あなたはどっちのタイプのゴルファー?

2018.04.25
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

昨日はメルマガを購読されている方達と
一緒に交流ラウンドをしました。

「メルマガ見てます」とか
「この前の内容で質問が…」など
色々聞いてくださってとても嬉しいです。

次は6月に開催しますので、
お時間が合えば、是非
いらしてくださいね!

さて、今日は

「あなたはどっちのタイプのゴルファー?」

という話。

コースでレッスンしていたり、
会員様の話を聞いていると、
よく耳にするのですが、

是非、直近のスコア表を
見返してみてください。

あなたはどちらでしょうか?

前半と後半で別人みたい…

はい。

ということであなたは、

前半にスコアを崩すタイプですか?

それとも

後半にスコアを崩すタイプですか?

一応、私の中での統計では、
前半に崩すタイプのゴルファーが
多い印象を受けます。

確かに、スタート3ホールは
ドタバタすることが多くてスコアを崩し、
そのまま引きずることが多いですよね。

それに、まだ起きてから時間も
経っていないので、まだ体が十分に
起きていない可能性もあります。

逆に後半スコアを崩すタイプは、
集中力が途切れて、普段注意している
スイングの悪癖が表面化していることがあります。

あとは休憩が入ることで前半の良いリズムが
リセットされてしまうという方もいるでしょう。

では、それぞれどういう対策を
取れば良いのか?

解説すると。。。

前半スコアを崩すタイプの方は。。。

前半崩しやすい方は、
体が動いていないか、リズムが整ってないかの
どちらかだと思います。

特に久しぶりのゴルフだったりすると、
自分自身のリズムを取り戻すのに、
やはり3ホールくらいは使ってしまいます。

なので、対策としては練習場での
過ごし方にありまして、練習場では
リズムを整えることを最優先にします。

メインのクラブはウェッジとミドルアイアン。

まずはウェッジでティーの連続打ちをして、
スイングの力みを取りつつ、数球打ちます。

次にミドルアイアンで今日の出球をチェック。

最後にドライバーで肩~肩の振幅を打つ。

このくらいの感じで、朝イチのティーショットは
気持ち抑えめくらいがちょうどいいです。

前半崩す方は、とにかく体が起こすことと
リズムを整える、この2つに専念していただくと
変わってくると思います。

後半スコアを崩すタイプの方は。。。

後半崩す方の原因は、
疲労とメンタルとスイングです。

申し訳ございません。
後半に崩す要因は色々とあります。

ただ、メンタルという側面が大きく、
例えば前半のスコアが44だったとしましょう。

そうすると、必ず
「後半も同じなら88で90切りだ」という
考えが自分を駆け巡ります。

こういう時にミスが多くなります。

期待が大きくなってしまうんですね。

なので、こういうケースが多い方は
良くも悪くも後半はスコアを気にしない
ことがメンタルを整える特効薬です。

他にも、後半はスイングが徐々に
乱れてくるので、ミスが増えます。

プロもそういう傾向にあるので、
皆さん、そこを気にしているのですが、
やはり甘い物を摂取するのは効果的です。

これはやりすぎですが、学生時代に
合間を見つけては砂糖水を
がぶ飲みしている人は見かけたことがあります。

まとめ

今日は前半と後半で
スコアに差が開くことへの
対処法についてお話しました。
1つ、覚えていただきたいのは
ツアープロですら、18ホール全てにおいて
安定していることは稀で、やはりどちらかに偏ります。

ただ、その差が大きいとスコアをロスしてしまうので、
対策を講じる必要があります。

もしあなたが直近のラウンドで
前半・後半で10以上差があったならば、
是非参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
カテゴリー: 100切り, アウトサイドイン, インサイドアウト, コース, ドライバー, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

あなたはどっちのタイプのゴルファー?」への1件のフィードバック

  1. 伊神平治

    交流ラウンドに参加させて頂いた、伊神です。

    ドライバーを見て頂き、練習場では真直ぐな弾道もあったのに

    残念ながら、コースでは実践できませんでした。

    更なる質に良い練習方法を教えていただき上達を目指します。

    6月も都合が良ければ参加させて頂きます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。