アイアンが自信がなくてまるで当たらない…

2017.12.02
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「アイアンが自信がなくてまるで当たらない…」

についてお話しようと思います。

当たり前ですが、アイアンがきちんと当たらなければ
スコアメイクも難しくなりますよね。。。

おそらくあなたも、
同じお悩みをお持ちではないでしょうか!?

早速ですが、こんなお悩みをいただきました。

お悩みいただきました!

> アイアンが自信がなくてまるで当たりません。
> トップというか、ボールの頭を叩いてしまいます。
>
> ショートアイアンは当たってもフックすることがほとんどで、
> ナイスオンすることがまずないです。
> どちらかというと、
> 自分はボールに体が突っ込んでしまうように思います。
>
> ダウンでお尻が前に行って、
> 手元が浮いてしまう傾向もあるとおもいます。
> シャンクも多いです。

 

なあるほどお。。。

こればっかりは、実際のスイングを見てみないと
なんとも言えないところはあるんですが、
 

 「前傾が浅くて、起きてしまっている」
 

という可能性が高いです!
 

でも実は、スイングを見なくても
前傾が浅いかどうかを確認できる、
とってもいい方法があるんですが。。。
 
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 

2017-1202_1
 
 

すみません、モンゴふざけすぎました!
(うーん、それにしても桂小金治さん懐かしい。。。)
 

さて、気を取り直して。。。
前傾が浅い人に多い特徴は

ミドルアイアンより上が得意(な人が多い)

もちろんこれはあくまで傾向なので何とも言えませんが。。。

もしミドルアイアンよりも長い番手のクラブが得意なら、
普段から前傾が浅くなっている可能性が高いです!
 

もちろん、基本的なスイングはドライバーだろうが
サンドウェッジだろうが変わらないというのが基本です。

ですが、長さが変わる分、
ボールと身体の距離、位置を変えていくことになります。

そうすると、長いクラブが得意な方は、
ボールから離れ気味になって、
起き上がった感じに構えるのに適性があるからですね。
 

ちなみに、適切な距離にするための一工夫として、
ぜひやっていただきたいことがあります。

それは。。。

軽く地面をたたくように素振り!

これはアプローチでモンゴたちがオススメしている
「芝すり」と似ていますね。
 

 芝すり:
 ヘッドを地面で滑らせて、
 ボールの近くで芝をシュッシュッと鳴らす素振りのこと。

 

ゴルフ場に行った時でいいので、
芝の上を、軽く叩くような練習をしてみてください。

もし、そこで叩けなかったとしたら。。。
前傾が起き上がっている可能性が大です!

この方の場合はショートアイアンが苦手とのことですが、
特に不安のあるクラブでは
絶対にやっていただいたほうがいいですね。。。

不得意なクラブだけやるでもいいですけど、
これをショットのルーティンとして取り入れるのも◎です〜!(*^▽^*)
 

そうすることで、アイアンの当たる確率は
間違いなくよくなっていくはずですので。。。

ぜひ、お試しください!(^-^)
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

現役ツアープロの極意を詰め込んだ
「梶川武志のアプローチを極める」…

本数限定で緊急入荷しました。

しかも今なら割引&返金保証付きですので
このプログラムを手に入れるのに
あなたにリスクは一切ありません。

http://g-live.info/click/kjap_1711/

※本数限定です。お急ぎ下さい

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アイアン, ダウンスイング, トップ, フック, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

アイアンが自信がなくてまるで当たらない…」への1件のフィードバック

  1. rgk

    おはようございます。
    コースに出てドライバーが当たる時ほど2打目3打目のアイアンで空振りしたりトップしたりが必ずあります。アイアンを打つ前の芝をする素振りをしっかりやってみたいと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。