100ヤード以内のチャンスでダフる…(泣)

2016.12.17
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「100ヤード以内のチャンスでダフる…(泣)」

についてお話しようと思います。

たとえばティーショットが上手く打てて
ピンまで残りが100ヤード。。。

さぁー、これはパーオンのチャンスか!?

と思ったら、アイアンでダフって失敗。。。(泣)
あなたはそんなこと、ありませんか?

こんな悔しい失敗をしないための方法を
今日はお伝えしたいと思います!

こんな質問が届いています


> 自分のスイングをビデオで撮ると頭が上下にブレており、
> 100ヤード以内のチャンスの時にでダフル事が多い。

なあるほどお。。。

100ヤード以内でダフるということはおそらく
いわゆる「上下動」があるんだと思います。

上下動が出ていると、ダフリだけではなく
トップボールも出るので、やっぱり避けたい!

さあ、どうしたらいいんでしょうね。。。?
 

これはよくモンゴがレッスンでも言っていることですが、
当てようというほうに意識を持っていくと
ボールに近づいていこうとしてしまいます。

「当てたい、当てたい「ここで一発なんとか」
という気持ちが、近づかせてしまうんですね。

その気持ち、とっても分かります。

この場合、最初に大切なのは、
自分が「ボールに近づいている」という認識を
することが第一です!

これにはいろいろな方法がありますけど、
一番効果があるのが

自分のスイングを撮影する!

やっぱり、これになっちゃいます。

いや、さっきモンゴは「いろいろな方法がある」って
言いましたが、違いますね。。。

自分のスイングの修正点に気づくには、
撮影をするのが一番最高の方法です!(キッパリ)

今はスマホのアプリとかで、線を引けるものもあるので、
それを使って頭頂部から背中のラインを引くとわかりやすいですね。

あ、でも別に難しいケータイのアプリとかがなくても
透明な定規とかを画面に当てるだけでもOKです!^^

で、上下動の動きがあるのがわかったら、
ここからが重要です。

動いているのは意外と分かるんですが、
これから話す次のステップ(2つあります)がないと、
修正はできません。。。

 「モンゴ、もったいぶらずに早く教えろ!」

という声が聞こえてきそうですね。。。(;´Д`A

「ステップ1」は「スイングを撮影する」で、
では次の「ステップ2」です。

 「その上下動が出ているのが、スイング中のどこなのか?」

これを必ずチェックするようにしてください。
(実はこれが重要!)

 ・トップに来た時に、もう下がっているのか?

 ・ダウンスイングのところで下がっているのか?

 ・インパクトで下がっているのか?

ビデオはスローで見れれば理想ですが、
一時停止の機能を使って何度も見れば確認できるはずです。

ちなみに肩から肩のスイングであれば、
スイング中は頭の位置が変わらず、フィニッシュしたときにも
頭の位置がなるべく変わっていないければ理想ですね!

どこで動いているのかがわかったら…

で、次の「ステップ3」ですが、
これも超大事。。。

スイングのどこで動いているのかがわかったら、

 「思い切って逆をやってみてください!」

たとえばダウンスイングで頭が沈んでいるのなら、
その時に逆に、頭を上に動かそうとしてみてください。

これもモンゴがよくレッスンで言っていることですが、
問題のある動きを直したかったら、
思い切って逆をやってみるという、アレですね。

ダウンスイングで頭が落ちるなら、上げてみる。
右に頭が行っているのなら、左に動かしてみる。

もちろん、不自然に感じる動きになります。

ですがその違和感を楽しむつもりでやってください。
「こんなにやっていいの?」ぐらい、思い切ってやってOKです。

この違和感を体感しておくと、不思議なことに
スイングが理想の形に収まりやすくなるんです!

もちろん、この逆をやることの怖さもあると思います。
違和感があるし、当たらないし。
「変なスイングが身についたらどうしよう」とか。

それらがいやだから、みなさんやらないんですが。。。
でも、そんなことは気にしないで下さい。

だからこそ、大げさにやって、それを楽しんじゃってください!
「悪いスイングが身につく」なんていう心配も、一切ありません。

そもそも練習なんですから、
何をやったっていいって思いませんか?

これも何度も言っていますが「違和感は変化」です。
そして「変化は冒険、宝探し」です!

 ※ハイ、ワンピース読み過ぎです。。。(;´Д`A

ともあれ、違和感を感じているときというのは、
人間は何でもいい方向に変化している「サイン」です。

その先に、かけがえのない宝物が待っています!

でもこれって別に、ゴルフに限らないかもしれませんね。
仕事でも、人生でも。。。

そういう変化という困難をうまくやり過ごして
ゴルフの楽しみを味わって欲しいなと思いながら、
いつもモンゴはみなさんのサポートをしています!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

追伸

あ、そういえば今日はコンペですね。
ご来場の方、お待ちしております!(∩´∀`)∩ワーイ
 
 


<本日のオススメ>

このドライバーは、飛ばしの世界一を決める
「世界ドラコン選手権 in USA」で優勝者21名のうち
13名が、このドライバーを使っていました。

テーラーメイド、キャロウェイ、タイトリスト…
並みいる超大手メーカーを差し置いて
小さなメーカーが作るこのドライバーが選ばれた秘密とは…?

それにはこんな理由があったのです。

http://g-live.info/click/krk161213/

※10本限りの販売です。すでに残数わずか

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アイアン, ダフリ, トップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

100ヤード以内のチャンスでダフる…(泣)」への2件のフィードバック

  1. Maotai

    昨日この説明と同類のミスを2回しました。50ヤード手前、20ヤード手前でダフリとトップです、確かに原因は録画しなければわかりませんがこの影響でスコアは5打ほどロスしています。気持は寄せワンなのに、インパクト時点でのヒットミスであることは自覚できています。精神面含めてこの逆発想の練習を試してみます。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      Maotaiさん、ありがとうございます(^-^)
      インパクトでのミスをしっかり把握されているのは素晴らしいですね!
      精神面を含めて、アドレスもチェックしていただけるとさらにナイスショットができますので、練習していただけると嬉しいです!5打縮まるともっとゴルフが楽しくなりますので、楽しみながら練習されてください^_^これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。