フィッティングを受けるのに後ろ向きの方へ

2017.05.11
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「フィッティングを受けるのに後ろ向きの方へ」

という話をしたいと思います。

あなたにとって最適なクラブを選んでいただいて
ベストスコア、あなたの目標を達成していただきたい。

常に自分はそんな気持ちで
この仕事をさせていただいています。
なんですが。。。

こんなお手紙をいただきました

> 自分のスイングに合ったクラブを見つけられたら
> もっと良い球が打てると思いますが、
> スイングも、タイミングも日によって
> 違っているような気がするので、
> ある時点でフィッティングしても意味がないと思っています。
>
> 以前お話に出てきた「クラブに合わせる」派でしょうか。
> パターでも良い感じなので買ってもすぐ合わなくなるように。。。

 

どうもありがとうございます。

お手紙を読ませていただく感じだと、
フィッティングには後ろ向き、という感じでしょうか。
 

で、こんなことを言うと誤解を受けるかもしれませんが。。。

正直な話、自分としては全てのゴルファーが
フィッティングを受ける必要はないとは思っています。

フィッティングを受けるも受けないも、
あくまで個々のゴルファー選択ですので。。。
 
 

ですがここで改めて、
ゴルフ上達の本質を確認させていただきますと
 

 「正しいスイングを身につける」
 

これが基本的に上達が一番早いルート、
効率のいい上達の近道になるわけです。

(この場では何度も申し上げていることですが)
 

きっとだからこそ、あなたはこうして
このゴルフライブのメールマガジンで
レッスンメールやビデオを見たりしているわけですよね?

ゴルフスイング、上達の本質

そして、正しいスイングを身につけるためには、
これも再三お伝えしているように
 

 「自分の持っているクラブのドライバーから
  サンドウェッジまでが同じスイングで振れること」

 

すなわち
 

 「スイングの形、力加減、リズムが
  フルショットでどのクラブでも同じように振れること」

 

これが上達の近道、ということです。
(これも改めて確認です)
 
 

そして、この前提に立つとすると、
今回のご相談のお手紙の方のように、
毎回違うように打っているというのは。。。

ゴルフというスポーツ、スイング上達の本質から
ある意味ズレてしまっている、とも言えるかもしれません。
 
 

ちょっと厳しい言い方になっていたらすみません。

ですがこればっかりは、実際にクラブとスイングを
見せていただかないことには、何とも言えないところです。

もしかしたら、実はクラブがバラバラで、
毎回同じように振っているのに望ましくない結果、という可能性も
決してゼロではありませんから。。。

バラバラなのはスイング? クラブ?

ちょっとここからはややこしい話になるかもしれませんが。。。
少しあなたを混乱させてしまいそうなことを言います。

(でも、ゆっくり読んでいただければきっと大丈夫です)

もしかしたら、この質問者さんは
「スイングがクラブごとにバラバラ」と言っていますが
 

 「実は、スイングは“毎回同じ”なのかもしれない。。。」
 

という可能性があるということです。
どういうことかと言いますと。。。
 

 「同じスイングでもクラブの流れや性能の違いが球筋に出て
  それを同じ所へ飛ばそうと意識するあまりに
  スイングを分けてしまい、毎回スイングが定まらない可能性がある」

 

ということです。

この場合、ゴルファー自身が結果だけ見れば
ボールの方向性が荒れていて「同じように振れていない」
「クラブに合わせている」と解釈するかもしれません。

ゴルファーの側から見ると「スイングがバラバラ」。

でも、クラブの側から見れば「クラブがバラバラ」ということです。

これが、先ほど私が先ほど述べた
「スイングは毎回同じ」の意味です。
 
 

この話は、もともとの原因(ゴルファー? クラブ?)が
入り組んでいるので、話としてはわかりにくいかもしれません。

ですがたった一つ、ここで私が言いたいのは、
 

 「もしクラブのせいで、そんなことになっているなら。。。」

 「本人がちゃんとゴルフをやっているのに、
  思うような結果が出ていないとしたら。。。」

 

これほどもったいないことはないとは思いませんか?
ということです。
 

結果だけを見れは「良くない」で片付けてしまっても、
その良くないがなぜ良くないのか?

100%、ゴルファーである自分のせいなのか?

あるいはそれとも、クラブが多少の悪さをしているのか?

これらのことを知っておくことは、
今後のゴルフにおいて、決して悪いことではないと思うんですね。

もちろんこれについては、実際見てみないと
どちらが真実かはわかりません。
(本当に悪い動きをしている可能性もあります)

ですがフィッティングを受けていただくだけで
その真実が、かなりの確率でわかるようになります。
 

ボールの行方という結果を見ているだけではわからない
(見た目は同じように見える)ことの根本を見極められるのが
フィッティング、ということになります。

フィッティングを受けるのも受けないのも自由です。

ですが、あなたが思っている以上に、
クラブがスイングに影響を与えているということを
最後に付け加えておきます。

追伸:フィッティングのご案内

あなたがもし、フィッティングを受けていらっしゃらないのなら、
チーム小原スタッフが「徳嵩メソッド」で
あなたのクラブをフィッティングする企画があります。

下記のフィッティングは私は担当しませんが
「徳嵩メソッド」を受け継いだフィッター陣が
あなたをフィッティングします。

枠は限られていますので、ぜひ受けてみて下さい。

http://g-live.info/click/fitkanda170316/

場所が都内(神田)ですので、千葉に比べてアクセスも良好です。

もしフィッティングに興味がある方は
ぜひこの機会に受けてみることをオススメします。

追々伸:神戸でフィッティング会を行います

先日も一部の方にご案内しましたが、
来週、神戸でフィッティング&レッスン会を行ないます。

5月20日(土) in 神戸

http://g-live.info/click/kb170510/

今年は神戸よりも西でフィッティングの予定はありません。
この機会を逃さないようにしてください。
人数には枠があるのでお早めに。
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

あなたのアイアンショットに朗報!
実は、たった1つのポイントを抑えるだけで、
ダウンブローは簡単に打てるようになります。

あなたがたとえ100切り前のゴルファーでも
これを使うだけで、あこがれのダウンブローで
アイアンのナイスショットが連発できます。

http://g-live.info/click/kts170509/

※近藤プロの生誕記念日に合わせて再入荷!
 「80本限定」のご案内です

 

Facebookでコメントする

フィッティングを受けるのに後ろ向きの方へ」への2件のフィードバック

  1. 佐野 均

    先日ゴルフパホーマンス神田店にてフィッテイングをしていただきました。私は年齢を重ねるほど軽いクラブがよいと思い昨年購入したクラブですが、軽すぎるとの診断結果でした。むしろ重みを感じながら振れるほうがよいとのことでした。結果を受けて全てのクラブ(ウッドでアイアン共)にウエートをつけたところフォームが安定し、アプローチの距離感がもの凄くよくなり今日2回目のラウンドでは大叩きがなくなり、スコアも100から2回共90前半になりました。診断して戴いて本当によかったです。ありがとうございました。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      佐野均様
      嬉しいご報告いただき、どうもありがとうございます。
      フィッティングをして、クラブでゴルフが変わる事を理解して頂けて良かったです。
      年齢を重ねると重くする事に抵抗があって、なかなか踏み切れないものなのですが、佐野様の今回の判断の方向性は正しいと思います。
      またその後の結果が出ましたら聞かせて下さい!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。