バンカーからの直打ちアプローチ[#21]

2017.12.23
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちは!!

暮れも押し迫って来ました。
皆さんは、忙しいし・寒いし・・・でお過ごしかと思われますが・・・
僕は、暇です(笑)
今年もあと1週間・・・風邪をひかぬ様、頑張ってください。

さて
今回のメルマガは、アプローチの締め括りとして・・・
沢山あるアプローチ練習に中から・・・超難のアプローチ練習方法をお届けします。

その練習方法は
【バンカー直打ちアプローチ】

2009年の日本オープン
太一郎のキャディーをした時に取り入れた練習方法で・・・
この練習をしていたらジェットさんがバンカー脇で観て居られて・・・
『ええ練習しとんなぁ~ 俺もやろッ』と言わしめた練習方法です。

元々、江連さんがバンカーからの直打ち練習をプロ達にやらせていて・・・
それに僕がボールを5mmほど沈めるアレンジを加えた練習方法です。

使うクラブは、PW~58度ウェッジ
ロフトが大きいほど難しく成ります。
ボールをジャストミートさせるのは超難しいのですが・・・
クラブの入れ方&体と腕の使い方&良いアドレスなどが身に付きます。

動画を観る時は、再生マークをクリックしてからショット直前のアドレス状態で静止ボタンを押して・・・
*アドレスの姿勢 
*頭の位置
*ボールの位置 
*グリップの位置 
*シャフトの角度
 などを確認してください。
 そして、一度、このアドレスを鏡の前で真似てみてください。
 僕と皆さんの体格や骨格は、異なるので
 真似た時、僕のアドレスと貴方のアドレスに多少の違いが出ても構いません。
 その時は、シックリくる貴方のアドレスを模索してください。
 動画は、僕のベストなアドレスです。あくまで参考として・・・

s-スクリーンショット 2017-12-10 0.31.26

【素振り〜ショット】
①素振りをしてリラックス&ターゲットチェック
②心地好い足場を探して足踏み&スタンスはややオープンで肩幅程度
③ボールの頭をソールで5mmほどポンと押し沈める
④ターゲットをチェックして
⑤リラックスしてハーフショット
*コツは・・・
  アドレスからインパクトまで頭の位置を動かさないイメージで
  且つ、テイクバック〜インパクトまで右足踵を上げないで体重移動してアプローチしてください。

動画は、52度ウェッジを使用して約35~40ヤードキャリーのイメージでショットしています。

ジャストミートしたナイスアプローチが出来ると『カッ』と高いインパクト音と共にボールの前の砂だけが弾けます。

これは、ボールの正しいヒットポイントに52度ウェッジのスコアライン2~3本目がヒットした証です。
【ヒットポイント】については9月30日・メルマガを参照に・・・

正直に言うと・・・・
僕もこの動画の様にジャストミートして打てるのは・・・
5回に1回くらいの超難しい練習ですが・・・
とても奥深い練習です。

芝の上からでも可能です。
その場合は、ラフじゃなく綺麗に刈った花道などのライにボールを置き
ボールを足で踏んで5mmほど芝に沈めてアプローチしてください。

是非、為になる練習ですのでチャレンジして下さい。

プレゼント企画

最後に
今年の僕のメルマガも今日がラスト・・・・
視聴者の3名の方にプレゼント!!!
①ドライバー用ヘッドカバー(3D王冠刺繍)
②メッシュキャップ(3Dロゴ刺繍)
③ソックス3足セット(マイナスイオン凸ストッパープリント)

IMG_5895

上記の中からお好きなアイテムを1つ選んで下記からご応募ください。
↓↓
こちらをクリック
(12月26日16時〆切)

では、みなさん
良い年をお迎えください。

<本日のオススメ>
衝撃…
自宅で15mのパット練習ができるパターマット登場!
あなたのご自宅が練習グリーンに早変わり。

しかもたった1.5mのスペースだけでできるなんて…

http://g-live.info/click/inbirdie/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。