[画像付き・徹底解説]パッティング理論3要素

2017.08.12
kameko

From:亀子充温

こんにちは、、、

さて、前回に続きパッティングについて進めます。

私のことをまだご存知でない方はこちらのメルマガをご覧ください

https://g-live.info/?p=25057

前回大好評だったパターの記事はこちら

https://g-live.info/?p=26030

今回のメルマガでは、
先週の続き、パッティングの3要素についてお届けします。

実際に私がプロキャディとして
北田瑠衣プロにも僭越ながらコーチングさせていただいた内容も
特別に公開してみました、、、

ぜひゆっくりとお読みください。

【パッティング理論3要素】

①カップに届く強さで打てる事—届かなければ入らないのです。
この克服方法は、タッチの練習しかありません。

先ずは、自宅でもゴルフ場でも構いません。
50cm刻みで、、、

50cm : 1m : 1.5m : 2m : 2.5m : 3m
の距離を打てる6通りのタッチを身に付けて下さい。

6通りのストロークを行った時の
【スピード】&【テイクバックの長さ】&【フォロー長さ】&【フェイス軌道】を
目に焼き付け体で感じ体得して下さい。

目に焼き付けるには、、、
練習の際、アドレスの頭の位置のまま、
インパクト後も頭を動かさずボールの行方は目だけで追って下さい。

*協力者が居たら、、、頭(脳天)を押さえて貰いパッティングして下さい。

②ラインを読み切る事—読めなければ入らないのです。

この克服方法は、観察力を身に付ける事から始めましょう!!!
僕がキャディーの時は、先ず、スライス・フック・スネーク、直感を大事にラインを読みます。

その後、直感の確認作業に入ります。
(1)カップとボール間のラインをボール後方3~5m程から読みます。
(2)カップとボール間のラインをカップ後方3~5m程から読みます。
(3)カップとボール間の高低差をラインの右サイドから確認します(広い視野で)
(4)カップとボール間の高低差をラインの左サイドから確認します(広い視野で)

それでも読めない時は、グリーンの外まで出てなるべく広い視野でラインを読みます。
この作業を何度も何度も繰り返す事が経験となり少しずつ読める様になります。

ラウンド前に練習グリーンでライン読みをしてみて下さい。
*ちょっと格好悪いのですが、、、読んだラインを跨いでラインに沿って跨ぎながら歩くと読み易いですよ!!

③読み切ったラインに打ち出せる事—ラインに乗せられなければ入らないのです。

この克服方法は、兎に角、ラインに対しファイスがスクエアにボールをヒットさせる練習しかありません。

その練習方法は【ノンテイクバックストローク】です。
太一郎(清田プロ)にはいつも試合前にやって貰います。

去年の日本女子オープンの時は、瑠衣ちゃん(北田プロ)に、
ダンロップ福島オープンで道央(松村プロ)にも伝授しました。

ボールの後ろでパターフェイスをラインにスクエアに合わせて
アドレスしてからテイクバックせずにボールを押し出して下さい。

コツは、フォローでなるべくフェイスをスクエアに保ち&ボールを撫でる様なイメージでストロークする事です。

こんな感じで、、、、(添付はフェイスバランスの2ボールパターでフックライン)
ストロークのポイントは
★背筋〜頚椎〜頭のてっぺんまでの軸を動かさない。
★左手でリード&右手で押し出す。
★ボールを撫でる様にヒットする。

1-min

2-min

3-min

4-min

5-min

3要素以外でも重要な事があります。

①パター選び
*パター選びの際は、貴方のフィーリングが大事です。
パターの形・色・重さなどなど、、、
嫌いなタイプのパターは使い辛いですよね!!

ショップで手に取り、
フェイスバランスorトゥバランス???かを確認してから、
目を瞑ってストロークしてみて貴方に馴染むストロークし易いパターを選んで下さい。

*僕のオススメは、ヘッドが重いタイプです。
手先で打ち辛く、体幹でパッティング出来てストロークが安定します。

②アドレス
*どっしり構える事が大事です。

前傾がきつい方が良い人or前傾が緩やかな方が良い人、、、
などと貴方の骨格や筋肉量により貴方にベストなアドレスがあります。

Goodなアドレスは、疲れ難いのです。

【アドレスの手順】
(1)肩幅より少し広めに両足を開いて胸を張って直立

(2)その状態から上半身をリラックスさせ両手で反動をつけてジャンプして着地

   着地した状態は、、、、
   
   多分、膝が曲がり、腰がどっしりして、前傾すると思います。
   
   この前傾状態 = 貴方が落ち着く構えです
   (正対した方向から誰かに押されても動じない姿勢)
   
   この前傾状態から股関節を軸に前傾角度を高低させて
   心地よい前傾姿勢を模索して下さい。

(3)模索できた心地よい前傾姿勢
         ↓
   両手をダラリと下げた手の位置でパターのグリップを握って下さい。

address1

③パッティング時のグリッピング
*貴方の骨格や筋肉量によるベストなグリッピングを見つけて下さい。

グリップの握り方は、貴方がよりシックリ持てる握り方で構いません。

ここでは、両手の向き解説します。

グリップを握る前に手の向きをシンクロ(同調)させて下さい。
両手の平の向きをラインに合わせて平行にして下さい。

両手の平の向きが異なると右手と左手が同じ軌道を通りません。

*下記をご覧ください。

hand-min

④ストロークのリズム
*リズムでストロークのスピードが変わります。

  例えばスイングで、、、、

  松山君のスイング = 
  ゆっくりテイクバック→トップで間を取り→ダウンスイング

  近ちゃん(近藤共弘プロ)のスイング
  = ピュッとテイクバック→ピュッとダウンスイング

  僕の意見:松山君のスイング、特にトップでの間が好きですが、、、リズムはどちらでも構いません
  理由は、ロックが好きな人:バラードが好きな人:演歌が好きな人などなど、
  人それぞれに心地よいリズムがあるからです。

  貴方の好きなパッティングストロークのリズムを探して下さい。

⑤ストローク方法
*前回メルマガのパター種類によるストロークをご覧ください。

さて
もう2つ大事な事は、、、

1、読んだライン上のチェックです。
  晋呉君(片山プロ)は、自分の読んだライン上のゴミや小石を事丁寧に拾います。

2、強めのパット
  徹ちゃん(谷口プロ)や谷ちゃん(谷原プロ)など
  パターの上手いプロは、薄めのラインで30~70cmオーバーでカップを狙います。
  *カップオーバーのパッティングは、外した時にも返しのパッティングのラインが読めてGOODです。

追伸:
最後に、、、
前回のメルマガのボールプレゼントに
沢山のご応募&コメントを戴き、有難うございました。

ボールプレゼントは、1名だけで、、、恐縮しております。
コメントは、300を超えました。90分かけて読みました。

皆さんの【ゴルフに対する熱心さ】が伝わってきました、、、、、感動&感謝

コメントには、、、
フェイスバランスとトゥーバランスを知った方・フックに悩む方

動画レクチャーをご希望の方・僕のレッスンをご希望の方・僕の作るウェアに興味を持っていただいた方

などなど沢山の意見を戴きましたので今後のメルマガ作成の参考にしていきます。

因みに僕の作るウェアは、【BLOODSHIFT】でネット検索して下さい。
お洒落と機能性に拘ったウェアを作っております。


<本日のオススメ>
全米プロゴルフ選手権開幕キャンペーン!

70歳にもなると飛距離が伸びないのではないか、、、

もしあなたがそう思っているとしたら
とてももったいないです。

大森コーチが教えるこの方法で
齢を感じさせないスイングと身体が手に入りました

http://g-live.info/click/jsnx1708/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合

 

Facebookでコメントする

[画像付き・徹底解説]パッティング理論3要素」への1件のフィードバック

  1. kimitsu

    亀子様、パターに関する詳しい解説記事をありがとうございます。大変参考になります。特にグリップによって左右の手の軌道が異なってしまう話にはハッとさせられました。これはパター以外のクラブでも注意する必要が有りますね。通常のショットの場合、アドレスでグリップがスクエアでもダウンスイングで右手が強ければアウトサイドイン、左手が強ければインサイドアウトになるように思います。私は頑固なアウトサイドインのクセがあるのですが、これも原因の一つと意識して直していこうと思います。どうもありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。