしたらあなたは
「ひざを動かさない」といった教えを
目にしたことがあるかもしれません。

ですが、そんなのはナンセンスです。
足というのは、動きすぎるくらいでいいのです。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

この飛ばしの秘密は、

 「もっと正確に、もっと遠くに飛ばしたい」と
 常にドライバーの進化を求め、暇さえあれば
 ゴルフのことばかり考えてしまう…

そんなあなたのためのものです。

江連プロは本当の上達法を提供していない
この日本のゴルフ業界に
真っ向から挑戦するという意味を込めて…

この度、100%公開する決意をしました。

コチラをクリック

本数限定。特典あり
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, メルマガ, 下半身, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

足を使うとは、こういうことだ!」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

      おはようございます。本日はステップ打ち。少しずつ身につけます。
     有料道路を利用してますと、あるゴルフ練習場に近づくと、先生の道場のご案内が目にはいります。
     「到着まであと15分だ。」と目標になっております。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。