「体」お風呂で脳を鍛える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.02.19
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「体・お風呂で脳を鍛える」

というお話をさせていただきます。

今日の内容も、とても短めです。
どうぞ安心してお読み下さい。

あなたにやっていただきたいこと。
それはお風呂場のシャワーの前で
「あること」をしていただくだけ。

たったこれだけで、脳はばっちり鍛えられます。

と、その話の前に。

先に一点、業務連絡です。

3月のワンデーレッスン会、千葉のほうの案内準備ができました。
よろしければ下記よりお申込みの上いらしてください。

残席少ないようなので、お早めにどうそ。

千葉
http://g-live.info/click/ohmlg170306/
 
 

では、話を戻します。

シャワーを浴びるときに

目を閉じたり、片脚立ちなどをする。

たったこれだけのことで、脳はばっちり鍛えられます。

シャワーのいつもの動きを、目を閉じながら
片脚立ちをしながら、やってみるだけです。

目を閉じるとなぜ脳が鍛えられるの?

目を閉じるだけで脳波には、リラックスしたときに出現する
「α(アルファー)波」が出てきます。

目をつぶったり、下の方を見ているだけでも
α波が出てきやすくなるのです。

人の体って面白いですね。

でも、今回のお話はリラックスに関してではなく、
脳を鍛えるという観点でのお話です。

お風呂でシャワーを浴びるときに、
単純に目を閉じてみましょう。

湯船の中で目を閉じてもいいのですが、あまりにリラックスしてしまい、
お風呂で眠ってしまい溺死なんて事故が心配ですので、
ま、シャワーだけにしておいた方がいいでしょう。

目を閉じるというだけで、それまで視覚に頼っていた動作を、
固有感覚という体からの情報だけで
正しく動かなければならなくなります。

そして、固有感覚を向上させると、脳が変化します。

ですから、目を閉じてシャワーを浴びるだけで、
脳が鍛えられます。

そして、その脳の中で発達した部分は、
直接ゴルフのスイングで体をよりうまく使うことに直結します。

たった、これだけなので、ぜひ、やってみてください。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

今から2年前… 私たちゴルフライブは
米国の「幻のパター工房」との異名を持つ

 「Xenon(ゼノン)ゴルフ」

と、日本企業で初の独占契約を締結しました。

あのスコッティ・キャメロンに勝るとも劣らない
非常に優秀で、かつデザイン性が非常に高い
全てが「一点もの」のパター…

Xenonゴルフが今までに生み出した
至高のパターたちはこちらをクリック!

http://g-live.info/click/xenon170214/

※その全てが「一点もの」世界にただ一つです
 
 

「ちょっとちょっと大森さん!
 今日はまたずいぶん手抜きじゃありませんか?」
 

いや、本当にこれだけやっていただければ、
あなたの脳は確実に活性化しますので、
説明としてはこれで完結です。
 

ですが、このへんの脳のメカニズムについて
もっと詳しく深く知りたいという人もいるかもしれないので、
そうした方のために、もう一段深い話をしますね。

では、お時間がある方は、ぜひ続きをどうぞ。

固有感覚とは?

固有感覚とは、自分の体のポジションや速度とか
力の状態を感じる感覚のことです。

関節や筋肉、腱にはセンサーがあり、
そこからの信号を検知して位置を感じ、
位置の変化で速度を感じたり方向を感じることができます。

固有感覚により、どこの関節がどれぐらい曲がっているのかとか、
どこの筋肉にどれぐらい力が入っているのかとか、
どこの部分がどれぐらいの速さで動いているのかを感じることができます。

固有感覚と人の脳力の関係

固有感覚と人の脳の能力には密接な関係があります。

膝の関節を動かせなくなった人に自分の絵を描いてもらうと、
膝関節が描かれていないということもあります。

ですから、固有感覚はイメージ力と密接につながっています。

人が話せるようになることと、描く絵の関係が連動しています。

まだ話せないうちは、ペンと紙でなにか描かせてみても、
意味のない形だけとなります。

像に絵を描かせるなんてありましたが、
あれは決まった形を描かせる調教の結果とも言われます。

そして、単語を発するようになると、
今度は、物の形を描けるようになります。

そして、単語から文を話せるようになると、
今度はおとうさんとおかあさんと私みたいな、
意味のある絵を描けるようになります。

言葉の獲得とイメージの関連は、
脳科学的には認められています。

同じように、固有感覚とイメージも関連しています。

イメージと固有感覚を一致させる

ゆっくりシャドースイングなどを行なうと、
イメージと固有感覚を一致させる訓練となります。

そして、動きを言葉にして表現できることで、固有感覚が強化され、
より精密に体の動きを感じることができるようになります。

そうすると、実際のスピードでのショットでも、
固有感覚とスイングのイメージがだんだん一致
してきます。

ようするに、正しく自分の体の動きや
ポジションをイメージできるようになります。

ということで、ゴルフにとっても固有感覚を
磨きあげることはうまくなるための近道となります。

シャワーって実はすごい

さて、ここまでで固有感覚について理解したところで
シャワーの話に戻ります。

固有感覚の強化は、
お風呂で目を閉じてシャワーを浴びていてもできるのですから、
さっそくやらない手はありません。

しかも、シャワーということは、シャワーの出口から出てくる
温水の吹き出すイメージをシミュレーションしながら、
片方の手で狙うべきところにシャワーを当てます。

ま、シャワーを固定してそこに体をもっていくという浴び方が
ほとんどかもしれませんが。

シャワーを手に持つと固有感覚はより強力に鍛えられます。

そして、洗うべきところに効率よくシャワーが当たるように
シャワーを持つ手を調整し、もう一方の手ではきっちり洗う動きをします。

手の動きでは脳の中でも比較的広い領域を使います。

ですから、この左右ばらばらの手の動きで
シャワーの水流までシミュレーションしながらの動作は、
なんでもないようで脳にとっては多くの部分を動員する動きとなります。

また、動きをシミュレーションしてくれるのは
脳の中でも小脳の機能です。

小脳は、筋肉群に対してどんな信号を送ったらどんな風に体が動くのかを、
実際に信号を発する前にシミュレーションします。

その結果、最適な体の動かし方にそった信号を発します。

シミュレーションで小脳を鍛え、
目を綴じて正確な狙いを付けるために固有感覚がアップします。

固有感覚をアップさせていると、脳の大脳皮質の感覚野で該当する部分が
3倍近くにまで肥大するという報告もあります。

大脳皮質の可塑性、ようするに増えたり、
損傷した部分を修復することができるということですが、
これが実際に起きます。

脳可塑性は、つい最近まではありえないとされていましたが、
1998年11月のスウェーデンのサルグレンスカ大学病院の
ピーター・エリクソンとソーク生物学研究所のゲージらの発表
「高齢者の脳でも神経細胞が発生している」で定説がくつがえされました。

筋肉とか腱や関節にあるセンサーが敏感になるというよりは、
脳が変化することで、固有感覚がアップします。

目閉じ以外にもある

目を閉じる以外に、できるだけアンバランスな状態で
運動することも固有感覚を向上させます。

実は、私はシャワーを浴びながら、片脚立ちで、
脚などのリンパマッサージをやっています。

私がやっている片脚のリンパマッサージは約1分かかります。

その1分間片脚立ちのままリンパマッサージをやりつづけます。

そして、目も閉じています。

ほんとうはリンパマッサージは湯船で横になってやったほうが、
下半身にとっては重力でリンパを流せるのでより効果的なのですが。

わたしは、片脚立ちシャワーの難易度アップのついでに
リンパマッサージをシャワー中に行なっています。

そして、同時に頭の天辺にシャワーが直接当たるように調整しながら、
その頭から流れる温水がリンパマッサージしている部分に
到達するように微妙に調整しています。

これは、単に片脚で立つということに比べ、
かなり精度良く体を動かすことになります。

片脚立ちのすごい効果を実感

昔、スキーのアルペン競技をやっていたときの私のトレーニングで
一番効果があったこと、それは、公園の手すりの上での片脚スクワットでした。

両脚よりもより負荷を重くできるという観点もありますが、
スキーのようにバランスが重要な競技ではアンバランスな状態で鍛えたほうが
効果があるのではとふと思ったことがきっかけでした。

そして、この手すり上片脚スクワットをやりはじめたシーズンからの成績が
なんだか知らないのですが、アップしたのです。

今思えば、片脚でのアンバランスな状態が固有感覚を向上させてくれることに
一役買ってくれた結果だったのです。

いずれにしても、お風呂ならさあトレーニングだと
気合いを入れなくても、いいですね。

毎日入るお風呂場で脳を鍛えることができるなら、
地道に鍛練を続けることができます。

そんな自然に続けられるための格好の場として、
お風呂場を最大限に活用したいものです。
 

こうした脳科学的な話も、
私のレッスンでは適宜紹介しています。

よろしければ、レッスンはこちらからご参加下さい。

千葉
http://g-live.info/click/ohmlg170306/
 
 

これで、今日は本当のおしまいです。

では、また。
 
 

<本日のオススメ>

今から2年前… 私たちゴルフライブは
米国の「幻のパター工房」との異名を持つ

 「Xenon(ゼノン)ゴルフ」

と、日本企業で初の独占契約を締結しました。

あのスコッティ・キャメロンに勝るとも劣らない
非常に優秀で、かつデザイン性が非常に高い
全てが「一点もの」のパター…

Xenonゴルフが今までに生み出した
至高のパターたちはこちらをクリック!

http://g-live.info/click/xenon170214/

※その全てが「一点もの」世界にただ一つです

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 脳科学 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

「体」お風呂で脳を鍛える」への6件のフィードバック

  1. 藤村泰夫

    いつも解りやすい細かい解説で勉強になってます‼
    現在sw15ycの練習をしはじめたばかりですが、たまに
    ブルショットしようとすると、力んで軽いショットができきできません。
    どうしたらいいでしようか?ひたすら小脳が覚えるまで、練習でしようか!!?

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      Q:「フルショットしようとすると、力んで軽いショットができきできません。どうしたらいいでしようか?ひたすら小脳が覚えるまで、練習でしようか!!?」

      SW15yCをやりながら時々、いきなりドライバーでフルショットをp3〜5発打ってみます。それで、どう変わったかをチェックしてみます。それを繰り返せばいいのです。

      また、9番アイアンで50〜70yキャリーさせるショットを打ってみます。スイングの幅はできるだけフルショットと同じぐらいいして、リズムだけをゆったりさせてキャリーを抑えます。このリズムをゆっくりにすることで、どんな動きをしているのかが実感できて、力みを取り除きやすくなります。

      返信
  2. あきひろ

    大森コーチ おはようございます。

    冬の寒さと日々の忙しさに負けてしまい練習場には行けてないのですが、SWを持って15yCのイメージで素振りをしてみたり、肩甲骨ストレッチは欠かさないようにしています。
    先々週位から何か日々の動きの中で出来る事は無いかと「歯磨き」の際に両踵を上げて全体磨き、上下の仕上げ磨きには片足(左右はランダム)を上げて磨くというのを始めました。
    今回のコーチの記事を見て間違えではなかったなと思っております。
    慣れてきたら閉眼も取り入れたいと思います。
    目を閉じてのシャワーを昨夜早速やってみました。
    片足立ちは無理でしたが徐々にチャレンジしていきたいと思います。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「徐々にチャレンジしていきたい」

      そなんです。できることからすこしずつでもいいのでやりはじめることが大切ですね。

      返信
  3. 芝刈り名人

    大森コーチへ

     大森コーチが推奨して下さるゴルフに有用な運動やストレッチは、殆どが毎日の生活の中にある場面々で出来るものなので、無理なく続けられ、肩甲骨の柔軟性や太ももの筋肉の強化にとても役立っています。起床時のベッドの上とかトイレ、お風呂、ウォーキングどれもが生活に密着している中で自然に出来て、継続する事が容易で気が付けば毎日の習慣になっています。
    今年のゴルフ目標達成のための実践項目の一つに、『ストレッチ&筋肉強化の日々実践』がありますが、元日から一日も休まずに継続できています。
    今日紹介して下さった『目をつぶって片足立ち』をお風呂のシャワーとズボンの履き替えの時に付け加えようかと思います。
    この二つも日常の中で必ず行う動作で、無理なく続けられそうです。

     若いころ、健康器具を購入しては、三日坊主でお蔵入りしていたことを考えると、継続しやすい環境のもとにストレッチや筋肉強化の体操を行うって本当に合理的ですね!
    大森コーチの慧眼に脱帽です。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「継続しやすい環境のもとにストレッチや筋肉強化の体操を行うって本当に合理的」

      ほんと、そうなのです。選手などが契約しているトレーナーがいろいろトレーニングメニューなどを伝えているのですが、これってほんとにツアーでホテル生活なのに継続できるんだろうかとつくづく思ったものです。

      また、私自身も一会社のコマとして働いているときに、普段の生活の中で鍛えなければ、ライバルたちに勝てないことを身にしみて経験しています。

      そのようなことを総合して、普段の生活を見直すと、以外にしっかりトレーニングや体のケアができるものなのです。そのようなコツをできるだけ多くの方々にお伝えでき、実践していただけたら、私も最高にしあわせです。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。