右手の動きを制限して、ショットの精度UP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.11.22
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

段々と12月に近づき、
寒さが本格的になってきましたね。

今年は例年よりも
温かいような気がしますが、

あと10日もせずに12月となるので、
寒さ対策や冬芝対策が必要になってきますね。

春から秋にかけて、
快適な気温の中でスコアが伸びてきていたのに、

どうしても冬が近づいてくると、
スコアが悪くなってしまうということはありませんか?

気温が低いと寒さからボールが硬くなって反発力が弱まってしまったり、
シャフトが硬くしならなくもなってしまいますよね。

身体的にも寒さで体のしなやかさが失われ、
無意識に捻転が制限さてしまいますので、

これまでの季節のように、
思うようにボールを飛ばせなくなってしまうことがあります。

しかし、

寒さ対策だけではなく、
冬のゴルフでは冬芝への対策も怠れません。

国内のゴルフ場で使われている
芝は冬の寒さに弱く、

夏から秋にかけて育った芝も、
だんだんとボリュームがなくなり、枯れて薄くなり、

非常に難しいライになってしまいます。

というのも、冬では芝が枯れて薄くなっていしまうので、
芝のボリュームがなく、地面との間に隙間ができませんよね。

なので、これまでの季節は、
芝によってティーアップされていた状態から
ボールを打つことができていましたが、

冬芝ではボールがほとんど浮かないので、
途端に難しくなってしまいます。

冬では寒さや芝の変化により、
これまでのプレーができなくなってしまうことがありますが、

これからのオフシーズンは、
ゴルフを控える方もいらっしゃるので、

かえって苦手を克服するために
有効活用していくことができます。

そこで、今回はコースで、
ボールが左へ曲がってしまうフックボールが原因で、
スコアを崩してしまうという方へ。

ぜひこの時期に行っていただきたい、
おすすめの練習方法を紹介させていただきたいと思います。

右手の制御でスイング改善



ボールが左へ曲がってしまう
フックボールの原因は、

クラブがボールへ当たる瞬間、
インパクトの時にクラブフェースの向きが
左を向いてしまっていることが原因です。

インパクトでクラブフェースが
左へ向く大きな要因として、

クラブを振り下ろしてきて、
インパクトに向かっていく時に

右手が左手を追い越す動き、
つまり体の回転よりも腕のねじり戻しが
強くなりすぎると、

クラブが左を向いて
ボールに左回転をかけてしまう
と言うわけです。

今回はこのインパクトで
クラブフェースを返しすぎる動き

右手が左手を追い越しすぎる動きを改善
するための練習方法を紹介していきたいと思います。

クロスハンドドリル



今回ご紹介するフックボールを
改善するために効果的なのが、

グリップを握り替えて打つ
「クロスハンドドリル」です。

右打ちの人の場合、
通常は右手が下で左手が上になりますが、

このクロスハンドでは、
左手が下で右手が上になります。

クロスハンドの特徴は、
右手よりも左手を下に握ることによって
右腕の力を抑えられるようになることです。

順手で握った場合は右手が下にあるので、
どうしても右肩が下がり、

右腕がボールを打つ方向へ
出て行きやすくなってしまいます。

一方、クロスハンドグリップの場合は、
左手の方が下にあるので右肩の高さがあまり変わらず、
構えることができます。

手首の余計な動きが制限されるので、
バックスイングでカラダを深く捻転する感じを
より強く感覚を掴むことができます。

また、ハンドファーストの感覚が
よりつかみやすくなる効果もあります。

このクロスハンドドリルを
行っていただく際のポイントは3つです。

1つ目のポイントは、通常のグリップとは違って、

右利きの場合は、
右手がグリップエンド側、
そして左手が右手の下になります。

こうすることでインパクトで、
右手が左手を急激に追い越しすぎる動きを抑制して、

スイング中に、
常にクラブを体の左サイドが引っ張っていくような
感覚が体感できるはずです。

そして2つ目のポイントは、
スイングを左サイドリードを意識して行うこと。

まるで左手一本で振ってるようなイメージです。
右肘は柔らかくして、左手リードで行ってください。

そして3つ目のポイントは、
左サイドを低く使って、
クラブヘッドを低くコントロールしてください。

最後に・・・



実際に打ってみるとおわかりいただけますが、
グリップを逆にしたまま非常に違和感が強いと思います。

ただ、まずは、その感覚に慣れていくということが、
最初のステップとして重要です。

クロスハンドというグリップは、
慣れないと少し違和感がありますが、

最初は少し小さい振り、
腰から腰ぐらいのスイングで慣れていって、

そして少し慣れてきたら肩から肩、
そしてフルスイング

と段階的にスイング幅を
大きくしていきます。

このようにグリップを逆さまに
クロスハンドで握ることによって、

インパクト付近で体が止まって、
右手が左手を追い越しすぎる腕のねじり戻しを押さえて

常にクラブと体が一体になって、
同調して動いていく感覚がつかめるはずです。

ぜひコースでボールが左へ曲がってしまう
フックボールが原因で、スコアを崩してしまうという方は、

このクロスハンドでスイングを行う
という練習方法を試してみてくださいね。



<本日のおすすめ>

「もっと真っ直ぐ飛ばせれば…」

と、一度でも思ったことのある方へ。

「飛ばし屋のスイングでしか
スイングが出来ない状況」

を強制的に作り出し、
圧倒的な飛距離を手に入れませんか?

圧倒的な飛距離を誇る
飛ばし屋達にある共通する動きを解明し、

製造開発を行った効
果の高い飛ばし専用練習器具。

「パワードライバーEZ」

限定71本のみのご案内となります。

まだご用意のある今のうちに、
どうか手に入れてくださいね。

https://g-live.info/click/pdz2111/

※限定数に達し次第、ご案内終了。


The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。