パットの好不調の波が激しい(30~50打…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.16
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さてさて、本日のお悩み相談ですが、
こんな質問を頂きました!
 

 「パットが安定しません。
  30打で終わることもあれば、
  50打近くになることもあります…」

 

わかりますよ~! 絶好調と絶不調の波。
でも。。。

30打で回れるってすごくないですか!?

もちろん、どんな状況での30パットなのかにもよりますが。。。

30打で回れることがあるって、すごいことです~!(о´∀`о)
 

もし30打で回れるポテンシャルがあるのなら、
スコアが80台、70台も見えてきますよね。。。

まずはそこに、自信をもってください!!
 

思えばモンゴも、パットが安定しなくて
悩んでる時期がありました~

まだ修行僧だった頃です。。。
(あ、修行僧って、研修生です~(о´∀`о))
 

研修生の時、先輩にこう言われました。
 

 「モンゴ、オマエは20歳からゴルフを始めているんだから、
  パターとアプローチは死ぬほど練習しろ!
  それなら、まだ可能性はあるから。。。」

 

で、その先輩から
 

 「なんだモンゴ。
  オマエそんなへんちくりんなパターを使っているのか。

  そんなんじゃしょうがないから、これをやる。
  これで一生懸命練習しろ」

 

そう言って、先輩がくれたのはなんと、当時話題だった
マレット型の「ゼブラパター」だったんです!

その時モンゴは、先輩が言うように
安っすーい変なパターを持って使っていて。。。
 

 「えっ、先輩いいんすか!?
  こんな高価なの、もらっていいんですか!?」

 

「モンゴ、もらっても効果出るか、わかんないですよ。。。」
とは先輩には言えませんでしたが。。。(;^ω^)
 

でも、そこからのモンゴは、
その先輩の気持ちに応えられるように、
パター(とアプローチ)は、一生懸命練習しました!

それからパターはマレット一筋!

 「先輩がマレットを選んでくれたんだから
  やっぱりオレは、マレットだよな!」

 

それからのモンゴは、買い換えても買い替えても
とにかくマレット一筋!

一途に、マレットを使っていました。
(まあ、たまにはピン型も使ってみたこともありますが。。。(;^_^A)
 

で、ずっとそんな状態だったんですが、ちょっと前に
フィッターの徳嵩さん(みなさんご存知ですよね?)所蔵の
大量のクラブの中に、良さそうなピン型のパターを発見して。。。

そのピン型をちょっと打ってみたら、
「あ、なんか良い感じかもなあ~」と思ったので、
 

 モンゴ:「徳さん、これちょっと持って行っていいですか?」

 徳嵩 :「あ、良いですよ。そんなんでよければ」
 

ってな感じで持って帰ってきて、
今でもそのまま「借りパク」し続けてます。。。

(だって徳さん、何にも言わないから)
 

そんな時、ゴルフパフォーマンスで
「パターフィッティング」をする機会がありまして、
サンプルとしてモンゴも受けてみたところ。。。

「モンゴさんに合ってるパターは、ピン型ですね」

えっ?
 

えっ? うそでしょ?
 

うそでしょ!? うそでしょ!!!???( ´Д`)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

オレに合うのはマレットだよ!

マレットだと、言ってくれ~!( ´Д`)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

マレットで練習し続けたこの20年は、なんだったんだぁ。。。
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

モンゴの20年を返せえぇぇぇ~!!!( ´Д`)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

ですが結局、フィッターさんの話によると、
 

 ・モンゴの打ち方、

 ・構えた時のシャフトの角度、

 ・クラブの角度
 

いろいろ見てもらって調整してみたところ、
モンゴに一番合うパターは

オーソドックスなピン型

という結論に至りました。。。(T_T)

モンゴもそうですし、あなたもそうかもしれないんですが、
やっぱりパターって、
自分の思い入れのある形ってありますよね。。。

あとは自分の憧れの選手の使っているものを
使ってみたくなったり。。。
 

モンゴも、タイガー・ウッズが全盛期の頃は
スコッティキャメロンのニューポートとか
キャメロンのマレットを買ってみたりもしました。

その時は(今にして思えば)パターに合わせて打っていたから、
うまくいくこともあったんでしょうけど

なぜかうまくいかないこともあって、それはきっとやっぱり
自分に合っていないパターだったのかもしれません。。。
 

でもやっぱり、パターって大事ですよ。

なんてったって「パットイズマネー」ですから。。。
 

そして今回の質問者さんも、20パットも違うんですから、
パターが合っていない可能性も高いと思います。

ということで、パターフィッティング、
ホントにオススメします!(*^_^*)
 

思い込みを外して、プロにみてもらってください。

打ち方を変えるのは、アドレスとかいろいろ
変えないといけませんが。。。

パターを変えるだけの方が、すんなり行きやすいです。

まずは一番簡単な方法として、パターに限らず
 

 「道具を変えること!」
 

コレをトライしてみてください。
フィッティングでお待ちしてます!

徳嵩フィッターによりますと
まだ若干名、枠がご用意できるみたいです。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

ちなみにこのプロの話によれば

 「トップがクロスしてもオーバーでも
  レイドオフでもそんなの関係ありません。

  自分が最も気持ちよく振れる
  スウィングこそが最高です」

今のあなたのゴルフをそのまま進化させて、
スコアを減らす方法…

少しでも興味があるなら、
こちらで詳しい情報を見てみてください。

http://g-live.info/click/edbund_1902/

2/18(月)まで

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, パター, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。