ドライバーの方向性を安定させたいです・・・

2017.09.29
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ドライバーの方向性を安定させたいです・・・」

というテーマでお話をしたいと思います。

よく生徒さんからいただくお悩みです。

あなたはドライバーの方向性を良くするために
必要なことってなんだと思いますか?

どうしてもドライバーには
「何か特別なスイング方法があるんじゃないか。」

そんな風に思ってしまいがちです。でも

ドライバーはどんなクラブよりも
一番長いクラブになります。

言い換えると、一番難しいクラブとも言えます。

その一番難しいクラブを使いこなすために、
まずあなたが最初にやるべきこと。

それは・・・

ショートアイアンの練習

実はドライバーのスイングというのは
アプローチの小さなスイングの延長線上で

単純に振り幅が大きくなった。
それだけのことなんですね。

なので、

ドライバー=特殊なスイング

ではありません。

ドライバー=ショートアイアンの
延長線上のスイングだということです。

簡単な短いクラブを使いこなすことが出来ずに
難しい長いクラブを使いこなすことは出来ません。

つまり、ビジネスゾーンの精度を上げることで
ドライバーも必然的に安定するようになります。

なんだ。またビジネスゾーンですか・・・
という声も聞こえてきそうですが、、、

急がば回れ

・最短で上達したい。
・最短でスイングを身に着けたい。
・最短でドライバーをしっかり打てるようになりたい。

あなたがそう思うのなら、
まずビジネスゾーンの練習を徹底してみて下さい。

とは言え、

ビジネスゾーンの腰からの腰の
小さな振り幅から大きな振り幅になった時に
どう振って良いかわからない。。。

そんなお悩みもありますので、
本日はその大きな振り幅を覚えるための
ドリルをご紹介したいと思います。

まず、水平素振りを行うことによって、
切り返しの時に左腕の上に右腕が入ってくる、
アームローテーションという動きを覚えていきます。

水平振りの具体的なやり方ですが、
これまでに動画などでもお伝えしてきていますが、
画像でもしっかりおさらいです。^^

水平素振りでしっかりと
大きなスイングの基礎を覚えることで、

ボールを捕まえることができ、
最大のエネルギーをボールに伝える事ができます。

つまり、飛ぶようになります。

具体的には、
クラブを肩口で地面と水平に構えて、

そのままバックスイングからフォローまで
水平に円を描くように回していきます。
軸となる背骨とちょうど直角に交わるイメージです。

ここでのチェックポイントは、
バックスイング時に左腕とクラブシャフトが
地面に対して水平になっていることです。

image2

image1

フォローでも同じように右腕とクラブシャフトが
地面に対して水平になっていることを確認していきましょう。

このフォローの時に左肘が引けないように
しっかりと画像のように左脇を締めて
腕を折りたたむ動きを意識していきましょう。

この正しい動きを覚えることで、
クラブヘッドが加速していき、
結果としてヘッドスピードも上がります。

水平素振りをしっかり練習した後に
前傾姿勢を取って実際にスイングしてみながら
理想的な正しいスイングを確認してみて下さいね。

前傾するということは、
軸となる背骨が前傾するということになるので、
軸に対して先ほどの水平振りをしてみて下さい。

素振りは正しいスイングの理想系

実は素振りとは、理想的なスイングを
身につけるのにとても有効な練習方法なんです。

自分のスイングの基礎が出来ていないのに、
練習場に行って球を打ったとしても、
それは必ずしも効果的な練習とは言えません。

素振りは、もちろん球を打ちません。
場所も時間も関係ありませんし、お金もかかりません。^^

ボールを打つ練習とは違って、
素振りの場合はボールに当てる意識がないので、
正しいスイングを作るのにとても適しています。

ボールがあることで、

・当てたい意識がスイングの邪魔をします。

・ボールの行方が気になりスイングの邪魔をします。

素振りは球を打たないからこそ、

トップからフィニッシュまで一定のリズムで
スイングにだけ意識することができます。

野球やテニスはバットやラケットを
動いているボールに当てにいくスポーツです。

ですが、ゴルフはボールが止まっています。
ボールに当てにいく必要はありません。

あくまでも正しいスイングをして、
そのスイング軌道上にボールが置いてある。
そういった意識で考えてみて下さい。

再現性の高い正しいスイングを身につけるためには
このようにボールへの意識をせずに素振りを行うことです。

ぜひ、自宅や練習場などでも前後に十分に注意して
この水平素振りを行って正しい動きの感覚を
養ってみてくださいね。^^

それではまたメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

「今までのアプローチの常識が変わりました!」
「アプローチ一つで、ゴルフの攻め手が
 こんなに変わるなんて思いませんでした」

喜びの声を多数。
梶川武志プロ「アプローチを極める」
今なら期間限定の特別価格で手に入ります。

http://g-live.info/click/kap1709/

※安心の返金保証付きでリスクなくお試しいただけます。

▼ガッツパー水柿コーチのスイング動画

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: アームローテーション, スイング, ドライバー, ドリル, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

ドライバーの方向性を安定させたいです・・・」への2件のフィードバック

  1. 堀康三

    グリップが何時も身体の正面と言われていますが、これでわ手打ちになりませか?。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      堀康三様

      コメントありがとうございます!

      このドリルは腕のローテーションを覚えるドリルです。

      もちろん意識しなくても出来る方もいらっしゃるので、
      そのような方はこれを意識すると手元に意識が偏りすぎて手打ちになってしまいます。

      ビジネスゾーンの打ち方の延長でスイングを大きくした時に、
      正しく効果的に腕や手首が使えると効率良くボールを飛ばす事ができます。

      これからも分からないことや疑問に思った事があればどんどんご質問ください。^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。