泥臭いという言葉のウラ側にあるもの

2017.06.28
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

天気が不安定な日々が続いておりますが、
体調は大丈夫でしょうか?

梅雨の時期は自立神経が乱れがちで
頭痛やだるさに襲われがちとのこと。

そういう時こそ、運動をすることで
気分をリフレッシュ出来るので、
自宅で素振りやパター練習をしてみてくださいね。

さて、今日は

“泥臭いという言葉のウラ側にあるもの”

という話。

僕はゴルフ以外のスポーツなら
昔からサッカーが好きです。

シーズン中の試合、代表戦、
海外リーグなど幅広く見ているのですが、
印象に残る選手というとやはり岡崎選手が出てきます。

泥臭い=勝利への飽くなき追求心

岡崎選手の持ち味と言えば
“泥臭さ”と言うサッカーファンは多いと思います。

サッカーで言うところの泥臭いとは
がむしゃらにボールにかじりつき、
時には体ごとねじ込んでゴールを狙いに行く

・・・というところだと思います。

他にも、フィリッポ・インザーギ選手、ゴン中山選手なども
そういったタイプの選手ですが、どなたにも共通
しているのは勝利に対して貪欲であること。

華麗なフリーキックや遠目の距離からの
弾丸ゴールという派手なプレーの一方、
彼らのプレーは素人目からすれば一見地味です。

しかし、その勝利に対する執念は
非常に格好良く、とても感動を覚えるのは
僕だけではないと思います。

なので、言葉はネガティブですが、
そのウラ側を知っているので、
僕自身としては好きな言葉です。

ゴルフに泥臭いプレーはあるのか?

では、果たしてゴルフに
泥臭いプレーはあるのか?
ということ。

やはり紳士のスポーツと言われるように、
そういったプレースタイルとは程遠い印象にあると思います。

しかし、特別飛ぶわけでもないでもないのに
スコアが非常にまとまっている
ゴルファーっていますよね。

そういうゴルファーを見てみると、

・カラーの外からでもライが良ければ
 迷わずパターを選択する(俗に言うテキサス・ウェッジ)

・距離があるセカンドショットでも、FWを握らずに
 ミドルアイアンを使ってミスの確率を限りなく減らす

・林に入れた時に、迷わず真横に出すという選択が出来る

などなど、ゴルフで泥臭いというと、
こういったプレーが出来る人という印象があります。

こういうゴルファーはとにかく強い。

パターンが一定化しているので、
大きく崩れるといったことはありません。

困った時の引き出しがあるという強さ

僕たちは“今日イチのショット”を
求めて、ゴルフをしています。

うまくいくかわからないけどやってみようで
成功した時って本当に嬉しいですよね。
ですが、ゴルフにおいてうまくいっていったことと
うまくいかなかったことを思い浮かべると
うまくいかなったことの方が多いと思います。

そういった時に今まで抱いてた欲を即座に捨てて、
ウェッジ以外のクラブで寄せちゃうようなことが
出来る人はスコアが付いてきます。

僕達が勝利を追求するというと、
イメージが湧きにくいですが、
例えばスコアを目標にすればわかりやすいと思います。

自分が超えたいスコアを設定して、そのスコアに
打ち勝つために泥臭くとも粘り強くスコアメイクする、
そういう考え方があっても、僕はいいと思います。

今後のゴルフの参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
カテゴリー: メルマガ, メンタル, モチベーション, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。