アプローチ、慢性的な手打ち解消ドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.10.12
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「アプローチ、慢性的な手打ち解消ドリル」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

アプローチショットで一度調子を落としてしまうと、
そこから全然元通りに戻らない。。。
 

そんなふうに悩んでいらっしゃる方は、
今回の話はぜひ聞いていただきたいです。

手打ちが原因。対策は…?

そのような悩みを抱えている方というのは
いわゆる手打ち、しかも症状として相当ひどい状態に
なっている可能性が高いです。
 

そのような慢性的な手打ちになっている方は
何が起こっているかというと。。。
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(これも以前に何度かお伝えしたと思うのですが)
 

 ・
 

 ・
 

 ・

足が動いていないことが原因

アプローチショットが慢性的に手打ちの方というのは
ズバリ、足が動いていないのが原因と考えられます。
 

そうした慢性的な手打ちから抜け出せない方だけではなく
 

 ・一時的に調子を落として、動きが硬くなっていて

 ・リズム感が取り戻せない
 

そうした方にもぴったりの練習方法というのを
今回はご紹介したいと思います。
 

まず、目指すべきゴールとも言うべき打ち方は
 

 歩くように、足を使って打つ
 

というイメージです。

これに気をつけることによって、手打ちを直すだけでなく
リズム感も良くなってくるはずです。

「歩くように打つ」ドリルのやり方

ドリルのやり方の順番としては、こうです。
 

 ・まず、サンドウェッジを右手一本で持つようにして、
  目標に正対して立ちながら、フェースを目標方向に向けます。

  ※ポイント
   ヘッドはボールから離れずに、ボール付近にソールされた状態です。
   この時、右ひじは軽く右わきに近づけておきます。
 

 ・ボールの横に置いたヘッドはそのままで
  その状態から小刻みに足踏みしながら、球を中心にして左に回り込みます。

  ※身体を目標に正対した状態から、
   ボールに向かって正対するアドレスの状態に持っていきます。
   左手はまだ何も持たないままです。
 

 ・「ここなら目標を狙っていける」という位置を見つけたら
  そこで足踏みを止めて、両手でグリップします。
 

 ・そこから、左足を小さく踏み出しながらバックスウィングをして。。。
 

 ・その踏み出した左足を地面に踏み込むタイミングで、
  そのままボールを打っていきます。

 

この「歩くように打つ」踏み出しながらバックスウィングというのは
一見すると簡単そうに聞こえるかもしれませんが。。。
 

実はとても丁寧な動きが求められます。
 

「アプローチは足で打て」を実践するためにも
一度、やってみることをオススメします。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

どんなに不可能かと思われるパットも、
不思議と自信を持って沈めていける…

たとえドライバーでミスしても、
このパターが良い仕事をしてパーセーブ、
上手くいけばバーディーも狙える…

ゴルフそのものは何一つ変えることなく、
笑っちゃうくらい簡単にスコアを縮めて
あなたのゴルフライフをガラッと変える…

そんな、いつでも、どこでも、何度でも、
信用して使えるこの夢のようなパターには
驚くべきテクノロジーが詰まっています。

詳細はコチラをクリック

本数限定。なくなり次第終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, メルマガ, 下半身, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

アプローチ、慢性的な手打ち解消ドリル」への1件のフィードバック

  1. 横山賢一

    実際にその場に遭遇すると忘れしまうことが多く、ついつい我流で打ってします。
    やはり練習をこなして身につけないと思っていますけど、、、、。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。