あなたは「一人ゴルフ」していませんか?

2016.11.29
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

本日は私がキャディをしていた時代に出会った、
二人のゴルファーについてお話したいと思います。

そのお二人は常連のお客様で60歳前後の男性でした。
仮にAさんとBさんとします。

ふたりともスコアが100をきるか切らないか、
といった似たり寄ったりな方たちでした。

ゴルフ場に来るのは、仕事がない休日の午前中からラウンドし、
お互い月に2回ほどいらっしゃっておりました。

ラウンド中、お二人にお話を聞いてみると、
練習量、ゴルフ歴もさほどかわりませんでしたが、
どちらもスコアが伸びずに悩んでいました。

数ヶ月後のこと

Aさんはみるみる上達し、
安定して90台を出すことが出来るようになりましたが、

一方でBさんは、90台はおろか、
100を未だに切れていなかったのです。

ラウンド中の彼らを見ているとそこには。。。

大きな違いがありました

Aさんはラウンド中、ミスショットをしても、
屁とも思わず常に笑顔でラウンドをしていたのです。

キャディをしていた私にもとても優しく、
ホールアウトしたらピンを持ってくれたりしてくださいました。

また、同伴のプレーヤーにも優しく、
他人がミスをした時に、ドンマイと優しく声をかけてあげたり、
率先して一生懸命走り回りながらボールを探していました。

一方でBさんは他人のゴルフに興味がなく、
興味があるのは自分のゴルフだけ。

自分がミスショットをすると明らかに不機嫌になり、
空気を凍らせる。

握りゴルフをしていて、
相手の見ていないところで、
手でボールをいいところへ出してしまったり、
スコアを誤魔化してしまうなど好き放題やっていました。

もう一度言いますが、
上記の二人はスコアもトントンで、
練習量もゴルフ歴も大した差はありませんでした。

この二人の明暗を分けたものは、何なのでしょうか?

何がこの違いをもたらしたのか?

コレだけのこと?と思うかもしれませんが、
それは「他人のゴルフに興味を持つ」かどうかなんです。

Aさんはスコアアップの為に、
もちろん一人のときも必死に練習していました。

ですが、ラウンド中も、
同伴ゴルファーのゴルフに興味を持って
よく「見ている」んです。

Bさんだって、必死に練習していたでしょう。
もしかしたらAさんよりもストイックに練習していたかもしれません。

ですが、他人のゴルフに全く興味がなかったのです。
「自分が良ければ全て良し」と言った感じで、
自らナイスショットがでたら喜び、ミスしたら怒る。

他人の順番が回ってきても、全く気にせず、
次に自分がどうすればいいか、ということしか考えていなかったのです。

あなたはどちらのゴルファーになりたいですか?

このお話に上げたお二人は、
ちょっと極端だったかもしれません。

ですが、本当にあったことなのです。

あなたも気づかぬうちに、
「一人ゴルファー」になってはいませんか?

私だって、自分のプレーに納得行かず、
憤ることもあります。

誰だってそうだと思います。
プライドを持って必死に練習をしてきたあなたなら、
なおさら思ってしまうこともあるでしょう。

実際にそんな状況に立った時、
「近藤からこんなメールが来てたなぁ」と
思い出していただけたらうれしいです^^

同じようなレベルのゴルファーであっても、
他人のゴルフにも興味を持ってあげることだけで、

ゴルファーとしての格や、
スコアが目に見えるほど、
不思議なくらいくっきりと明暗が別れてくるのです。

私は小さなミスだって笑い飛ばしてしまえるほど、
心の広いゴルファーになりたいと思っています^^

なので、Aさんのような心が広くて、
周りに元気を与えていけるようなゴルファーは本当に尊敬しています。

あなたが尊敬するゴルファーはどんな人ですか?
どんな人間になりたいと思っていますか?

ぜひ、考えてみて、私におしえていただけませんか?

公の場で発言することは、
ちょっと恥ずかしかったり、するかもしれません。

ですが、公の場でこそ、発言すると、

そのように意識が向いていくことによって、
なりたい自分になっていくものだと
私は考え実践してきました^^

あなたの熱い気持ち、ぜひ聞かせてください。

では、またメールします!

近藤


<本日のオススメ>

数量限定!

パッティングの際に、
色々考えすぎて、結果外してしまう・・・

パターを変えてみたいけど

本当にこれで良いのだろうか・・・


理論上100%パターが上達する
超・裏技パターはこちら

http://g-live.info/click/bio1611/

※数量限定・売切れ次第終了

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: 100切り, スコアアップ, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

あなたは「一人ゴルフ」していませんか?」への4件のフィードバック

  1. 田沼 宏之

    近藤コーチの話はいつも人間として真摯な姿が伝わり、若いのにたしたものだと感心してきました。
    今回もとても、人生全般にも関わる意義深い内容だと思います。
    小生は、「また、一緒にラウンドしたい」と云われるゴルファーになりたいと常々思っていますが、
    ついつい、一人旅のゴルフをしてしまっているようです。
    また、「他人のショットの際、必ずボールを見てあげる」というのは、基本中の基本と教わりましたが、
    これとてもついつい怠りがちな自分を自分を見出しており反省の日々です。
    今日は好天のなか、コースで出てきましたが、「一緒にラウンドしてくれる友に感謝」することはできたかと思っています。
    73歳老人のゴルファーより

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      田沼様

      熱いメッセージとありがたいお言葉本当にありがとうございます。

      朝、神田スタジオへ向かう電車の中でメッセージを拝見し、大きなエネルギーをいただきました。

      ゴルフができる事、好きな事を仕事にできること、最高の仲間に囲まれている事に日々感謝しております。

      田沼さんの温かいお言葉に、報いれるよう、これからも真摯にゴルフに向き合っていきます。

      そして、もっともっと多くのアマチュアゴルファーの悩みを解決し、
      笑顔を増やせるよう努力してまいりますので、

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      返信
  2. 千葉ちゃん

    私も、プライベートコンペ、一人予約で見知らぬ方とラウンドした時には、相手のショットをまず褒めます。ミスしたらどんまいと声をかけています。社交性のスポーツですゴルフはなかなか自分だけのプレーに集中というわけにはいきません。常に相手を思いやる気持ちで接しています。これがゴルフのだいご味ですね。

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      千葉ちゃん様

      コメントありがとうございます!

      「相手を思いやる気持ち」
      とても素晴らしいですね。

      千葉ちゃんさんのようなゴルファーが増えたら、常にゴルフ場は笑顔で溢れると思います。

      最近は「一人予約ゴルフ」も増えてきています。
      ゴルフを通じて知らない方と友達になるって素敵なことだと思います。
      そんな時一人一人がその組の雰囲気を作る役割を担っていますよね。
      個人プレーのようで、実はチームプレー、そんな風に感じます。

      これからも素敵な仲間を増やし、ゴルフを楽しんでいってくださいね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。