えっ、クラブは「顔」で選んじゃダメなの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.07.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「えっ、クラブは『顔』で選んじゃダメなの!?」
 

という話をさせていただきます。
 

さて、今回はお客様から
 

> 顔で選んで、打って慣れるクラブとの付き合いばかりでした。
> 今一度、勉強し直してみたいです。

 

という質問をいただいたんですが、
クラブを顔で選ぶのが、良いのか悪いのかと言ったら。。。

クラブの「顔」も、選ぶ要素の一つ

自分が思うに、基本的にはクラブを顔で選ぶというのも
要素の一つとしては、あると思います。
 

というか実際、クラブを構えた時というのは
 

 「お、このヘッド。。。
  なんか、当てられそうな感じだな」

 

と感じたり、あるいは
 

 「え、このヘッド。。。
  なんかどうやって構えていいんだか、わからない」

 

といった具合に、打つゴルファーが感じながら
アドレスに入ることが少なくないからです。
 

実際、自分がフィッティングの時に
お客様にクラブを順次お渡ししていった時に
 

 ・すんなり構えて、何も違和感なく打つ(打てる)クラブ

 ・なぜか、打つまで妙にモジモジしてしまっている(ように見える)クラブ
 

という二つの種類のクラブというものが
やはり存在しているのです。
 

それらはおそらく「顔」によって起こっているようで。。。

そのように考えると、顔で選ぶというのも
結構やはり、重要な要素だと考えます。

一つだけ注意していただきたいこと

しかしながら、ここで一つだけ
勘違いしないでほしいことがあります。それは、
 

 自分が「好きか」「嫌いか」と
 「顔で選ぶ」いうのとでは
 ちょっと違う次元の話である

 

ということです。
 

このへんは説明の難しいところなのですが、
 

 「え、これ、ちょっと嫌い。。。」
 

と、初めにお客様がおっしゃったクラブでも、
実際に打っていただくと
 

 「あれ、意外とコッチのほうが打ちやすいかも」
 

ということは、フィッティングをしていると
よくあることだったりします。
 

決して「好き嫌い」ではなく、
自分の打ちやすいなというイメージが持てるものというのは、
何度も打って慣れたりすることなく。。。

結構すぐに、当てることができるものです。

そのあたりの違いをおさえていただいた上で、
「顔で選ぶ」ということはしていただいて
よいかなと思っています。
 

ちなみにこのへんの違いについては、
フィッティングに来たお客様には実例を出しながら、
ちゃんと理由をお伝えしながら、説明させていただいています。

当然、嫌いなのが本当にダメということもある

ですがフィッティングにおいて、お客様が
 

 「これ、ちょっとなあ。。。」
 

とおっしゃるクラブが、実際に打ってみて
本当にダメな場合も、もちろんあります。

フェースの形、その形状などによって
当てやすい、当てづらいというのは、
人によって結構、違いがあるものです。

たとえば、フェアウェイウッドの場合であれば
フェースの高さが薄いか厚いかによって、
プレイヤーからの見た目が、だいぶ異なります。

その見た目の違いが、ゴルファーの心理に
少なからず影響を与えることがあるのです。
 

そうした違いというのは、いわゆる弾道測定器などのように
客観的な数字にきっちり現れるところではありません。

ですがそうした要素がゴルファーに
影響を与えていることは事実なわけで。。。

上手く当てやすいクラブというのは、確実に存在します。
 

ですので自分たちのフィッティングでは
そうした点もお客様とコミュニケーションを取りながら、
結果を見ながら最終的な判断をし、ご提案をしていきます。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

先日、この『Z3 SOFTゴルフボール』の
改良版をリリースしたところ、
予想以上の反響をいただいています。

多数のご支援により、当社がゴルフボールを製造し、
お客様にお届けできていること、非常に嬉しく思っています。

今回入荷したさらに品質が向上した
『Z3 SOFTゴルフボール』をぜひお試しいただき
あなたのゴルフにお役立て下さい。

詳細はコチラをクリック

個数限定。残数わずかなのでお早めに
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。