コースで地面を叩く…そんなスイングには卒業!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.09
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ゴールデンウィークも明け、
今日からお仕事の方も多いでしょうか?

連休後半は天気に恵まれたこともあり、

ゴルフを存分に楽しんで
リフレッシュされた方も多そうですね。

ゴールデンウィークの最中、
沖縄は平年よりもすこしはやく梅雨入りしたようです。

あと1ヶ月もすれば
関東も梅雨入りを迎えると思うので、

それまでこの時期ならではの快適な清々しいゴルフ場で
プレーを楽しみたいと思います。

ゴルフはミスを減らすスポーツですので、
思い切りプレーを楽しむためにも、

ミスの芽は摘んで、心置きなくスイングをして、
気持ちの良いラウンドをしたいですよね。

しかしそんなゴルファーの思いを挫く、
ショットの2大ミスと言われるダフリ。

誰しもボールを目の前にして
手前を叩いてしまい、

悔しい経験をしたことが
あるのではないでしょうか?

ダフってしましますと、
スイングの最下点がボールの手前になりますので、

クラブはボールに当たる前に
芝生に当たってしまうことで、

うまく力が伝わらず、
飛ばないミスショットになってしまいます。

そんなダフリの原因の中でも、
特にダフリを引き起こす要因となるのが、

スイング中の右肩の下がりが原因で
ダフリトップが引き起こされている方が非常に多いです。

そこで、今回はスイング的な部分から
このダフリトップを改善していくための
アドバイスをさせていただきたいと思います。

右肩の動き



右肩の下がりが原因となって
ミスがゆうはつされているという方へ向け、
改善方法をご紹介していきたいと思います。

まずは、右肩が下がってしまっていることで
ダフリやトップが引き起こされている方というのは、

どういうスイングをされているのか
というところなのですが、

バックスイングを上げて
そこからダウンスイングで降りてくる時に
右肩が必要以上に落ち込んでしまって、

インパクトですくい上げる様な形で
結果としてダフったりトップになってしまっています。

アドレスでもインパクトでも
背骨の縦軸に対して、肩の横軸のラインが、

垂直になっている状態が
正しいスイングの動きになります。

クラブは振り子運動をしていますので、
肩の位置を保ったまま降ろしてくることができれば

適正な振り子運動によって
ボールをクリアに打つ事ができるのですが、

右肩が下がってしまいますと
適正な位置から右に倒れ込んでしまいますので、
クラブの最下点が右側にズレてしまいます。

クラブの最下点が右側にズレ込むと、
ボールの右側で最下点を迎えることになりますので、

ダフってしまったり、
はたまたダフリを嫌がってトップが
引き起こされてしまいます。

腰の回転



では、どうすればダフリやトップを引き起こさず、
右肩を下げずにスイングできるかというところなのですが、
大きなポイントとして上半身の動きが重要にあなります。

骨盤の回転を自分に対してレベル回転で
これを心がけることで右腰の下がるというのを
意識できることができます。

右肩が下ががると
自動的に腰も右へ下がってしまいますので、

ダウンスイングで腰をレベルに回転させることが重要です。

特にベルトのバックルが
地面に対してダウンスイングで下がってしまわないように
並行になるように意識していただけますと、
連動して上半身もレベル回転していきます。

その証拠として平行に回れるようになりますと、
フィニッシュで左の土踏まずに重心になります。

レベル回転しようとしても
左腰が上がってしまうような形になると
どうなるかといいますと、

フィニッシュで打った後、
右足側に重心が残ってしまうと思います。

腰がレベルに回転でいた証拠として
打った後に左足の土踏まずに重心を感じられるように
練習をしていただくのが1つの目安になります。

右肩の下がりいわゆる右の骨盤の下がりも
改善することができます。

また背骨に対しても、
レベル回転を習得することができ、
ミート率が格段に上がっていきます。

スイング中、ベタ足のまま骨盤をレベルに回転し、
背骨を平行に回転さそうすると、

フィニッシュで左足に重心が
しっかりと乗った状態でフィニッシュを迎えることができますので、
ダフリやトップが改善していきます。

ぜひ、しっかりと正しい骨盤の動きを
マスターしてミート率を向上させ、

スコアアップを
達成していただきたいと思います。



<本日のおすすめ>

革新的な機能で
あなたのプレーを見える化。

あなたのショットや飛距離など
プレーの履歴を記録するこで
目的や課題を明確化し、

詳細なハザードの位置情報、
先の見えないドッグレッグコースでも
寸分の狂いなくピン位置をも、

鮮明かつ鮮やかなフルカラーの
コースマップで正確に表示。

発売当初から爆発的人気を誇り、
他ゴルフメーカーの追随を許さない

スコアアップや上達につながる
世界最高性能のゴルフウォッチ
《GARMIN Approach S62》

詳細はこちら…

https://g-live.info/click/garmin_hs2205/

※先着100台限定のキャンペーン特価でご案内
 (さらには豪華特典もプレゼント…!) 



The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。