作成者別アーカイブ: 梶川 武志

梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

4回コースのレッスン会がスタートしました

2017.03.14
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「4回コースのレッスン会がスタートしました」

について、お話をしてみたいと思います。

さて今月、新たに4回コースのレッスン会を
愛知でスタートさせました。

この企画、ゴルフライブの事務局の発案で
実現したものなんですが。。。
続きを読む

腰を回す動作と切る動作…その違いは?

2017.02.28
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「腰を回す動作と切る動作…その違いは?」

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメルマガでこのようなことをお伝えしました。

 「腰は回すのではなく、踏み込んで切る」

そうしたところ、下記のような質問をいただきました。
続きを読む

プロとアマチュア、下半身動作の違いとは?

2017.02.14
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「プロとアマチュア、下半身動作の違いとは?」

について、お話をしてみたいと思います。

今回の話に至ったのは、2015年3月から始まった
僕のレッスン会を振り返ったのがきっかけです。

先日、僕がゴルフライブさんで教えた
お客さんの数を数えてみたんですが…
続きを読む

最終QT、162位からの巻き返し…結果は?

2017.01.31
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「最終QT、162位からの巻き返し…結果は?」

について、お話をしてみたいと思います。

寒さも厳しくなってきました。

僕がよく行く三重県のゴルフ場は
積雪でしばらくクローズになっています。

冬はゴルフ場どこも難しいですが、
この時期プレーしていると春先以降やさしく感じてくるので
寒いですが是非ラウンドして下さいね。

さて、タイトルの件ですが。。。
続きを読む

なぜ、QTは36位じゃダメなのか?

2017.01.17
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「なぜ、QTは36位じゃダメなのか?」

について、お話をしてみたいと思います。

前回のメールマガジンでは
「なぜファイナルQTで35位以内に入りたいのか?」
というお話をしました。

そういえば以前、テレビのニュースで
こんな言葉が話題になったことがありましたね。
続きを読む

2017年… ツアープロ、天国と地獄

2017.01.03
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

新年あけましておめでとうございます。

今年も試合とゴルフライブでの活動、ともに頑張っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、新年最初の今日は

 「ツアープロ、天国と地獄」

について、お話をしてみたいと思います。

昨年末のメールマガジンでは
僕のQTについてのことを話しました。

その後、年末のレッスンではこのことについて
多くの方が興味を持っていらっしゃったようなので、
それについてもう少し深くお話ししてみます。
続きを読む

【2016年最終】ファイナルQT、6日間の戦い

2016.12.13
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ファイナルQT、6日間の戦い」

について、お話をしてみたいと思います。

少し早いのですが、今回のメルマガが
僕の最後の配信となります。

さて、12月6日までのファイナルQT、
6日間戦ってきました。結果は…
続きを読む

パターはアッパーブローのほうがいい?

2016.11.29
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「パターはアッパーブローのほうがいい?」

について、お話をしてみたいと思います。

今回のメールはいつもより短めですので、
ぜひさらりと読んでいただければと思います。

さて、今日の内容は読者の方から
こんな質問をいただきました。
続きを読む

QT―クオリファイイング・トーナメントとは

2016.11.15
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「QT(クオリファイイング・トーナメント)」

をテーマにお話をしてみたいと思います。

最近、僕の試合の話が多くなっていますが
QTのことをきちんとご存知のアマチュアの方は
少ないのではないでしょうか?

ツアープロの「裏側」的な話にはなるので、
興味を持って読んでいただけるのではないかと思います。

ちなみにQTというのは、試合の中でも特に、
プレッシャーがかかる試合なのです。
続きを読む

<日本OP>スコアラーにかけられた意外な言葉

2016.11.01
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「スコアラーさんにかけられた意外な言葉」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

前回のメルマガで、
日本オープンのお話をするとお約束しました。

ツアートーナメントですと、競技者以外の人が
スコアラーとして特定の組に付いて、
その組のスコアをチェックします。

各ホール終了後、速報本部に連絡をして、
場内の速報板やテレビ中継で使われます。

それで、出会ったスコアラーの方から
こんなふうに声をかけられました。
続きを読む

勇気は技術に勝る?

2016.10.18
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「勇気は技術に勝る?」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

このメールマガジンをお読みのあなたは
ゴルフの練習や研究に熱心な方ばかりだと思います。

ですが、習ったことをいざ実戦で使おうとする時、
「恐怖感」のようなものを感じることがありませんか?

ちなみに先日、読者の方から
こんなメッセージをいただきました。
続きを読む

マンデートーナメントへの参加資格とは?

2016.10.04
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「マンデートーナメントへの参加資格とは?」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

前回、日本オープンの最終予選のことを書いたメルマガでは
シード権を持っていない選手がどのようにして
試合出場の権利を掴むのかをお話ししました。

そうした舞台裏のことも少しお分かり頂けたと思います。

ということで、今回はそれと同様、
東海クラシックマンデーのお話をしてみたいと思います。
続きを読む

【ご報告】日本OPに出場が決定しました

2016.09.20
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「日本OPに出場が決定しました」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

今回は僕の試合についてお話します。

先日、日本オープン最終予選がありました。

結果は「15位タイ」で
日本オープンに出場できることになりました。
続きを読む

SWを持つ=高く打たなきゃいけないのウソ

2016.09.06
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「SWを持つと高く打たなきゃと思ってしまう方へ」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

以前、レッスンをしていると、ある参加者の方が
このようなことをおっしゃいました。

 「梶川プロ、サンドウェッジを持つと
  高く打たなきゃいけないような気がするんですが」

 「高く打った方がグリーンに止まる気がして」

確かにおっしゃる通りですね。ですが。。。
続きを読む

パター選びは自分のスタイル優先で

2016.08.23
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「パター選びは自分のスタイル優先で」

について、前回の内容に反響がありましたので、
その続きということで、お話をしてみたいと思います。

とはいえ、前回の内容を読んでいないと
わからないかというと決してそんなことはありません。

ですので、安心してお読み下さい。

いただいたコメントは、以下のようなものでした。
続きを読む