ゴルフ「いいトコ取り」で上手くなれるか?

2018.04.12
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「ゴルフは『いいトコ取り』で上手くなれるか?」
 

という話をしたいと思う。
 

「いいトコ取り」と言うと意味が広いけれども、
たとえばこういう状況を思い浮かべてみてほしい。

板挟み?

 ・Aコーチには「●●」と言われた。
  でも一方で、Bコーチは「△△」と言われた。

 ・AコーチとBコーチで、見解の違うことを言われた。
  一体どっちを信じたらいいのかわからない。

 ・AコーチとBコーチの「いいトコ取り」は
  できないものだろうか。。。

 

基本的にチーム小原ではレッスン手法をすり合わせているし、
徳嵩流のフィッティングについても、それは同様だ。

レッスンもフィッティングも、どのスタジオに行っても
均一したサービスが受けられるようにと
日々、研修を怠らないようにしている。
 

でも、このゴルフライブの読者のみなさんは
ゴルフへの向上心が強く、情報収集を怠っていないので。。。

いろいろなところからの情報を吸収しようとして、
上記のような、いわば「ジレンマ」を抱えたことも
今までにあるのではないだろうか?
 

まず先に、あなたにお伝えしておきたいのは。。。
 

そうしたジレンマに出会うことは
あなたに向上心があるからこそだということだ。

だから、そうしたジレンマは
「向上心の賜物(たまもの)」とも言えるものであって、
それ自体は決して、悪いことではない。
 

だけれども。。。

混乱をきたしているのなら… 対策は必要

もしあなたが今、複数のやり方を取り入れようとして、
混乱をして、グチャグチャになってしまっているのなら。。。

混乱しているにもかかかわらず、
複数のやり方を並行して行うことは
自分としては、オススメしない。
 

おそらくこのような時、
混乱を引き起こしている人がしようとしている行動は
 

 「都合の良いところだけでかじって何とかしようとする」
 

もしあなたが今、ここで話してきた状況になっているなら、
一番の原因はきっとこれだ。

そしてズバリ言おう。
そうなっている根本の原因は
 

 「結果のメリットしか、見ていない」
 

どのレッスンプロであっても、
どんな上達の理論であったとしても、
それは「ゴルフが上手くなる」ためのものだ。

つまり、メリットとしては一緒。
 

でも。。。そのメリットに至るまでのアプローチは。。。
おそらく理論によって、道筋は多少は異なっているはずなのだ。

隣の芝生は、青い?

もしあなたが今、Aという方法とBという方法で、
迷っているのだとしたら。。。
 

 「結果のメリットだけではなく
  その過程(プロセス)は、どのようなものか?」

 

当たり前のことだけれども、この点を見極めること。
もう、これに尽きると思う。
 

そしてもう一つ。。。
これは(これも?)大変言いにくいことだけれども、
 

 「複数の道を残すのは、リスク回避ではない」
 

むしろ「退路を残す」ことが、
あなたにとってリスクになるということだ。

あの『徒然草』を書いた吉田兼好だって、
こんなことを言っている。
 

 「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。
  この一矢(ひとや)に定むべしと思へ。」

 

「もし、これで結果が出なかったら。。。」
そのように悩む気持ちは、自分もよくわかる。

でも、それでどっち付かずのままでは
いつまで経っても「隣の芝生は青い」ままだ。
 

あなたにとっての「この一矢(ひとや)」が
ゴルフパフォーマンスであってくれることを願いながら。。。

日々、フィッティングに取り組む毎日である。
 
 

「チーム徳嵩」フィッティング… 受付終了

ゴルフパフォーマンスでの「徳嵩流」フィッティング。。。

東京(秋葉原)大阪(弁天町)
そして千葉(千葉市内)で定員に達したので
応募多数により、募集を終了した。

もしまた受付ができるようになったら
このメールマガジン上でもアナウンスをするので
気にしておいていただきたい。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

ゴルフ「いいトコ取り」で上手くなれるか?」への2件のフィードバック

  1. たっちゃん

    私は鹿児島県在住です。徳嵩さんのフィッティングを受けてみたいと思っているのですが
    地理的に遠いためためらっています。
    福岡あたりにフィッティングの支店みたいな進出計画はないのでしょうか?
    大阪までは来ているようですが・・・もしありましたらうれしいのですが・・・。
    単に私のわがままを書かせて頂きました。 失礼しました。

    返信
  2. 岡本克彦

    大変よく参考にまりました。ゴルフ伸が深いスポーツであること事わ理解していましたが
    いろいろな人の話をよく聞くことがポインであり、それを自分の体に合う話っを合法てきに
    取り入れる信心が左右します。私も60の手習いからはじめ先週コースまわりINコース40
    でまわることができました。私の初のHIレコウドを上げる事ができましたよ。合掌

    返信

岡本克彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。