スイング矯正ドリルでミート率と飛距離UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.08.07
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄・サザンリンクスより、、、

おはようございます、
服部コースケです。

「切り返しにヘッドが暴れる」

これは私自身の、
最近のゴルフの課題。

生徒様の悩みやご相談事を
紹介することが多かったのですが、
本日は私自身の悩みです。

ゴルフスイングのトップから
ダウンスイングに入る切り返しで
ヘッドが暴れる傾向があり、

スイングが安定せずに
右や左のミスが連発します。

「スライスばかり」
「フックばかり」

どちらか一方なら
問題が明確で対処も簡単ですが、

右のミスも左もミスも、
ランダムに出てしまうのは
非常に厄介です。

調子が悪い日にはさらに悲惨で、
スイングの乱れ具合も大きくなり
全くスコアがまとまりません。

なので、どうにかして、
切り返しでのヘッドの暴れを無くすよう
スイングを安定させたいところです。

そこで本日は、
私が実践している切り返しでの暴れを抑え
安定したスイングを身につけるための
練習方法を1つご紹介しようと思います。

これはミスを減らすだけではなく、
飛距離アップにも非常に効果的ですので
ぜひあなたも試してみてください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



アドレスは全く変えず、
いつもどおりに構えて、ただトップで、
1~2秒止まるドリルです。

簡単そうに見えますが、
下半身でしっかり地面を踏み込む動作が無いと、
まったく飛距離が出なくなってしまいます。

クラブを手で下ろしてしまう方、
手打ち気味な方というのは、

トップで止まってからのダウンスイングで
どうしても上体が突っ込んでしまいます。

それだけでなく、スイング軌道も
アウトサイドインになってしまいます。

しっかりと下半身リードで、
上体が突っ込まないようにスイングすることで
私の課題であるヘッドの暴れもなくなり、

理想的なスイングで
飛距離も最大化されます。

コースではもちろん、
練習場でも気軽にできるドリルですので、
ぜひ試してみていただければと思います。

トップで止めてから、
普段の9割くらい飛ばせるようになれば、
それはもう完璧な下半身リードのスイングが
できているということになるでしょう。

服部コースケ



<本日のオススメ>

あの大人気ブランドGARMINから
コストパフォーマンスと機能性に優れた
弾道計測器が発表されました!

手のひらサイズで気軽に持ち運べ
高精度な弾道計測だけでなく、

全世界42,000コースを無制限に
ラウンドできるシミュレーター機能付き

コンパクトで高性能にも関わらず、
弾道計測器とは思えない低価格…

今回ご用意できた先行予約分、
先着100個は完売必至です。

在庫限りですので
コチラから今すぐ手に入れてください。

https://g-live.info/click/garmimr10_hs2108/
人気商品なため次回入荷は未定です。


The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

スイング矯正ドリルでミート率と飛距離UP」への1件のフィードバック

  1. いつまでも若く生きる

    私もミート率を安定にする為、一旦止めて始動しています。心強いアドバイスでした。ありがとうございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。