スコアアップの鍵はポジティブ思考

2018.02.16
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「スコアアップの鍵はポジティブ思考」

というテーマでお話をしたいと思います。

人は本能的にピンチの時に
「つい考える」ように出来ています。

・バンカーからの脱出

・林からの脱出

・深いラフ

・池越えや谷越え

・バーディーチャンス

などなど。

時にはチャンスと思えるようなことでも、
失敗したらどうしよう。

こんなショートパット外したら恥ずかしい。
などとマイナス思考を働かせてしまう
ことはありませんか?

実はこれ。
当たり前の感覚なんです。

なぜなら、人は考える事で、
本能的に失敗した時のショックを
最小限にしようとするからです。

言い換えると、ネガティブ思考ですね。

実は僕、根っからの
ネガティブ思考なんですが、、、

ゴルフに限って言えば、
自分へのハードルを下げて

ポジティブ思考で考えるようにしています。^^

ラッキーとアンラッキーは同じ割合

アンラッキーなことがあっても
次はきっと良いことが起こる!

そんな風にポジティブに考えています。

実は、、、
ティーショットがフェアウェイでも
セカンド地点が最高のライにあるとは思っていません。

DSC_0414

一見、ネガティブそうに思えますが、、、

通常のライだとラッキー♪

というように、
ハードルを下げて想定していった方が
良かった時の気持ちの持ちようも変わります。

フェアウェイでディボットに入っている時も
うわーっとネガティブになるのではなく、

この逆境をどうやってしのぐか!

と前向きに考えることによって、
トラブルショットが楽しくなります。^^

ここで、ミスショットに対する不安、
つまり、ネガティブな思考が働くと、

・体の動きが悪くなり

・スイングリズムが乱れて

・結果的にミスショット

を引き起こす原因となります。

逆に、ショットの前に成功イメージを頭に思い描くと、
体がスムーズに動き、ナイスショットが出やすくなります。

ゴルフ界の帝王
ジャック・ニクラウスはピンチに陥った時に
自分に言葉をかけていたと言います。

それは、どんな言葉だったと思いますか?

少し考えてみて下さい。^^

答えは、、、

ジャック・ニクラウスは、
次のように自分に言い聞かせていたそうです。

「おいジャック!君はこれまで何度も、
こんなピンチを切り抜けてきたじゃないか。
だから、今度も大丈夫。きっとうまくいくよ。」

そんな言葉をかけていたそうです。

2015032617174726410

ここで、ネガティブなままショットをしていたら
全く違った結果になっていたかもしれません。

プレッシャーに強いかどうかというのは、

その場面で何をどう思うか

が重要です。

ニクラウスのような偉大なプレイヤーだからこそ
結果を出せたのは言うまでもありませんが、

どんなレベルであれ、不安やプレッシャーを感じる場面で、
このように、自分にかける言葉を考える余裕を
持ってみても良いかもしれません。

そうすることで、
結果は大きく変わってくるのではないでしょうか?

あなたは自分に言い聞かせている
言葉は何かありますか?

もしかすると、

グリーンの手前にバンカーがあったとしたら、、、

「バンカーには入れないようにしよう」

「バンカーに入ったら嫌なピン位置だな」

「もし入って、一回で出せなかったら大叩き」

などのように、どんどんネガティブに
考えてしまってはいませんか?

大事なのは、バンカーへの意識ではなく、
ここを狙おう!という落とし所の意識です。

「打ってはいけない所」をチェックしたら対策を考えて、
その後は「落としどころだけ」に意識を集中させることが重要です。

そういった落とし所に集中できている時というのは、
ハザードやOBが気にならなくなり、気がつけばトントン拍子に
良いスコアで周れている事が多いのではないでしょうか?

カッコよく言えば、
ハザードやOBが意識から飛んでしまって、
自分のショットに集中できているという事です。

DSC_0224

ゴルフはメンタルスポーツとよく言われますが、
本当に気持ちひとつや、言葉ひとつで結果に現れます。

極端な話かもしれませんが、

「ミスしても死ぬわけじゃない」

そう思えるようになったら最強ですね(笑

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

【新登場!】

小原プロのビジネスゾーンに
取り組んでいるゴルファー限定のお知らせ

小原プロ自身が、40歳を超えてから
250Y ⇒ 300Yを達成した秘密を徹底公開!

実際に生徒さん達も1ヶ月で
最低+20~30Yは当たり前。

今度は、あなたにもその秘密を
お伝えしようと思います。

これでダメなら
飛距離アップは諦めて下さい…

http://g-live.info/click/o-bzdp180215/

 

▼ガッツパー水柿コーチのスイング動画

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: スコアアップ, メルマガ, メンタル, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。