力みを取って飛距離を伸ばす方法

2017.02.11
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「力みを取って飛距離を伸ばす方法」

についてお話しようと思います。

身体の無駄な力が抜けて、おまけに飛距離が出たら、
これほど嬉しいことはないですよね~(∩´∀`)∩ワーイ

今日はそんな方法についてです。

最初に、あなたに質問です。

「力んでいる」って言いますが、
具体的に身体のどこが力んでいると思いますか?

年齢とともに。。。(泣)

こんなご相談をいただきました!
 


> 年齢と共にダフりの回数が増えた気がします。
> ドライバーの飛距離が落ちた分、
> 力んでいるのかな、と思いますが、
> 力を抜くと逆にトップしたり、
> もう、わけがわからなくなっています。
 

なるほどお。。。

「力みを取る」「力を抜く」と言うと、
よくある誤解が。。。

 「全身の力を抜いてしまう」

この誤解がとても多いかもしれません。

「力を抜け!」とかいう話は、よく聞くと思います。

ですがこれって、アドバイスとしては
ぜんぜん具体的じゃないんです!
 
 

「じゃあ、どうすればいいのか。。。?」
はい、それはズバリ

 「上半身の力を抜く」

もっと具体的には、肩とか、腕とか、
あとは特に握りの強さですね。

力を抜くその前に…

なんですが、この上半身の力を抜く前に、
この方にはまずやっておいてほしいことがあります。

それは…

 「年齢という刷り込みを取る」

ということです。

この方のご相談の冒頭に、こんな言葉があります。
 


> 年齢と共にダフりの回数が増えた気がします。

 

もちろん、確かに身体の衰えはあるかもしれませんが、
そうしたことも今は技術やスキル、道具でカバー出来ます。

さすがに今まで以上の飛距離は難しいのかもしれませんが、
今までの飛距離をキープできる可能性なら、大いにあります!

(モンゴ断言!)

では、そもそもなぜこの刷り込みを取りたいのかというと、
 

 「年だから、もっと力を入れないと
  ボールが遠くに飛ばないんじゃないか。。。?」

 

このような考えが頭に浮かんでしまう可能性が高くなります。

「もう年だから」が先に来ると上半身、真っ先に意識が行きやすい
「手」に、どうしても力が行ってしまうわけです。

こうなるともう「手打ち」ですから、
どうしても悪循環に。。。(つд⊂)エーン

そもそも力みを取ることが、難しくなってしまうんですね。
 

ということで、これはもう意識の問題になってしまうんですが、
「年齢で飛ばない」という刷り込みは、取り去るようにしましょう。

他のところに力を入れる

その「年齢で飛ばない」という
思い込みを取り去った上で、なのですが。。。

上半身に力が行かない方法として有効なのが

 「丹田(たんでん)に力を入れる」

丹田というのは、へその下三寸(約9センチ)にあると言われ
気が集まるとされている場所です。

臍下丹田(せいかたんでん)なんていう言葉を
あなたも聞いたことがあるかもしれませんね。

(臍下とはまさに「おへその下」という意味です)

丹田に力が入っていると、何より身体の軸が安定します。

そして、一個のことに意識を集中していると
不思議なことに他の部位(この場合は手や肩など)に
力を入れようという気にならなくなってきます。

あなたもよくご存知の通り、
ゴルフというのは瞬間のスポーツです。

その瞬間に、上半身のどこに力を入れて、手首を曲げて、
よし、今だ、左股関節を入れて、お腹を回して。。。

そんタイミングごとに何をやるかなんて考えていたら
何をやればいいのかが、逆にわからなくなるはずなんです。

なので、力を入れるのは丹田。
 

そしてあとは、下半身でも力を入れられる場所もあります。

足であれば太ももだけとか、
ふくらはぎだけとか、足の指とか。。。

(足の指は力を入れる人、入れない人がいるかもしれません)
 

とにかく丹田に自然と力を入れられるようになると、
ゴルフのみならず、スポーツは安定してくると言います。

運動が出来る方というのは、小さい頃から
野山を駆け回ったり、木登りしたりして、知らず知らずに
無意識のうちに、力が入りやすくなっているようです。

とはいえ、普段から丹田に自然と力が入る練習を
しておく必要はあります。
 

ダフったり、トップしたりということについても
見てみないとわかりませんが、飛ばないと思っているから
そのようになっている可能性があります。

クラブに当てようとして上下動、特に下がる動きが入って
ダフったりトップしたりしている可能性ですね。
 

最後に。。。

年をとると力が減るとおもうかもしれないが大丈夫!
きっと今のあなたでも十分に力はあります。

カリスマ徳嵩フィッターのメルマガにも
同じことが書いてあるのを見ましたが、
ゴルフをしているみなさんは、意外と元気です!

そうした元気を前提にして、まずは力を抜くこと。
そして、丹田。

そのへんに気をつけてやってみて下さい!

追伸:モンゴのキャンペーン実施中!

ゴルフライブの事務局さんが、
この前モンゴが雑誌に載ったのを記念して、
キャンペーンをやってくださってます~(*´∀`)♪

http://g-live.info/click/mongo-a1702/

モンゴのアプローチDVD。。。
2/15(水)まで限定だそうなので、よろしければのぞいてみてください!
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: ドライバー, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

力みを取って飛距離を伸ばす方法」への4件のフィードバック

  1. 田沼 宏之

    今日は大変含蓄のあるお話でした。「年齢で飛ばない」という思い込みを取り去れ。そういう思い込みがリキミを産む。
    代わりに「丹田に力を入れよ」。
    これからしっかり胸に入れて実践していきます。73歳の中途半端なゴルファーより。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      田沼 宏之さん、ありがとうございます(^^)
      ゴルファーでしたら飛ばしたくなりますよね!そうなると、嫌でも力は入ってしまいます(^-^)
      それなら【力を入れて良いところ】に力を入れちゃえば、適切なリラックスが得られます!
      是非、楽しみながらお試しください!

      返信
  2. 高橋 傳 74歳

    丹田に力を入れよ!
    70歳になったら、急激に飛距離が落ちだし、ナイスショットで200ヤードになってしまいました。
    丹田に力を入れよ!とのアドバイスは初めて聞きましたので、騙されたつもりでやってみます。
    ありがとうございました。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      高橋 傳さん、ありがとうございます!
      200ヤード飛ばしてらっしゃることに驚きました(^^)素晴らしいです!
      飛距離を求めるとどうしても、上半身(特に両腕)に力が入ってしまいますよね。
      力を抜かなきゃ~!と思えば思うほど意識してしまいますので、余計に力が入ることが多くなってしまいます。
      ですので、あえて違うところに意識を向けて力を入れると、徐々にではありますが、力は抜ける様になります。
      しかも、スポーツ(武道)に共通しているのは、丹田を意識する事が重要だったりしますので、土台である下半身(丹田)に力を意識的に入れられると、土台の安定も生みます。
      土台が安定すれば、思いっきり振っても軸は安定しますよね!
      ぜひ、二ヵ月は習慣として行ってくださいませ!
      いつもありがとうございます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。