[Video]「AとB、どっちがいい?」のワナ…

2017.12.18
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「『AとB、どっちがいい?』のワナ…」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

よくゴルフを教えていて質問されるのは
「AとB、どっちがいいですか?」という質問です。

そもそも、このように質問をいただくということは、
そのAとBを「全く違う」と考えていることを
意味しているわけですよね。

なのですが。。。

(続きはビデオにて)

実は同じ動きだったということが…

全く別と思っていた動きが、
実は結構、同じ動きだったということが
ゴルフではよくあります。

たとえば、今回のビデオで取り上げている
いわゆる「左手の甲で包み込むという動き」も
その例の一つです。

これについては昔、私自身も
違う動きだと思っていたわけです。
 

ですが。。。

やはりここでも実例としてビデオを見ていただくのが
一番いいと思うので、まずは早速ご覧下さい。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

 ・ドアガラガラの動き

 ・ボールを投げる動き

 ・カナヅチを叩く動き

 ・フリスビーフォロー
 

このへんの動きについては、以前にもこの場で
説明さえていただいたこともあるかもしれませんが。。。

全てが一連の同じ動きであるということになります。

いきなりこのビデオを見ただけでは
すぐに全てを理解することは難しいかもしれませんが、
何度か見るうちにつながりが見えてくるかもしれません。

どうぞ根気よく、見てみて下さい。

やってみた

セブンイレブンのホットドッグをオープントースターで温めて
ケチャップを塗って食べてみた。
 

2017-1218_1
 

2017-1218_2
 

2017-1218_3
 

カレーキャベツがポイント。
パリッとして美味しかった。
 

昔、芦屋浜に来てて、
車で売っていた味を思い出した。
 

でも、マスタード忘れた。
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

発売開始と共に即完売する、
「手打ち克服」プロが使いたい練習器具…

 「ワンハンドグリップアイアン」

今ならドラコンチャンプのレッスン動画を
追加でプレゼントいたします。

詳細はこちらをクリック!

http://g-live.info/click/ohgi171212/

※本数限定。間もなく終了

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: スイング, スイング理論, ビデオ, 捻転差, 新着ビデオ, 股関節, 重心・体重移動 | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

[Video]「AとB、どっちがいい?」のワナ…」への3件のフィードバック

  1. 松波茂樹

    拝啓   古賀先生
     本日の講義内容と違う質問をさせて頂きます。誠に恐縮です。
    現在、お辞儀スウィングを習得すべく、練習場、コースで実践しています。
    芯を食う確率はかなり上がって来ました。
    それは嬉しい事などですが、困っていることがあります。
    それは、完璧に芯を食ったと自分では思うのですが、出玉が全て左へ行き、さらにその上ドローしてゆきます。
    それに対する対策を是非ご教授頂けませんか。
    もし、真っ直ぐ飛ぶようになれば自分のスウィングが確立できると思います。
    何しろ従来のスウィングと比べようのない強いボールが打てますから。
     誠にご迷惑をおかけし申し訳ないのですが、お答え頂ける範囲で結構です。
    宜しくお願い致します。尚、前回のお答えは既読です。
                                                     敬具

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      松波茂樹様

      ボールが左に飛ぶのはインパクトでフェースが左を向いているからです。

      原因は色々ありますが、まずは最小形(シャフトが5時から7時の動き)でのクラブの動きを知り、そして真っ直ぐ飛ぶように練習する。

      そして今回のお辞儀スイングと繋げていくという練習方法で進めて下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。