クラブを売りつけられそうで怖いんですが…

2018.04.19
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「クラブを売りつけられそうで怖いんですが…」
 

という話をしたいと思う。
 

まず、フィッティングに興味のあるという
こんな質問から。。。

フィッティングが怖い?

> クラブフィッティングに興味あります。
>
> そのためにもまず現在の自分のクラブセッティングや
> スイング傾向を詳しく把握したいのですが、
> 無料だと予算を超える高いクラブやシャフトを
> 勧められるのではないかと、怖くて踏み出せません。
>
> 少額なら有料でもよいので、自分のクラブをチェックしてみたい…
> こういうニーズにこたえてくれるラボを探しています。

 

どうもありがとうございます。

そういうことであれば、
ぜひゴルフパフォーマンスにどうぞ。
 

自分たちの場合は、
クラブはもちろんオススメするわけだけれども
買うか買わないかはお客さま次第。

しかも、この質問者様が希望するように
ゴルフパフォーマンスは基本
有料でフィッティングをしている。

こういう志(こころざし)の高い方はぜひ、
店舗のほうに来てフィッティングを受けてほしい。
(もちろん、空き枠があれば、だが)
 

ただ一点、この質問をいただいて思ったのは。。。

この質問者様は「スイング傾向を把握したい」と
決まっている人なので、何よりその点が素晴らしい。

だけれども。。。

フィッティングにいらっしゃるお客さまの中には、
そのような目的がそれほどないまま来店される方というのも
ごく少数ながら、いらっしゃるということだ。

何しに来たんですか?

ごくごくレアなケースだと思うけれども
以前、こんなお客様がいらしたことがある。
 

徳嵩 「今日はどうしましたか?」

お客様「え? いやあ、そう言われると。。。」

徳嵩 「え?(苦笑)
    じゃあ、苦手なクラブとかはありますか?」

お客様「いやー、特に」

徳嵩 「うーん(汗)。
    じゃあ、好きなクラブとかは?」

お客様「それも特にないですね」

徳嵩 「このクラブが欲しいとかはありますか?」

お客様「ないですね」

徳嵩 「えーと。。。
    今日、何しに来たんですか?(笑)」

お客様「うーん」

徳嵩 「何かがないと、
    この後の展開とかもないんですけど。。。(笑)」

お客様「えーっと」

徳嵩 「いや、たとえば今のクラブが合っているのかをチェックするのも、
    立派なフィッティングの目的ですよ。。。」

お客様「あ、そうか」
 

なんだかこうやって文字にすると、
自分がものすごく失礼な対応をしているように感じてしまう(苦笑)。

決してそのような対応ではなく、
和やかな雰囲気で接客をさせていただいていたので、
そこはくれぐれも誤解しないでいただきたい。

何か一つでも持って帰って欲しい

もちろん、こちらからいろいろ話を聞いているうちに
「実は。。。」という話が出てくることもある。

このお客様の場合は、ゴルフパフォーマンスの会員様ではなく
わざわざ外部からいらしていただいた方だったのだが。。。

何も目的がなかったのには
正直ちょっとビックリしてしまった。
 

こちらとしても、お客様にはわざわざ
貴重な時間とお金を払って来ていただいているので。。。

フィッティングの時間のうちで
何か一つでも持って帰って欲しいと思いながら
接客をさせていただいている。

別に、買っていただかなくてもいいし、
もし提案が気に入ったら、買っていただければいいだけの話だ。

こちらとしても、クラブを売りつけるつもりは毛頭ない。
 

ただ、そうした買うか買わないかはさておき
フィッティングにいらっしゃる際に
事前何らかの目的を持って来ていただければ。。。

その効果は、何倍にもなる。

やはり、スーパーで買物をするみたいに
「何かいいものがあったら買おう」
というのとは、わけが違うので。。。

目的を持って、来店してほしいと思っている。
 

おそらくこのメールマガジンをお読みのあなたにとっては
極めて当たり前のことだと思っているだろうけれども。。。

フィッティングを受けていただく上で
とても重要であることには変わりないので、
敢えて取り上げさせていただいた。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

クラブを売りつけられそうで怖いんですが…」への1件のフィードバック

  1. 高井英年

    ・間もなく69歳、歴40年程、長年ハンデ10、今年のアベ85(15R)
    ・およそ一月前に空きがありフィッティングをして貰いました。
     結論は、「もう少し重いクラブに変えて楽に振って飛距離を維持しましょう」
     前提に「ヘッドスピードを上げるために、これから体を鍛えるのは無理でしょうから」
     説明や自分の現状を考えると十分に説得力があったのですが、
    フィッティングの目的が、“飛距離を戻すにはどんなクラブに変えたら良いのか” を教えて貰うつもりが、
    現状維持が精一杯と言われたような気がしてガックリでした。
     おかげで勧めて頂いたクラブへの変更も思い悩んだままです。
     フィッティングしたからといって虫のええ話は出てこないですね(^_^;)
     

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。