飛ばすには振っても、叩いてもダメです。

2018.03.04
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたはこれまでのゴルフ人生の中で
どれくらいドライバーの飛距離って伸びてきましたか?

ゴルフを初めて最初のうちは
ドライバーで150yも飛ばなかったのではないでしょうか。

空振り、当たってもドフックや、ダフリ、トップ
ゴロみたいなボールが多かったかもしれませんね。

次に、徐々にちゃんと当たるようになってきて
170yくらいまでは多くの人が飛ばせるようになったと思います。

そのうち190y、210y、230yと
その方のゴルフスキルと一緒に
飛距離も成長して行ったと思います。

それぞれの方で
今限界だと思っている飛距離があるかもしれませんが

170yしか飛ばせないときは
コレが限界だな、と感じられますし。

200y飛んでいる時も
これが限界だなと感じるんですね。

ですが、これまでの
飛距離アップの積み重ねを考えると
まだまだ、あなたの上達によって伸ばせる飛距離はあります。

実、私の生徒さんでドライバー飛距離190yだった方が
飛距離260yまで伸ばせたような事例もあるのです。

なので、あなたが今の飛距離で限界を感じていてもぜひ諦めないでほしいのです。

9割のゴルファーが勘違いしているクラブの使い方

私の、メールマガジンを昔から読んでいただいている方はご存知かもしれませんが、私は釣りが好きでした。

地元の茨城の潮来に実家があるのですが
学生時代には、霞ヶ浦水系での釣りに明け暮れていました。
主にバス釣りです。

釣りに興味がなくても、今日の話は重要なので我慢してしっかり読んでほしいのですが
この釣りの経験が後々私の飛ばしに生きてきたと今では確信できています。

なぜ、釣りがゴルフに良い影響を与えたのか?

それは、ゴルフも釣りも道具のしなりが重要ということなのです。

このしなりを使って飛ばすイメージが出来ていない方は
ボールを叩きにいってしまったり
腕をなんとか早く振ろうという

間違った努力をしてしまうのですが
クラブシャフトや、竿のしなりを
どれだけ使えているのかで

ロングドライブ(ロングキャスト)できるかどうかが決まるのです。

竿のしなりでルアーを飛ばすコツ

釣り竿でルアーを投げることをキャスティングと呼びます。
キャスティングで重要なのはしなりをどれだけ使えるかにあるのですが

そんなキャスティングの竿のしなりを図解したのがこちらです。

■釣りに置き換えたテークバック~トップ

←←ターゲット方向

■釣りに置き換えたトップ~インパクト(リリース)

←←ターゲット方向
(ALL ABOUTより引用)

まるでゴルフクラブみたいですね笑

テークバックの1から始まって、3でトップ。
トップからインパクトは1からダウンスイングが始まり、4でインパクト

とても大事なのは、テークバックの4番のトップのしなり方と、
フォローの3番、インパクトでのしなり方です。

■釣りに置き換えたテークバック~トップ

3のトップのしなり方

※しなり戻りが発生している。

■釣りに置き換えたトップ~インパクト(リリース)

4のインパクトでのしなり方

※しなり戻りが発生している。

この2つの『逆しなり』と呼ばれる現象が
ボールを飛ばすためのシャフトの使い方だったのです。

多くの人は3のような
目標方向と真逆にしなった状態でインパクトしてしまって
ヘッドが加速してインパクト出来ていません。

逆しなりが飛ばしのコツ

竿が逆にしなると、竿の先端が勝手に前に行く動きをします。
つまり、ゴルフで言うヘッドが走る動きを作ることが出来ます。

このときに重要なのは、
竿を振るのではなく、竿を止める動きなんですね。

竿を振り下ろし続けても
逆しなりは起こせません。

スイングを止める、竿を止めることで
逆しなりが発生して、加速したインパクトが作れます。

結果、インパクトでヘッドが加速した状態で
ボールに当たり飛距離が出ます。

この逆しなりを体感するためには
まずはとても柔らかいクラブを使ってみることが一番です。

今、比較的硬いクラブを使っているのに
飛距離が出ないという方ほど
柔らかいクラブを使って

逆しなりを使えてくると
より飛距離を出すイメージが掴めるかもしれませんよ。

逆しなりについては、好評でしたら
より実践的な内容を、また配信したいと思います。

服部コースケ


<本日のオススメ>

逆しなりを作るためにはスエーは禁物
スエー防止につながるアイテムが開発されました。

この完成を記念してキャンペーンを実施中!

その名もスイングスタビライザーというのですが、、、

http://g-live.info/click/okstab180227/

-

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

飛ばすには振っても、叩いてもダメです。」への3件のフィードバック

  1. あつお

    しなりが大切な事には気がついているのですが実践するのに必要な止める動きがうまくできません。
    ぜひともご教授願います。

    返信
  2. 森田喜久夫

    小生釣りの経験があるので釣り竿を投げる、実際はリールを遠方に投げ途中で釣り竿を肩と平行の所で止めると勢い良くリールが
    遠方に飛び出す事は良く分かりますが、ゴルフでクラブは振り切らねばならないと理解しており、クラブを止めるとすれば
    伝統的教えと矛盾しますが、どの時点でスイングを止めるのですか。

    返信
  3. しょうちゃん

    ぜひ、この逆しなりについて、練習方法などを教えてください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。