【ビデオ】このドリルでスイング簡単激変

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2024.02.18
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。
 

さて、今回は
 

 「このドリルでスイング簡単激変」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ドライバーで遠くまでボールを飛ばしたいなら、
絶対にこの要素を取り入れたほうが
楽に大きく飛距離を伸ばせます。それは。。。?

(続きはビデオにて)

このドリルでスイング簡単激変


パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf240218/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

飛距離ばかりかスイングの様々な問題を解消

バックスイング開始に脚から動いて
手元はセットアップのところに置いてくるショットは、
飛距離ばかりかスイングの様々な問題を解消してくれます。

そもそも、トップに向かうヘッドの勢いがあるほど
楽に上半身をしならせることができます。

そのため、ドライバーで遠くまでボールを飛ばすなら、
絶対この手元を置いてくる要素を取り入れたほうが
楽に大きく飛距離を伸ばせるわけです。

バックスイングで手元を置いてくることで、
上半身の右サイドのしなりとそのしなり戻りを使って
クラブを鋭くトップまで運ぶことができるからです。

そこで、この手元を置いてくる動作を確実に行なって、
スイングに最大の効果を発揮させるためのドリルと
そのコツを見てみましょう。

手元を置いて脚を動かす

まず最初にやってみると手元を置いてくることの真髄が
わかりやすいこととして、ゆっくり動くことです。

バックスイング開始で手元をその場に置いたまま、
ゆっくりでよいので脚でバックスイングを開始します。

最初はサンド・ウェッジで15y程度キャリーさせる(SW15yC)
ぐらいの振り幅でのショットでやってみましょう。

まさに、脚の動きで腰を右斜めにターンさせる中で、
手元を置いてこようとすることで
上半身の右サイド全体に張りを感じてみます。

SW15yCぐらいの狭いスタンス幅なら、
そのスタンスの中で脚を使い切ってみます。

そして、脚を使い切って理想的な形をつくり終えるまで、
手元をセットアップのポジションに置いたままにします。

そうすると上半身右サイドの張りはかなり強くなってきますから、
その張りをリリースする感じでクラブをバックスイングして
止まることなくインパクトします。

スタンスの幅は左右の母指球の間隔が腰幅程度の
SW15yCのつもりでも、20〜40yぐらいは楽に飛んでいきます。

それはそうです、手元を置いて来なかったときよりも、
トップに向かうヘッドの勢いがあることで
振り幅が大きくなるからです。

特に左肩周りと手首ををリラックスさせて、上
半身のしならせるべきところがしっかりしなるようにすればするほど
ボールは飛びます。

脚の動き

そして、バックスイング開始で手元を置いてくる効果を高めるためには、
下半身を正しく使うことも重要です。

そこで、やるべき脚の動きに重要なのは左サイドの重さです。

腰から上の体幹は硬い一枚の板にしておいて、
体幹の右下である右股関節にフックがついているイメージで
バックスイング開始とともにそのフックにぶらさがります。

左脚の重さはもちろん、
全身の重さをフックにぶらさげるイメージです。

右膝は真っ直ぐに伸ばしたほうが、
楽に体の重さを支えることができます。

また、前傾していることから右脚を伸ばす方向は
真上方向では前に倒れるので、バランスを保つ動きで自動的に
右脚は右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込むように伸びます。

そして、右膝が伸び切るまで
手元を置いてくるぐらいの意識で動いてみましょう。

そうすると、脚の動きで上半身の右側が伸ばされる感じで、
しなりのエネルギーがたまってくることを感じることができます。

そして、右膝が伸び切ったぐらいから
右肩から右腕のしなりは一気にしなり戻ります。

SW15yCぐらいで感じがわかってきたら、
スタンスの幅をだんだん広げて同じようにやってみましょう。

さすがにドライバーでの肩幅ぐらいのスタンスの幅では
脚を使い切るまで手元を置いてくることはできないですが、
少しでも長く手元を置いてくるようにすればよいです。

ドリルとしてではなく通常のショットでも
出だしで少しでも手元を置いてくる感じにするだけでも、
スイング全体がシンプルで楽になります。

そして、リラックスできてしなりが多くなる分、
飛距離も勝手に伸びてきます。

飛ばすにはトップに向かうヘッドの勢いが効く

そして、先ほどお伝えしたように、
トップに向かうヘッドの勢いがあるほど
楽に上半身をしならせることができて飛距離は伸びます。

そこで、その理由とそれをうまく飛距離に連動させるための
コツを見てみましょう。

バックスイングで手の動きでクラブを動かそうとしていると、
バラツキも大きいのでゆっくり動かしたり
右肘を過度に曲げたりしてしまいます。

そして、自ら出そうとして筋肉を短くしながら収縮させる
「短縮性収縮」でクラブを持ちあげると、
筋肉は硬くなりトップは浅くなります。

しならせてしなり戻す動きなら
筋肉は伸ばされながら収縮しようとする
「伸張性収縮」となって、リリース後はしっかりゆるみます。

そのため、手元を置いてくる動きでは
トップ近くでの上半身はすごくリラックスできて、
深いトップを楽につくることができます。

そして、しなり戻ることに素直に従えば、
いつも同じところに手元は移動しようとします。

その理由はしなり戻りは伸ばされたゴムが元に戻るように、
手をビュンと動かしてくれるからです。

脚を使って体をターンさせながらも手元を置いておくと、
ポンとしなり戻ったら手元は腰から上の体幹に対して
何もしなかったポジションにおさまってくれます。

そもそも、脚は手より不器用で動きの範囲も限定的なことで、
動きの再現性はよいです。

その脚で動き始めて最後に手がついてくれば、
動き全体も再現性は格段にアップします。

結果として飛距離ばかりか、
ショットの安定性まで手に入れることができます。

さらによいことに、ヘッドの勢いがあればあるほど
ヘッドの重心がシャフトから離れているオフセットがあることで、
ヘッドは閉じさせられる方向へ動きやすくなります。

トップに向かって右肘を曲げたり左脇を開けるなどで
ヘッドは開く方向へ動くので、予めヘッドを閉じておくことで
ダウンスイング序盤からヘッドを軌道に向けやすくなります。

そのため、バックスイングでは
ヘッドを閉じ気味にあげるシャットあげは、
スイングを楽にしてくれます。

ヘッドスピードが速い段階でヘッドを閉じるよりも、
遅いタイミングであるトップ近くで閉じて軌道に向けた状態で
シャフトをしならせながらクラブを振るほうが絶対簡単です。

右腕のしなり戻りで最高のトップ

そして、ヘッドが腰の高さから上で右腕が勢いよく右回転すれば、
その動きがない場合より飛距離を伸ばせる最高のトップとなります。

その飛距離アップの要となるのが、
右腕のしなりとそのしなり戻りの力です。

手首が親指側へ折れるコックが入っていると
バックスイングでヘッドが置いていかれることに耐えようとすれば、
右腕は左に回転させられる方向へしならせられます。

そして、バックスイングの出だしから脚をしっかり使って回転してきて
下半身での回転力が弱まり始めると、
右腕は右回転する方向へしなり戻ります。

そのしなり戻りはどんなタイミングになるかというと、
腰の高さぐらいからです。

スタンスを肩幅ぐらいまで広げているなら、
脚を使い切ったときに手元は胸の高さぐらいまであがっています。

しかし、脚の動きでの回転力はヘッドが腰の高さぐらいでピークになって
そこからはだんだんゆるくなるために、
右腕の右回転する方向へのリリースはこのタイミングになります。

また、腰の高さから右腕の右回転方向へのしなり戻りで
左脇も開いて左腕が右回転することで、
左肩甲骨周りは最も可動域の大きなポジションに収まってきます。

その結果、左肩甲骨周りにはヘッドの勢いで
しなりのエネルギーをためやすい状態になることで
飛距離アップに直結します。

そして、コックが入っているほど
右腕の右回転でヘッドはたくさん動くことで、
さらにヘッドの勢いの増加とともに飛距離を伸ばしやすくなります。

コックは入れようとしない

ここで、コックは入れようとしないで体とヘッドの動きで
勝手に入っているようにすることは再現性の高いスイングの要です。

手元を腰から上の体幹に対して動かしていないなら、
体の右ターンで手元は円軌道を描いてインサイド寄りにきます。

手元がインでヘッドが真っ直ぐ動けば、
手首は親指側に折れるコックが入ってきます。

バックスイング開始で手元を置いてくるドリルをどんどんやって、
意識しないでも脚から順番に動いて
上半身のしなりを使えるスイングを手に入れましょう。

そうすれば、スイングの再現性アップの結果として打点は安定し、
さらに飛距離にも直結します。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

「70代でゴルフ歴10年以上ある方は
 必ず250y飛ばせるんです。」

「ただやり方を知らないだけ
 ちょっとしたきっかけさえあれば飛ばせます。」

服部プロの“ドライバー250yチャレンジ”
【マスタードライブ】が
今だけ67%オフの大幅値引きで手に入ります。

詳細はコチラをクリック

本日限りの期間限定。どうぞお早めに
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘
大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, スイング理論, バックスイング, ビデオ, 再現性, 手打ち, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

コメントを書く

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。

おすすめ商品

Z3 SOFT クラウドファンディング発 Z3 SOFT

20%OFFゴルフライブ限定
¥3,610定価¥4,480
複数購入で特別割引・税込3,971円

ARK ゴルフ特化型偏光サングラス ARK サングラス

63%OFFゴルフライブ限定
¥12,800定価¥35,000
税込14,080円

e-PuttGate 小原プロ開発の飛距離+ミート率アップのスイング改善特化アイテム

25%OFFゴルフライブ限定
¥16,280定価¥21,780
(税込・送料無料)

PIN STRIKER PIN STRIKER - ピンストライカー -

ゴルフライブ限定
¥17,800定価¥21,780
税込19,580円