フェース面、意識しすぎていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.24
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
東京の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。
今日はあなたに

「スライス改善!
フェースコントロール術」

というテーマでお話をしたいと思います。
 

多くのゴルファーがお悩みのスライス…

スライスが原因でOBを連発してしまったり、
林の中に打ち込んでしまって大たたき…

そんな経験をあなたもされたことがありませんか?

スライスを引き起こす原因は、

「ボールを打つ瞬間(インパクト)にフェースが
開いて(右を向いて)当たっているから」

なのですが、こういったフェースの動きをする方には、
テークバック、バックスイングの際にある特徴があります。

これを直すだけで、
あなたのスライスも劇的に改善するかもしれません。

それに気づかず、ダウンスイングで無理に
フェースを閉じようと考える方も多いです。

あなたもそんな状態に陥ってほしくないので、
是非動画を御覧ください。

今回ご紹介した方法の2つ目の
フエースコントロールですが、

フックが出てしまう方にも、
応用頂くことができます。

バックスイングで、クラブを腰の高さまで上げた際の
フェース位置をコントロール
することで

インパクトも変わってきますので、
スライスやフックが気になる方は

今日お伝えした方法で
フェースローテーションを確認してみて下さい。

ガッツパー水柿
 

<本日のおすすめ>

好スコアでラウンドできていたはずが、
バンカーからのリカバリーが上手くいかず大たたき…

あなたもそんな体験をしたことはありませんか?

・その日の砂のコンディション
・フェースの開閉
・どの程度打ち込むか

そんなバンカーショットが上手く行かない原因を
解決してくれるウェッジが欲しいのなら、

是非このページをチェックしてみて下さい。

詳しくこちら »

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, スライス, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

フェース面、意識しすぎていませんか?」への4件のフィードバック

  1. M6

    メルマガありがとうございます。私はドロー系だったのに、急にスライスが多発的するようになるました。
    多分スイング改造でタメで飛ばすスイングにしたためです。
    今、映像と同じことを意識して、捕まるボールに戻しています。テイクバックでリーディングエッジが11時の方向を向けるようにしてます。自分のしていることが間違いないことを確認出来たので良かったです。
    これからも為になるメルマガを期待してます‼

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      M6様
      コメントありがとうございます!
      M6様の取り組んでいる事への確信に繋がった事を嬉しく思います(^ ^)
      これからも楽しいゴルフライフをお送りください!

      返信
  2. man3093

    バックスイングで、フェースが、開かないよう、左手掌屈、右手背屈で、上げています。左足一軸にしてるのですが、朝はドローかフック、後半は、フェードかスライスに何故かなります。対処方法ありませんか?

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      man3093様
      コメントありがとうございます!
      現場で見ないと中々コメントしづらいところでもありますね^^;

      普段の持ち玉がフェード系であれば、前半身体が温まるまでに身体の動きよりも腕の法が多く動き、
      クラブフェースのターンする動きに影響が出ているとは考えられますが、、、

      対処法というわけではないですが、ラウンド中に無理に直そうとするよりも
      前後半で出る球筋で勝負するのが良いかと思います。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。