バーディーパットを決めるための心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.07.21
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

バーディーパットを決めるために
大切な心構えの1つに

「強気にチャレンジ出来るかどうか」

というものがあります。

この “強気にチャレンジ” というのは、
しっかりカップまで届く距離感でボールを
打ち出すことができるかどうかということ。

つまり、ショートしてしまったら
カップインの可能性はゼロ。

手前に止まってしまったボールは
もうどうにもできません。

一方、強めに打てれば、
ショートして手前に止まってしまったときに比べ
カップインする確率が大幅に上がります。

真上を通っていなくても、
縁をかすめるくらいであればラインがズレても
カップインすることだって十分ありえます。

だからこそ、

パッティングをする際には
30cmから50cmほどオーバーさせるイメージで
打ち出すことがとても大事になってきます。

僕ももちろん、
強気なパッティングを常に心がけているのですが、
ちょうどそんな場面を撮影することができたので
どうぞこちらからご覧になってください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



とはいえ、

オーバーさせる意識で強めに打つというのは
バーディーパットに限らす全てのパッティングで
意識すべきポイントです。

ですがバーディーパットとなると、
普通のパッティングに比べてプレッシャーもかかり、
周りからの期待もありして弱気になりがちです。

だからこそ、
バーディーパットを決めるための
大事な心構えの1つとして

「強気にチャレンジ出来るかどうか」

これをあなたも意識してみてください。

万が一、入らなかったとしても
オーバーだったら良しとしましょう。

「しっかりチャレンジしたけどダメだった!」
「しょうがない、ベストを尽くした!」

こう前向きにとらえて、
気持ちよく次のホールに挑みましょう。
きっといい結果がついてくるはずです。

近藤



<本日のオススメ>

ゴルフライブが生み出した
人気ブランド「ARK -アーク-」から
あなたの視界をサポートする
スマートルーペが公開されました!

メガネの町として知られる
福井県鯖江市のメーカーと協力し
高品質な日本製ルーペが誕生

携帯やパソコン、読書はもちろん、
スコアカード記入やコースマップチェックなど
ありとあらゆる場面で大活躍。

一度ためしたら、
その便利さからもう二度と
手放せなくなるでしょう…

新商品キャンペーンとして
特別価格で公開中ですので、
今すぐコチラをご確認ください。

https://g-live.info/click/loupe2107/


The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。