ドライバーが、朝夕と昼で飛距離が変わる!?

2017.10.24
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ドライバーが、朝夕と昼で飛距離が変わる!?」

について、お話をしてみたいと思います。

最近めっきり涼しくなってきました。
少し寒いと感じるくらいの日も出てきましたね。

では、気温が低くなると何が起きるか?

タイトル、そしてこの話の流れで。。。

カンのいいあなたなら、何の話か
もうおわかりですよね?^_^

昼は飛ぶけど朝夕は飛ばない

そう、あなたもご存知の通り、
寒くなるとボールが飛ばなくなります。

今の季節は、昼は飛ぶけど
朝夕は飛ばないという日も出てきます。
 

例えば、
 

 朝12℃  昼18℃  夕方12℃
 

という日は、朝夕と昼とでアイアンは5~10ヤード、
ドライバーなら10~15ヤード違います。

この現象は、寒くて体が動きにくくなるという事も
もちろん関係しますが、最も大きな要素として
 

 「気温によってボールの反発が変わってくる」
 

という事があります。
 

ですから気温が低い時、ティーショットでは
 

 ・いつも越えていたバンカーや池が越えない

 ・ドッグレッグのホールではいつも気にならなかった木が邪魔になる
 

ということになりますので、
ハザードや木に影響の無い方向に打っていくことになります。

そしてセカンドショットでは。。。

いつものクラブでは届かないので、1~2クラブ上げる

ドライバーが10Y飛ばないと
セカンドは1クラブ違いますね。

そしてアイアンも1クラブ飛ばないので
真っ直ぐなホールで2クラブ変わってきます。

ドッグレッグのホールだと
3~4クラブくらい変わってきたりします。

だからといって
強く振ってもたいして飛距離は伸びませんし、
むしろ林やOBにいく可能性が高くなります。
 

このようなわけで、
気温が下がるとコースが難しくなりますね。

ですから、暖かい季節に比べ5~10打悪くなっても
 

 「寒い季節はいいスコアが出ない」

 「寒い季節はしょうがないかな」
 

と思ってがっかりしないようにして下さい。
 

1クラブ上げる勇気を持つ方法

繰り返しになりますが、今の時期は
 

 ・朝夕と昼間で持つ番手が変わってくる

 ・昨日暖かくて、今日寒いという日は前日と持つ番手が変わってくる
 

という事が起きてきます。

とはいえ、
 

 「飛ばないのかなあ。。。?」
 

と思っても、なかなか1クラブ大きめとなると
オーバーしてしまいそうで、持てなかったりしますよね。

もちろん僕は一緒にラウンドしているアマチュアの方には
 

 「寒くなってきたので1クラブ上げましょうね」
 

とお声がけしますし、7番アイアンを持っていたら
 

 「6番アイアンにしましょう」
 

などとアドバイスします。
 

プロから言われれば
 

 「その方がいいんだなあ」
 

と思って、素直にクラブを変えることが出来るのかもしれませんが、
自分一人だとなかなか、勇気を持って1クラブ上げられませんね。

そんな時、僕がおすすめするのは、
 

 「ピンがグリーンの手前の時に、1クラブ上げてみる」
 

ということです。

ピンがグリーンの奥の場合、
オーバーした時に難しいアプローチが残ってしまいます。

ですがピンが手前であれば
オーバーしてもグリーンの奥には乗ってくれます。
試してみて下さい。
 

この時期は、気温の変化に対応する順応性が
スコアに大きく影響してきます。

自分のアイアンの距離を把握することは
スコアに大きな変化をもたらします。

(もちろん芯になかなか当たらないという悩みも多い事でしょうが)
 

ぜひ、この難しい時期を逆にチャンスにして
気温が下がった時の飛距離を認識していきましょう。

千葉でのレッスン会 ※枠に限りあり

事務局からお願いされておりまして、
千葉での僕のレッスン会を来月、下記の通り開催します。

ドライバーとアプローチのレッスン会になります。
 

◆千葉(11/11 土)

ドライバーレッスン(8:30~11:30)
日時:11月11日(土)
場所:ジャパンゴルフスクール(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl171111_0830pdf/
 

アプローチレッスン(13:00~16:00)
日時:11月11日(土)
場所:ジャパンゴルフスクール(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl171111_1300pdf/
 

ご希望の方は、どうぞお早めにお申込み下さい。
ご覧になって、すでに締め切りでしたらご容赦下さい。

ご参加、お待ちしております。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨
 

<本日のオススメ>

3ヶ月前の初公開時、完全予約販売にもかかわらず
あまりの反響の大きさに予定していた数がすぐに
売り切れてしまった服部プロの「問題作」…

 「ロングドライブプログラム-ドローボール編」

緊急入荷したものの
ご案内は明日10/25(水)までですので
どうぞお早めに。

http://g-live.info/click/drow20171018/

※今だけの「1万円引き&返金保証付き」です

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: アイアン, ドライバー, メルマガ, 天候, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。