パターのノーカンを直したいならコレやって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.10
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「パターのノーカンを直したいならコレやって」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

パッティングの練習はしているのに、
相変わらずノーカンが直らないと
悩んでいる人はいませんか?

そんな方にこそ、今日の話は聞いて欲しいです。

ノーカンでも、わかってしまうこと

ですが、たとえば想像してみてください。
 

あなたのゴルフ仲間がこれから
「3メートル」のパットを打つとしましょう。
 

近くにいたあなたは、3メートルのパットにしては
振り幅が小さいのではと、気づいてしまいました。
 

 「そんな振り幅じゃ、ショートしちゃうぞ」
 

おせっかいにも、そんなことを言ってしまった。
 

あるいは逆に、振り幅が大きい同伴者に
 

 「それじゃあきっと、大オーバーだ」
 

見ていてそんなことまで、わかってしまった。
 

そんな経験、あなたもないでしょうか?

一方、自分のことになると…?

でもこれ、実際に他人の振り幅を見ていると
意外とハッキリとわかることだったりするのです。
 

試しに、やってみてください。

人の振り幅を見て言えば、この予言というのは
意外なほどよく当たってしまうんですね。
 

ですがここで一つ、疑問が生じます。
 

 「人の素振りを見たら距離感がつかめるのに、
  自分のストロークになると
  とたんに距離感がつかめなくなるのは、一体なぜ?」

 

それだけ他人のことがわかるのだったら、
自分のことがわかっても、いいはずですよね?
 

それなのに、自分のこととなると
まさに「ノーカン」になってしまう。。。
 

これは一体、なぜだと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、これに対する答えとは、

ちゃんと素振りができていない

実はこれ、ちゃんと素振りが
できていないという証拠なんです。

厳しい言い方をするのなら
「素振りが適当すぎる」ということです。
 

 「え、江連さん一体どういうことですか?」

 「一応、素振りはちゃんとやってますけど。。。」
 

はい、ここでもっとかみ砕いて説明していきましょう。

私が多くのアマチュアの方を観察していて感じるのは、
 

 素振りと実際のパッティングで、
 スピード・リズム・振り幅が全く違っている

 

つまり、素振りは小さく振っているのに
実際のストロークでは振り幅が大きい。。。

そんなのは序の口で、中には全く素振りをしないで
打つなんていう人も、いらっしゃいます。
 

これでは距離感なんて、わかるわけがないのです。
 

ですので、これは必ずやってほしいのですが
 

 ・打つ前の素振りと、実際に打つ際の
  スピード・リズム・振り幅が同じになるようにする

 ・パターの素振りは、必ず行うようにする
 

たったこの二点だけでも心がけるようにすると
今より確実に、距離感がよくなってくるはずです。
 

これについてはだまされたと思って、
ぜひ、お試し下さい。

追伸:片山晋呉と私… 前代未聞の教材プログラム

先日から、片山晋呉と私が出演する
<唯一無二>の教材プログラム

 『オレなら、これ一つだけしかやらないね。』

を、期間限定でご案内中です。

まだご覧になっていなくて、ご興味があれば、
ぜひ一度、チェックしてみてください。

詳細はコチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 素振り | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

パターのノーカンを直したいならコレやって」への1件のフィードバック

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。