【ビデオ】飛距離が落ちて悩んでいる人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.07.30
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご購読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

今日は飛距離を伸ばしたい人、
飛距離が落ちて来てしまった人に向けての
ワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

もちろん飛距離アップのためには、
日頃から筋トレも実施していただきたいのですが、
グリップについても意識してみてほしいです。

あなたは普段、どのようなグリップをされていますか?

多くの方は、最も基本的なグリップとされる
「オーバーラッピンググリップ」を
利用しているのではないかと思います。

ゴルフのグリップにはこの他にも

「インターロッキンググリップ」
「テンフィンガーグリップ」

の2つがあります。

特にテンフィンガーグリップは、
飛距離が落ちてきてしまった人には
一度試していただきたいです。

今回は、マイナーなイメージが強い
「テンフィンガーグリップ」のメリットやデメリットも含めて
ワンポイントアドバイスさせていただきます。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

2割のゴルファーが
テンフィンガーグリップ?!

テンフィンガーグリップは、
オーバーラッピングやインターロッキングに比べると、
マイナーというか特殊な握り方のように思われがちです。

でも、よくよく考えるとゴルフではメジャーな
オーバーラッピングやインターロッキングですが、

右手小指を左手に絡むようにグリップを握るなんて、
他のスポーツにはないゴルフ独自の特殊な握り方です。

マイナーな握り方と言われているテンフィンガーグリップですが、
アマチュアゴルファーの2割がテンフィンガーグリップで
握っているという統計もあるんです。

questionnaire1

今回は、テンフィンガーグリップの
メリットとデメリットも含めて説明してきました。

グリップは大きく分けて3つがありますが、
どれが優れていてどれが劣っているというわけではありません。
それぞれメリット・デメリットがあり、適した人と適さない人とがいます。

現在、テンフィンガーグリップは主流ではなく、
はなからグリップの選択肢には
入れていないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんなあなたにこそテンフィンガーグリップが
適している可能性もあります。

「最近、飛距離が落ちてきたな。」
「力はないけど、飛距離アップしたい」

などお悩みになった方は、
ぜひ一度テンフィンガーグリップを試してみてください。

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ




<本日のオススメ>

全米ツアープロもこぞって愛用している
スイング作りに一役買っているプロのお墨付き!
『パワーパッケージ』

スイングを定着のためには、
同じ工程を何度も復習する必要が出てきます。
 
独力で練習している方は長い時間と手間をかけての
スイングのチェックと修正が必要ですが、 
 
このパワーパッケージは、
自分のクラブにこのアイテムを装着する、
そのひと手間だけでスイングの良し悪し・改善が瞬時に判定できて、
修正も簡単に行う事ができます。

https://g-live.info/click/powerpack_2207/
※数に限りがあるため、気になる方はお早めに


The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。