プロゴルファーの技術を目で盗む方法

2016.12.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

1日(木)より東京よみうりカントリークラブで行われた
国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

ある生徒さんは近くに住んでるということで
実際に観戦に行ったそうです!

生徒さん「小原さん、JTカップ見に行ってきましたよ!」

小原「お!羨ましいですね~!どうでしたか?」

生徒さん「そこら辺にいるプロ達に心を奪われ興奮しっ放しでした!」

・・・そう語る生徒さんは実に楽しそうでした。

いつもTVで見ているプロが目の前にいる高揚感、球筋にスイング。
ゴルフファンはやはり1度は生でそのプレーを見るべきだと思います。

とはいえ、
開催地や時間の問題でなかなか観戦にいけないのが現実。

TVで放送されているゴルフの中継で楽しんでいる方が
ほとんどですよね。

では、みなさんはゴルフの中継
どんな視点でみているでしょうか?

「やっぱりプロはすごいな」
「あ、プロでもこんなミスするんだ。」
「このスイングマネできたらな」

好きなプロを応援する気持ちと

石川選手のように!谷原選手のように!
自分もあんなスイングを真似したい!

という気持ち生まれたりするのではないでしょうか?

では
わたしたちが憧れのプロのスイングを真似することは
プラスになるのでしょうか?

プロゴルファーとの習慣の違い

そこで考えたいのが
プロの世界の人たちの習慣と一般ゴルファーの習慣で大きな違い。

答えはいろいろあると思いますが、
私が一番大きいと思うのが練習の割合だと思います。

プロゴルファーは
それが仕事ですから生活のほとんどをゴルフに費やします。

オフの日を除いてほとんど練習をしています。

寒い冬は暖かい南国でゴルフ合宿を行ったりもします。

プロゴルファーになれる確率は0.02%。
東大に合格する確率は0.44%という事ですから・・・

どのくらい練習しなければならないのか
ご理解頂けたのではないでしょうか?

一方で我々は?
そんな練習の時間は・・・ありません。

男子プロは体の付き方もアスリート。

遼君のようなスイングをしたいと思っても
ヘッドスピードも力も全然違います。

プロゴルファーの真似をすることが
いかに難しいかわかりますよね。

だから、プロゴルファーみたいなスイングがしたいなら
もっと練習の時間を取りましょうね。

・・・ということではありません。

プロゴルファーみたいなスイングを目指すのは
難しいかもしれませんが、
あなたのゴルフに取り入れられることはいくつかあります。

では参考になる点は?

例えば
男子より女子プロのほうが参考になるという声は良く聞きます。

女子ゴルフファーは小さい力で飛ばすので
リズムだったり、力の使い方はとても参考になります。

例えば、
アンソンジュ選手や
北田瑠衣選手は打ち急ぎしない打ち方ですので
アマチュアゴルファーでも参考にしやすいのではないでしょうか。

またプロのルーティーンも1つ参考になります。

あるプロは大きなワッグルにより、
インサイドからクラブを下ろすイメージを作っています。

これはアウトサイドからクラブが下りてきてしまう
多くのアマチュアゴルファーに真似してほしいルーティンです。

自分の好きなプロのルーティンを参考にするのもいいと思います。

色々なルーティンがありますが
全部取り入れると混乱しますので厳選しましょう。

厳選したら自分もそのルーティンを真似し、
合わなそうなら変えて良さそうなら取り入れていきましょう。

我々は、プロゴルファーほど練習時間は増やせません。

いきなりアスリートのような筋力を身に着け
力強いスイングを身に着けることは難しいかもしれません。

それなら、自分に取り入れられそうなところに注目してみましょう。

豪快なスイングについつい目が行ってしまいますが
ルーティーン、振る舞い、クラブセッティングなどに
意識を持ってみてはいかがでしょうか?

プロは無駄な事なんて1つも取り入れていません。

そんな意識で見てみると
なんとなくあなたのゴルフの仕方が変わってくるはずです。

お願い:アンケートに協力してください

実は今度、ゴルフライブで私のウェブセミナーを
撮影、収録することになりました。

で、今回事務局から来たお題が「オンプレーン」。

何を話そうかと考えたのですが、せっかくなので
やっぱり読者のみなさんの希望に沿ったことを
お話ししたいなと思いました。

ということで、アンケートという形で
あなたの力を貸して下さい。

アンケートは1分で終わります。
あなたの質問内容がそのまま番組になるかもしれません。

http://g-live.info/click/onp_qa1612/

質問、お待ちしています。
 
 

またメールします。

小原大二郎


<本日のオススメ>
今日(5日)まで:
筋力や運動神経などの要素は一切関係なく
70代でも飛距離20~50y伸ばす方法

夢のようなゴルフライフと
10大特典を無料で手に入れられるのは今日まで
詳しくはこちら

http://g-live.info/click/odr20161129/

 

Facebookでコメントする

プロゴルファーの技術を目で盗む方法」への1件のフィードバック

  1. huruta kouichi

    こんばんは、久しぶりにコメントを書きます、昨日1か月ぶりにラウンドしてきました、孫からもらった風邪もようやく癒え
    春のような天気に誘われ アウト43 イン43で回ることができました、体調はいまいちにもかかわらず、パットが好調で
    なんと1パットが6回 ショットはまあまあでしたが 、、・ ドオライバ-とパタ-でスコアをつくったようなもんです。

    プロとレベルは違うにしてもゴルフはパットでスコアは決まりますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>