70歳からの生涯現役ゴルファー宣言

2016.02.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

明後日、2月18日は
私の40歳の誕生日です。

18歳からゴルフを始めて
22年が経ちましたが、まだまだゴルフを楽しみたい!

まだ若いかもしれませんが
生涯現役の心構えです。

ゴルフ界で生涯現役といえば
青木功さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

日本人初の米国PGAツアー優勝者にして、
永久シード選手でもある「青木プロ生活50周年を祝う会」では


「青木功に引退という言葉はいらない」
と話し、ゴルフの道を歩み続けています。

みなさんの中にも
70歳を超えてもゴルフを楽しんでいらっしゃる方は
たくさんいると思います。

これは本当に驚くべき事だし、
うらやましい事でもあります。

「プロとしていくつまでいけたらいいの?」ってことはよく聞かれるけど、
いくつまでって決めたくないんだよ。決めたら、そのときがきたら寂しいよ。
できなくなるときは必ず来るけど、そのときに悔いを残したくないっていう思いでやってる。

と青木さんはインタビューに答えています。

73歳にして、
いつでも試合に出られる体の状態を保ち続けている。

恐らく、その事だけを毎日毎日考えているに違いありません。
73歳にして、まだ青木さんは目標に向かっている。

目標に向かって毎日、努力している。

ふつうに考えたら驚くべきことです。

きっと73歳になると物事を前向きに考えるのは
とても難しいことだと思います。
まして、ゴルフは結果が数字で現れるスポーツ。

しかし、それでも
ゴルフを辞めない理由はなんでしょうか?

青木さんくらいの実績を残していれば
いつ辞めても誰も文句は言わないでしょう。

それでもゴルフを続ける理由

そこに、何かのヒントがあると思いました。

毎日、目標に向かっている時
人はとっても大きな充実感を感じます。

例えその目標が達成されなかったとしても
どんなに小さなものだったとしても

「毎日、何かに向かっている」
と言う感覚は充実感を生むものです。

毎日、充実感を味わえて、
目標に向かっている感じを持てるのに、
何故、引退なんかする必要があるでしょうか?

もし、あなたが
ある程度の年齢になったらゴルフは諦めて
ゆっくりしよう・・・

と言うのなら、もったいないことだと思います。

青木さんを思い出してみましょう。

大好きなゴルフを諦めてゆっくりするでしょうか?

自分の今やっているゴルフを好きになれば、
達成感を味わえれば、
目標を持てれば、、、

引退など必要ありません。

周りの人間から何と言われようと、
生涯現役でいられる。

生涯現役でいたい・・・
と思った時、あなたは強い充実感と
ゴルフをできる幸せを感じていると思います。

つまり、
ゴルフを楽しんでいる。

生涯現役。
これは私の目標です。

またメールします。

小原大二郎

<本日のオススメ>
プロの9割が測っている事実。

このレーザー距離計の大きな特徴は
「0.5秒でプロの距離感が手に入る」という事です。
そして、クラブの選択に迷いが無くなったと・・・

あたはもう体験しましたか?

http://g-live.info/click/bs160210/

 

Facebookでコメントする

70歳からの生涯現役ゴルファー宣言」への5件のフィードバック

  1. AG修太

     小原プロ40歳の誕生日おめでとうございます。生涯の半分以上をゴルフに捧げ、継続されておられるとはすばらしい。小生79歳で、まだゴルフ経験は、40%の32年目です。人間何歳になっても目標を持つということは、大切なことだと思います。70台のスコアが出れば2回目のエージシュート達成ですが、難しくとも不可能ではありません。毎日実践を想定した「素振り」と「パッティング」を日課としております。「継続は力なり」です。これからもご指導よろしくお願い致します。

    返信
  2. T・KIMURA

    小原プロ 誕生日おめでとうございます。40代に入って、益々のご活躍を期待しております。
    本日 寒い中 ラウンドして来ました。場面場面で小原プロのアドバイスを思い出しながらプレーしましたが
    中々上手く行かず思う様なスコアは出ませんでした。でも中には良いショットも幾つかあり練習の成果が少しでは
    ありますが出てきている様な気がしました。腰から腰 肩から肩の練習に励んでいます。これから暖かくなりコンペや
    仲間とのラウンドも増えて来ると思いますが 明るく 楽しく をモットーに日々精進して行きたいと思っています^^;

    返信
  3. 宅味大治

    小原大二郎 先生
    確かに、目標を持てば前向きに考えるようになりますね。
    83才の小生、この数年110も覚束ないながら、目標は85才のエイジシュート。
    ゴルフライヴを通じて昨春来のご指導有難うございます。この5月までには
    100を切るつもりで頑張っています。
    3~4年前女性用?44インチDr.にして正解、鉛を貼って180~190ヤードの
    ドローが打てるようになりました。しかし、次なる飛躍のために、この春は
    思い切って46インチに挑戦するつもりです。明日、秋葉原へ行って物色しよう
    と思います。
    …では、また。

    返信
  4. 田中 泉

    おはようございます。小原プロが発信されるメールを毎日楽しみに読ませていただいております。無論読むだけではなくラウンドや練習の参考にさせていただいております。当方も2月18日が誕生日で今年で69歳になります。社会人になってからテニスをしていましたが膝を痛めてから上司や周りの勧めでゴルフを45歳から始めましたのでゴルフ歴は24年になります。地方勤務がありましたのでゴルフ環境が良くお蔭様で直ぐ嵌まりました。目標は少なくとも80歳まで生き抜きエージシュートを達成することで毎日室内ですがショートアイアンでのビジネスゾーンの素振り,ショートアプローチ,ショートパットの練習に励んでおります。ラウンドは月3~4回でほぼ80台で回れる様になってきました。あと10年余ですが人生下り坂日増しに勾配がきつくなり時間が速く過ぎ去っていきますが,目標達成を,と意気込んでおりますのでこれからもご指導方よろしくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。