カーナビとゴルフの意外な共通点

2016.05.05
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「カーナビの使い方とゴルフ上達には関係がある?」

という話をしたいと思います。

ゴールデンウィークということで、
もしかしたらあなたも車に乗って出かけることも
あるかもしれません。

おそらくそのお供に「カーナビ」を使うこともあると思いますが、
ここでちょっと、こんなことを考えてみて下さい。

カーナビを信じる? 自分のカンを信じる?

もしあなたが、これから向かう目的地を
カーナビに入力したとします。

そうして出てきた推奨のルートが

 「どうも自分が考えているルートよりも到着が遅そう」

だったとしたら、あなたはどうしますか?

A.そのままカーナビのルートにしたがって向かう

B.カーナビで他のルートがないか探してみる

C.カーナビは頼らず、自分の信じたルートで向かう

D.それ以外

(さあ、あなたはどの方法を選びますかね…?)

つい「浮気」がしたくなる

これについては、どれも正解といえば正解といえます。
状況によっても、どの選択が正しいかが違ってくるでしょう。

でも何なんでしょうね。
こういう時って何故か、言われた道に従いたくないという
気持ちが芽生えてくるものです。

「なんだこのナビ。何も分かってないな。
 これだったら、オレがいつも通ってる道のほうが
 よっぽど早く着けるよ」

そうして、自分の信じた道を行ってみたら、
確かにうまくいくこともあるでしょう。

でも逆に、ナビの選んだ道は
実は渋滞回避の道で、いつも自分が通る道は大渋滞。

おかげでいつもの倍も時間がかかった。。。

なんていうことも、あり得ます。

ですが、どのルートを選んだとしても、
一つだけ言えることがあります。それは

 「どの道を選んでも、終着地点は一緒」

ということです。

誰にするかは、フィーリングの問題だけ

いつもは小原プロのメールを一番参考にしていて
たまに他のプロの方法に心を奪われることがある。

それによって、大きく何かが変わることももちろんありますが、
目的地までが変わることはありません。

よく、こんなことをおっしゃる方がいます。

「小原プロはこう言っていましたが、
 他の○×プロは、小原プロと逆のことを言っていました。
 本当はどっちが正しいんでしょうか?」

「あっちもこっちもと聞いていたら、
 ゴルフで何が正しいのか、わからなくなってきました…」

おそらく、そうなるのは間違いありません。

ゴルフが穴に少ない回数で入れるという
ルールがある以上、先ほども言ったように、
目的地が変わることはないからです。

じゃあ、何が違うのか?

それは結局、フィーリング。
何に執着しているかの違いではないかと自分は思います。

カーナビにもたとえば、有料道路優先、距離優先、
一般道路優先、広い道優先、みたいな選択ができますよね。

・何としても渋滞を回避したいのか?

・時間がかかってもお金がかからないようにしたいのか?

・運転に不安なので広い道で行きたいのか?

これがゴルフだったら、

・感覚的に説明してくれるほうが理解できるのか?

・理詰めで話してくれたほうが納得して練習できるのか?

・身体に負担のない、時間をかけない方法がいいのか?

他にも選択の基準があるでしょうが、
そこのフィーリングが合っているかどうかが
選択の基準になるのではないかと思います。

とまあ、この連休のニュースで流れている
渋滞情報を見ていて、そんなことを思ったのでした。

ゴールデンウィークも後半といったところですが、
引き続き、どうぞよいゴールデンウィークをお過ごしください。

それでは、また次回。

徳嵩力一

追伸

小原プロの「グリーン回り勝ち組宣言」が
今日から期間限定のキャンペーン中とのことです。

なぜ、ティーショットやセカンドで30ヤード以上
置いて行かれる私がいつも
同組メンバーよりスコアがいいのか?

その秘密はこちらをご覧になってみて下さい。

http://g-live.info/click/gmkg1605/

※期間限定ですのでお早めに。

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。