ベストスコア更新の鍵!ボールの曲がりをコントロール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.10.11
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

秋晴れのゴルフ場。
快適な気温の中で待ちに待ったラウンド。

2021年のベストシーズンで
意気込んでプレーに臨んだものの。

一発目のドライバーショットで、

大きくスライスしてOB に入ってしまう…
林に入ってしまう…

そんな経験やお悩みはありませんか?

本日はボールの方向性。

大きな曲がりが出てしまう根本的な原因について、
お話しさせていただきたいと思います。

ボールの曲がりに悩んでいる方へ
アドバイスをさせていただきたいと思いますので、
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

ボールの曲がりの原因



まず、この大きな曲がりが出てしまう
根本的な原因というのは基本的に一つしかありません。

この原因というのは、
インパクトの瞬間のことフェースの向きに対して
インサイドアウト、もしくはアウトサイドインに
なってしまうことが根本的な原因となります。

スイング中のフェースの向き、
そしてスイングの軌道の両方の関係性が
大きく崩れることによってボールが曲がってしまいます。

なので、これらを改善していくためには

スイング中のクラブのスイング軌道、
そしてスイング中のこフェースの向きを改善する
ことが必要になっていきます。

このスイング中のスイング軌道、
もしくはフェースの向きの改善には、
直す際の正しい順番があります。

これを間違えてしまいますと、
スムーズに正しいスイングへと直すことが
難しくなってしまいますので、

この正しい順番というのを
ぜひ意識していただきたいと思います。

正しい順番



ますこの正しいスイングの直す順番というのは…

まずフェースの向きの改善、
そしてそれからスイング軌道を改善する。

この順番を意識していただきたいと思います。

スイング中のフェースの向きが
開いてしまったり閉じてしまったりするのを
まず改善していただいてから、
スイングの軌道を改善していく。

この順番が非常に重要になります・

というのも…

スイングの軌道を先に直してしまいますと、

例えばアウトサイドインで振っている方が
インサイドアウトで振っていこうと思っても、

まだフェースの向きを改善していないので
インサイドアウトで振ってしまうと、
大きく右にいくようなミスが出てきてしまうんですね。

繰り返しのミスで逆戻り



このミスを繰り返し打ってしまいますと、
インサイドアウトで打つと右に行くということが
自然とインプットされてしまって

真っ直ぐ飛ばそうとして、
またアウトサイドインの軌道へと
戻ってしまったりしてしまいます。

ですので、正しい直し方をしても
いい結果が得られずにまたスイングが逆戻りしてしまう。

こういったことが起きてしまういますので、

まずはフェースの向きを改善することによって
ボールの打ち出し方向が改善されて、

その後にスイング軌道を改善することによって
良い結果が出るようになっていきますので、

ボールの曲がりでお悩みの方は
まずフェースの向きの改善をしていただいてから、
スイングの軌道の改善に着手していただく。

この順番を意識して
スイングの改善に取り組んでみてくださいね。



<本日のおすすめ>

・パターで揺るぎない自信をつけたい

・次のラウンドで早速6打縮めたい

・ゴルフ仲間を簡単に負かせて称賛の声を浴びたい

たった1本、パターを変えるだけで…

あなたは悩みを払拭し、
飛躍的なスコアアップを実現させ

今以上にゴルフを楽しむことができるようになります。

この伝説級の
大ベストセラーのパターを使うだけで、

今まで抱えていたパターに関する
様々な悩みを全て取り除き、

あなたのゴルフを
確実に一歩先のステージに導く。

今後、グリーン上でのあなたの活躍は
誰にも止めることはできないでしょう。

限定50本のみ緊急入荷となった
この伝説のパターの正体。

ぜひページが閉じられてしまう前に、
確かめてみてくださいね。

https://g-live.info/click/btp_2110/

※完売次第、ご案内は終了となります。

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。