ウェッジ、以前の感覚で打てなくなった…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.03.31
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「ウェッジ、以前の感覚で打てなくなった…」
 

という話をさせていただきます。
 

お客様から、このようなご質問をいただきました。

以前のウェッジのフィーリングを失いつつある

> Mizuno Pro S18(TSi-65SR)50度と56度と、
> PING i500アイアン(ALTAJCB SR・6番~PW)を使用しています。
>
> ウェッジとPW、他のアイアンの重さが違うようで、
> 以前のようなウェッジのフィーリングを失いつつあります。
>
> アイアンの買い替えではなく、
> 鉛(ウェイト)の調整を考えています。
> ウェイトを貼る位置のアドバイスを頂ければ幸いです。

 

ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。
 

そうですね。。。
まず、アイアンからウェッジというクラブをセッティングする上で、
自分たちが考える比較的重要だと思う要素があるんですが、それは
 

 アイアンよりも、ウェッジのシャフトを重くする
 

実はこれが、一番のポイントになってきます。
 

というのも、ピッチングまでのアイアンは
割とフルショットメインで使っていきますけれども。。。

その下のクラブはやはり、
コントロールショットを交えてきます。
 

ですので、そういう面では同じ重さのシャフトが付いていると、
どうしても手だけでヒョイと上げるようになってしまうんですね。
 

そういうことを避けるために、自分たちゴルフパフォーマンスで
フィッティングをさせていただく際には。。。

他のクラブの流れよりもウェッジをワンランク重くすることで
同じように振れるようにする、という意図があります。

ウェッジの重さ自体を見直すこと

ということで、このお客様がおっしゃるように
 

 「以前のようなウェッジのフィーリングを失いつつある」
 

というのは、もしかしたらクラブが軽すぎるということが
原因として考えられるわけです。

ですので、鉛を張って調整というよりは、
ウェッジの重さ自体を見直すことを
視野に入れていただけるとよいかと思います。
 

 「でも、アイアンとウェッジが同じシャフトじゃないと
  なんか気持ち悪いんだけど。。。」

 「やっぱり同じ重さのものがいいかな。。。」
 

そんな気持ちもわからなくはありませんが、
実際にウェッジコーナーに行っていただくと、
 

 ・カーボンシャフト1種類
 ・NS950
 ・ダイナミックゴールド

 

単品でウェッジを購入する際には、おそらくはこんな感じで
3つぐらいに分かれているパターンがが多いと思うんですが、

これについてのメーカーの意図としては、
 

 必ず1ランク重たい方を選んでね
 

というのが、本来の意図になります。

やはりシャフトを変えるという選択肢を

ですのであくまで一例として、シャフト選びの考え方としては
 

 ・NS950シャフトのアイアンを使っている人は、
  ウェッジはダイナミックゴールド

 ・アイアンが軽いカーボンシャフトをお使いの人は、
  ウェッジはNS950シャフト

 

もちろんこれが全てに当てはまるわけではありませんが、
大体の棲み分けはそのようになっています。
 

それなのに、同じシャフトにした方がいいんじゃないかと言って、
同じシャフトにしていると、今回の質問者様のように
ショートゲームが難しくなってしまいます。
 

ですので繰り返しになりますが、ウェッジについては
必ず他のクラブのセットよりはちょっと重くするんだぞということだけ
覚えておいていただけると、今後のウェッジ選びには良いと思います。
 

余談ですが、お客様からの質問にあるような
ウェイトを貼るという対応は、量にもよりますが
貼る位置が集中してしまうと、振りづらくはなります。

1箇所に重さが重なってくると
やっぱりうまくいかないことが多くなりますし、
鉛を貼るだけでは間に合いません。

であればやはり、シャフトを変えるという選択肢も
自ずと入ってきますので、そういうことも考えながら
やっていただければと思います。

フィッティング枠、数限定で募集中

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

ようやく募集の目処が立ちまして
あなたにもご案内いたします。

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブ講師の古賀公治プロのご尊父である
故・古賀春之助プロが今春に
<ゴルフ殿堂入り>を果たしました。

多くのツアープロを育てた名伯楽として知られる
春之助プロの理論を受け継いだ
古賀公治プロの「ゴルフ上達プログラム」を…

殿堂入りを記念して、
今回限りの特別価格でご案内中です。

 「15万人以上のゴルファーを上達に導いた
  ゴルフレッスンの<原点>とは?」

詳細はコチラをクリック!

詳細はコチラをクリック

特別仕様のため個数限定。お早めに
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, ウエッジ, シャフト, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。