飛距離を失う体重移動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.02
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

普段レッスンをしていると、

アイアンは上手く打てるようになったけど
なかなかドライバーが上手く打てない…

といった悩みを持った方が
非常に多くいらっしゃいます。

ドライバーはアイアンに比べて、
長く軽いためにコントロールしづらい、と感じる方が
多いのかもしれません。

そして、ドライバーのもう1つの特徴として、

アイアンに比べて
ボールの位置が左に位置していますので、

特にバックスイングにおいて
重心がボール側に寄ってしまい

軸が左に傾くような
リバースピボットと呼ばれる形になる方が
非常に多く見られます。

ギッコンバッタン



リバースピボットは
”ギッコンバッタン”とも言われますが、

右足体重のままインパクトを迎えてしまうことで、
ミスショットが出てしまいやすいスイングとなります。

インパクトが安定しない。
ダフリトップを繰り返す。
芯に当たっても思ったほど飛ばない。

という場合には、
原因はリバースピボットの可能性があります。

リバースピボットの状態のまま
クラブを振り下ろしてきてしまいますと、

ボールに対して必要以上に打ち込んでしまったり、

はたまた、
左に傾いた軸を右に戻そうとしながら打ってしまい、

左右に軸が傾くことで
ボールの手前をダフってしまうようなミスも多く出ます。

テークバックの始動が始まると、
重心はすぐに右側へと移動します。

そして、トップの位置にクラブがきた時には、
重心を左側へ移動させることで、

うまく体重をつかって
力強いショットを打つことができます。

体重移動でドライバー克服



しかし、体重が左に乗ったままの
リバースピボットでは、

ミスショットにつながりやすい上に、
飛距離を大きくロスしてしまうので
改善をおすすめしています。

そこで今回はバックスイングでの
リバースピボットを改善し、

右から左へのスムーズな重心移動を
習得する練習方法をご紹介していきたいと思います。

どのように行うかと言いますと、
まず実際に打つ前に素振りで予行練習を行います。

バックスイングで左肩が入ったら、

右の土踏まずで重心を感じながら、
1,2と沈み込むような動作を行っていきます。

この時に、右の太腿の張りを感じてみてください。

そして逆に、フォローでは右肩が入ったら、

左の土踏まずで重心を感じながら、
1,2と、同じように沈み込むような動作を行っていきます。

バックスイングで、
右の土踏まずに重心を感じて、1,2と沈み込む。

そしてフォローで、
左の土踏まずに重心を感じて、1,2と沈み込む。

予行練習で筋肉がこの動きを覚えているうちに
実際に打っていきます。

軸が左に傾くことなく、

右の土踏まずから左の土踏まずに
スムーズな重心移動が行われることで、

ボールに対してクラブヘッドが入る角度
この入射角が安定して、ミート率が上がっていきます。

そして、更には飛距離アップにも繋がります。

右から左への自然な体重移動のスイングの習得のために、

右の土踏まず、そして左の土踏まずに
重心移動を感じながら打っていくという練習方法は
とてもオススメですので、試してみてくださいね。



<本日のおすすめ>

豪快かつ大胆で、
それでいて機械のように正確に。

だれよりも圧倒的な飛距離を
飛ばすことができる。

ドラコン世界大会に出場した経験を持つ
ドラコン界のレジェンド 齊藤かおりプロ。

怪我による後遺症と痛みに悩まされながらも、
圧倒的な飛距離で日本大会をいくどとなく優勝。

そんな、これまでの自身の経験と知見から、

年齢や筋力、痛みに関係なく…

どんな人でも軽々と飛距離を伸ばすことができる
飛距離特化型プログラムを公開しています。

もしあなたが、いま以上に、
圧倒的な飛距離を手に入れたいのでしたら、

そんな齊藤プロによって実証された
飛ばしの秘密を、手に入れてくださいね。

https://g-live.info/click/tobashi_hs2204/

※公開終了:本日5月2日(月)23:59まで



The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

飛距離を失う体重移動」への1件のフィードバック

  1. 森田喜久夫

    トップの位置にクラブが来たら重心を左側に移す、とあるがこれは疑問。何故なら、それではいつクラブをトップから
    振り下ろし、インパクトに入るのか。正しいのは重心が右側に留まっている間にインパクトし、インパクト後に重心を左に
    移す事と思う。インパクトは重心が動いていない間と思う。何故なら、力をボールに100%の力を伝えるみは重心が
    グラグラしている間にインパクトしても伝わらない故である。
    或いはクラブがトップの位置に来た時、重心を左に移すのは、重心が左に移し終わった後に、インパクトせよとの事か。
    以上。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。