【ビデオ】ボールから遠いと脚を使えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.08.08
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ボールから遠いと脚を使えない」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ズバリ、多くのゴルファーは
ボールから離れて立ちすぎです。
 

セットアップでボールから遠すぎるほど、
脚が使えなくなります。

 「え、それって一体どういうこと?」
 

あなたがもし、そのように思ったのなら、
今日のビデオは必ず見てください。

(続きはビデオにて)

ボールから遠いと脚を使えない

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf210808/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

近いと脚を使えない理由

どうしてかというと、遠いとボールヒットに向かって
脚を動かす余地が少なくなるからです。

ボールヒットに向かって、左足母指球の少し後ろで地面を踏んで
左脚を長くするように蹴って
左のお尻を左後ろポケット方向へ押し込みます。

同時に両腿をキュッと締めれば、
腰は鋭く左にターンします。

それが、ボールに対して適切な距離にあるなら、
左脚は左のお尻を左後ろポケット方向へ
押し込める余地があります。

しかし、ボールから遠いほど、
もうそれ以上左のお尻を左後ろポケット方向へ
押し込める余裕がありません。

離れやすくなる理由

では、なぜセットアップでボールから
離れすぎる傾向になるのでしょうか。

手でクラブを振ろうと思うと、
ボールとの間にスペースが欲しいことが第一の理由です。

ようするに、普段の手打ち傾向がすでにセットアップで
それを助長する準備をしていることになります。

さらに、左手のグリップがウィークだとか、
バックスイングで手であげているとボールヒットでヘッドが開いて
ボールが捕まらないのでハンドダウンにしたくなります。

左手のグリップがウィークだと、
腕が伸ばされると内側へ捻れることから、
セットアップであらかじめ左腕を右へ捻っておかないと
ボールヒットでヘッドは開きます。

また、バックスイングで右腕を自ら出そうとする力で曲げると、
腕は曲げると外側へ捻れるのでヘッドを開く動作となります。

ハンドダウンにしたくなる理由は
ヘッドが開く要因に蓋をするように、
ハンドダウンでヘッドのロフトでフェースは左を向くことになって
ボールは捕まる感じにできるからです。

そして、ハンドダウンすればするほど、
ボールから遠く立つ傾向になります。

どうすれば良いか

そこで、まずは左手のグリップの向きを正しくして、
3つ目のナックルが自分から見えているようにしましょう。

そして、バックスイングでは手ではなく
脚でクラブをスイングしましょう。

しっかり右脚を伸ばして右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込み、
同時に左股関節から先の神経をプッツンと切ったイメージで
左脚を重りに使います。

そうすれば、脚の動きで腰はセットアップでの前傾角度を維持して、
右にしっかりターンしてくれます。

また、腰から首の付け根である体幹を
右に捻ろうとするゴルファーは多いですが、
体幹は一枚の硬い板にしましょう。

腰のターンで首の付け根まで同じように右にターンして、
その先の腕やクラブは大きく動いてくれますから
それに任せれば良いです。

また、セットアップでは適切な手元の高さであるシャフトが
おへその高さの左股関節前を向くようにしておいてから、
ボールに近いところにヘッドをセットします。

そして、そのクラブに対して体を入れるように足踏みをして、
気持ち良く振れそうな足場を探すようにしましょう。

そうすると、普段の遠く離れている慣れから、
なんだか突っ立っているとか、ボールとの間が狭くて
クラブを振りにくい感じがすると思います。

しかし、それはボールヒットに向かって
脚がより大きく動けるための準備です。

ボールに対して適切な距離に入って、
脚を気持ち良く使ってボールを遠くまで
精度良く飛ばしましょう。

体幹は一枚の硬い板にする

体幹全体は筋肉を収縮させて一枚の硬い板にします。

そのためには、お腹も目一杯凹めます。

骨盤から上を、あたかもコンクリートで固めたイメージです。

そうするとダウンスイングでは、
下半身の動きを上半身にダイレクトに伝えることで
肩甲骨を効率良くしならせることができます。

脚だけで腰は大きくターンできる

脚の動きだけでも、セットアップでの前傾角度を維持する中で
しっかり使うことで腰は大きくターンできます。

スタンスの幅が腰の幅程度なら右膝を伸ばし切ると、
腰は45度ぐらい右にターンできます。

さらにドライバーショットぐらい大きく脚を広げるなら、
股関節がたくさん入って脚の伸ばししろが多くなった分だけ
腰はより大きくターンできます。

ターンする量が大きくなればなるほど、
それに連動して腕やクラブは大きく振られます。

この脚の動きに任せて、
腕やヘッドがその動きについてくるイメージなら手ではなく
脚を使った動きになります。

単純なことですが、普段なにげなくバックスイングしていると、
ついつい手でクラブをひょいと動かしてしまっているものです。

しっかり、正しい脚の使い方を意識して、
脚を主体にクラブを動かすことを身につけましょう。

ヘッドから遠いところから動く

ヘッドから遠いところから動けば、
それだけで体はしならせやすくなります。

どんなに硬いものでも、長くして使えばその分だけ
しなりやすいからです。

それなら、ヘッドから一番遠い脚から動けば、
簡単に体をしならせて、そのしなり戻りで
クラブを振ることができます。

大きなパワーと高い精度が
思った以上に要求されるのがゴルフです。

それなら弓と同じように、
じっくりしならせてそれを一気に解放することで、
パワーと精度の高い次元での両立を目指したいものです。

ボールヒットに向かう脚の動き

トップに向かう切り返しでは、
やはり下半身を先行させることで、体全体がしなります。

切り返しでヘッドがまだトップに向かっている最中に、
下半身では両脚で地面を踏もうとすれば良いです。

何も、はいトップ、そしてダウンスイングという切れ間を
つくる必要などどこにもありません。

バックスイングでせっかく勢いを増してきた
ヘッドのエネルギーを利用して、体をしならせるなら
楽にしなりを発生させることができます。

しかも、下半身はバックスイングで右脚を伸ばしてきたことで
背骨の前側の重いお腹や腕は右斜め上にあがってきています。

そのお腹と腕を下に向かって落とそうとすれば、
重力で腰は勝手に左にターンしてきてくれます。

ヘッドはトップに向かい、下半身は左にターンします。

その真逆の動きの間に挟まれた上半身の中でも特に左肩甲骨が、
胸の方向へスライドする形でその周りの筋肉に
しなりのエネルギーが蓄積されてきます。

そして、両脚で地面を踏めた状態なら、
脚で地面にパワーを伝えやすい体勢となります。

そこで、手元が胸から腰の高さぐらいまで落ちてきたあたりから、
左脚で地面を蹴って左のお尻を左後ろポケット方向へ押し込みます。

同時に両腿をキュッと締めます。

そして、意識としては左サイドに
大きなスペースを開けようとしましょう。

ここで、セットアップで体がボールから離れすぎているほど、
このスペースを開ける動きが小さくなって
パワーを清々と出せません。

セットアップではむしろボールとの間が狭いぐらいのほうが、
それだけ脚をたくさん使えることをしっかり認識しましょう。

両腿をキュッと締める理由

ボールヒットに向かって左脚で地面を蹴るときに
両腿をキュッと締める理由は、骨格の構造からです。

太ももの骨である大腿骨は
骨盤に下から真っ直ぐに付いているわけではなく、
Lの字になって横から付いています。

そのため、腿を内側へ締める動きを行うことで
脚の外倒れを防止して、股関節を伸ばす動きを行う大きな筋肉である
大殿筋を使い切ることができます。

さらには、大臀筋と内転筋群という
下半身の中でも大きな筋肉を総動員して、
地面を蹴る力を発揮できます。

下半身には全身の7〜8割の筋肉がありますから、
ボールを遠くまで飛ばしたいなら
下半身を主体に使ったほうが絶対にお得です。

その下半身を使い切るためには、
両腿の締めとかお尻の筋肉を意識して使うことが
要となります。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

お客様の中から寄せられる
お悩みとしてもっとも多い

 「以前より飛ばなくなった…」

を解決…

江連忠プロが出演、監修する
大人気教材のコレを
期間限定でご紹介しています。

詳細はコチラをクリック!

期間限定の特典付き
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ビデオ, 下半身, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】ボールから遠いと脚を使えない」への4件のフィードバック

  1. フリードリヒ

    毎々、ご指導ありがとうございます。
    なかなか、頭で理解したつもりでも、スイングに反映することができなくて、残念です。
    従来のスイングとかけ離れていて、身につかないです。
    これからもよろしくお願いします。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「従来のスイングとかけ離れていて、身につかないです。」

      一回のスイングを20秒ぐらいかけて行う「ゆっくりシャドースイング」とかで実際に体を動かしながら文章の内容を再現してみると理解しやすいかと思いますので、やってみましょう。

      返信
  2. ヨッシー

    一つ疑問点があります。
    グリップがウィークで腕を伸ばすと捻れてしまうとあります。セットアップ→バックスイング→ダウンスイング→インパクトまで左腕は一度も曲げないと思いますが、ならばウィークグリップの人はアドレス時に左腕を捻った状態でグリップすればブレないと思ったのですが?

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「ウィークグリップの人はアドレス時に左腕を捻った状態でグリップすればブレないと思ったのですが?」

      腕は伸ばされると骨格と筋肉の構造で内側へ捻れます。そして、ボールヒット前後ではできるだけコントロールするべきことは少ないほどスイングは簡単です。

      これらのことから、セットアップでは左腕がクラブの遠心力で引っ張られた状態にして左前腕を右に捻った形にしておくようにすることで、セットアップとういう誰でも知っていればできる状況で対処することで、スイングではクラブを振ることに多くのエネルギーを使うことができます。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。