ゴルフ歴20年からのスイング上達法[#27]

2018.02.10
kameko

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!

僕は、8日に誕生日を迎え・・・56歳になりました。

物心がついたのが確か6歳頃・・・
それから半世紀

月並みですが・・・過ぎてしまえば永い様で短かったと感じています。

ゴルフ歴も37年に・・・
ゴルフとも永い付き合いになりました。

さて
今日のメルマガは・・・

ゴルフ歴をどれだけ重ねても大事だと感じる【素振り】についてです。

一番手軽に出来る練習であり、費用も掛からず、大事な練習です。
但し、素振り練習は、ただ闇雲に振るのでは無くテーマを持って行って下さい。

僕がお勧めする素振りのテーマは
★リラックスチェック・・・力まずに素振りが出来ているか??

★スイング軌道チェック・・・自分が納得のいく軌道の素振りが出来ているか??

★右腕のシナリチェック・・・ダウンスイングで腋が締まり肘から降りて来て腕のシナリが出来ているか??

★左腕のリードチェック・・・大きなフォローでリード出来ているか??

★フェイスローテーションチェック・・・インパクト〜フォローでクラブフェイスがターゲットにスクエアに出来ているか??

テーマを持って素振りをする事により・・・色んな事が感じられます。
例えば【自分の癖】【自分のリズム】などなど・・・

自分に問い掛けながら素振りしてみて下さい。

下記は、ドラコン王・和田プロの片手素振り動画です。
鬼の様なパワーの持ち主なので640gもあるONE HAND GRIP IRONを軽々と素振りしています。

実際に、ご自身の素振りに今回のヒントを応用して試してみてください。


<本日のオススメ>
あなたの知らないドローボールの真実

・プッシュアウトは実はドローボールに最も近いってホント?

・え!?こんな簡単に、ボールがつかまる事例を紹介

・スライスが消えるワンポイントを公開

・誰でもドライバーを楽しく飛ばせる最初のステップ

詳細はコチラ

http://g-live.info/click/draw180208/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: 新着メルマガ, 素振り | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。