ドライバーコントロールレッスン会を開催

2016.07.12
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
千葉のホテルより、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ドライバーコントロールレッスン会」

を先日開催しましたので、
そのことをお話しをしてみたいと思います。

先日千葉で、この新レッスン会を行いました。

新しい企画だったんですが、
それを始めたきっかけがありまして。。。

お客様のD様からのリクエスト

このレッスン企画は、
以前にレッスン会にお越しになったD様から

 「ドライバーをコントロールする
  レッスン会お願いします。」

という希望がありまして、
事務局と協議をして開催が決定しました。

内容も詰めまして、まずはレッスンを過去に受けた
リピーター様にメールを事務局から送りました。

メールの送信は夕方あたりだったそうなんですが、
次の日の朝に、ゴルフライブの事務局から
電話がかかってきました。

梶川 「はい、梶川です」

事務局「梶川プロ、お忙しいところスミマセン。
    今、ちょっとお時間よろしいですか?」

梶川 「はい、どうぞ」

事務局「実は、昨日例のドライバーのレッスンのメールを
    送ったんですけど、
    あっという間に締め切ってしまいまして…」

梶川 「あっ、そうなんですか。スゴイ人気ですね…」

事務局「ええ、ドライバーのレッスン会だけが
    あっという間に埋まってしまいました。」

梶川 「それはよかったです」

事務局「それでご相談なんですが、
    午前中のバンカーレッスンがまだ申し込みがないので
    この枠をドライバーのレッスンに変更したいんですが、
    よろしいですか?」

梶川 「ああ、そういうことですか…
    もともとこの日はレッスンの日にしたので、
    そのへんはゴルフライブさんにお任せしますよ」

事務局「本当ですか!
    そうしていただけると、参加者の方もきっと喜びます。
    どうもありがとうございます!」

シャドーよりも人気に…

そんなやりとりがありまして、
ドライバーコントロールレッスンを2枠、
開講することになりました。

僕のメインでもある
シャドースウィングレッスン会よりも
人気のレッスンになってしまいました。

ですが、その人気の理由は
よくよく考えてみると僕もとてもよくわかります。

なぜかというと、ほとんどのアマチュアの方は
ドライバーを14ホールで使います。

そして、OB、池や林とすぐにスコアを落としてしまう
罠にかかってしまいます。

つまり、このドライバーがスコアメイクの
最初のポイントと思っている方が多いという事ですね。

確かに、僕らプロでも
ラフの深い試合などは、フェアウェイキープが
スコアメイクのポイントとなってきます。

レッスンは好評でした

さて、肝心のレッスン会ですが、非常に好評で
参加された方はみんな、ドライバーコントロールの
精度を上げていく感覚をつかんで頂けたようです。

Tさんには
「こんなに真直ぐ打てるの初めてです!」
と言っていただけましたし、

Dさんからも
「このボール、コースで使えますね!」
と言って喜んで頂けました。

その好評ぶりを事務局にも伝えたところ

 「梶川プロ、これからもどうか
  ドライバーコントロールレッスン会を
  開催させてください!」

とお願いされてしまいました。

また、その他にもお客様からは

 「ドライバー飛距離アップレッスン会を開いて欲しい!」

というご意見も頂いています。

プロゴルフ界でも、
最近は若手の飛距離がすごいです。

僕自身ももちろん飛距離アップの努力、
飛距離が今より落ちていかない努力は続けています。

しかしながらツアープロのやっている練習方法なので
カンタンといえばちょっとウソになってしまいます。

なので僕が、

 「暑い季節は体が持たないといけないので…」

と事務局に伝えたところ、

 「だったら涼しくなる秋口ぐらいに開催しましょう!」

と言われてしまいました。

その時はまた事務局から案内が行くと思います。
ですので、ご興味のある方はもうしばらくお待ちください。

追伸

先ほどもちょっと書いた私の十八番
「シャドースウィングを極める」
の教材がキャンペーン中とのことです。

実は、シャドーをちゃんとやれば、
ドライバーの方向性もよくなりますし、
飛距離だって伸びるんです。

なので、僕としては本当は、
ドライバーよりも先にこちらをオススメしています。

今なら期間限定の特別価格とのことですので、
よろしければこの機会にご覧になってみて下さい。

http://g-live.info/click/kjks160712/

 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

ドライバーコントロールレッスン会を開催」への4件のフィードバック

  1. Y.IWATA

    ドライバーレッスン楽しみにしていたのですが、急な仕事で大切な一枠つぶしてしまい、すみませんでした
    秋のレッスン会を期待しています。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      IWATA様

      おかげさまでドライバーレッスン会も好評を頂けました。
      今後もスコアアップにつながり、喜んでいただける企画を事務局と考えていきます。
      また、お待ちしております。

      返信
  2. たなか

    梶川プロ、先日はありがとうございました。

    シャドウスイングレッスンとドライバーコントロールレッスンのダブルヘッダーでしたが、それぞれに有意義なレッスンでした。

    シャドウスイングでは、日ごろ1人でやっている時の疑問とか動きの修正をしてもらい、すごくためになりましたし自分のやっている事に自信を持つことができました。
    ドライバーコントロールでは、常にフルスイングを考えてしまうのがドライバーの常でしたけれど、道具の一つと考えればフルスイングしなくてもコントロールできるスイングで使う事も有りなんだという考えに至り、目から鱗でした。

    狙った所に飛ばせることを目下の目標に実践と練習を積んでいこうと考えています。

    返信
    1. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      たなか様

      新潟から2度目のレッスン会ご参加、そして今回は2枠続けてのご参加、大変嬉しく思っております。
      シャドースウィングも実際のショットも前回よりはるかに良くなっていました。
      今後も同じように続けて頂ければスコアも良くなってきます。頑張って下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。