飛ばない人の「共通点」

2018.05.22
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

ドライバーでミスショットが多くて
1日が嫌な気分で終わってしまった。。

あなたも、そんな経験があると思います。

今回はドライバーのミスショットが多くて
スコアを崩してしまうという有効なポイントを
お話しさせていただきます。

飛ばない人の「共通点」です。

色々な問題があると思いますが
今日話す一点だけを確認してください。

あれこれ詰め込みすぎると
余計に難しくなってしまいます。

1スイング1ポイントが上達の秘訣です。

それでは、説明していきます。

単刀直入にお話しすると、
ドライバーが苦手な方の多くは、
インパクトに問題があります。

一番多いのは、クラブを振り下ろしてきて
インパクト時にクラブヘッドの根っこの部分、
ヒールでボールを捉えてしまうミス。

そのためにボールが引っ掛かったり、
または右へ大きくスライスする方が非常に多いです。

そしてこのヒール部分でボールを捉えると
たとえ前に進んだとしても飛距離を出すことは
難しくなってしまいます。

やはりクラブヘッドの真ん中でボールを捉えることが
方向性も飛距離も安定させるわけです。

ヒールでボールを捉えてしまう方の多くは
アドレスをしたときに手元が体に近いです。

窮屈なアドレスを取っている方が
非常に多いです。

窮屈なアドレスを取ってしまうとスイング中に
遠心力がかかりますのできつくなって
手が前に出て行ってしまう。

すると、ヒールに当たってしまうわけです。

どうすれば窮屈なアドレスに
ならないように出来るか?

まずはアドレスで肩から腕を
だらりと下げてそこから少し余裕を持たせて
構えてみてください。

およそグリップと体の間に
拳が一つ半くらい入るのが目安です。

そしてスイング中はクラブヘッドの先の方で
ボールを捉えていくような意識を持ってください。

アドレスで拳1個半くらい離して
そしてヘッドの先の方でボールを捉える意識で
スイングを行っていきます。

そうすると手元が離れていった時に
ちょうど真ん中でボールを捉えやすくなります。

構えた時に肩から腕を下に下げたよりも少し余裕を見て
構えて、そしてクラブヘッドの先のほうでボールを
捉えような意識で打っていきます。

こうすることで
ヒール部分にボールを当てることを防いでくれます

ドライバーのミスショットが多く
スコアを崩してしまうという方は
まずはアドレスで身体と手元の距離を確認してください。

そしてスイング中はクラブヘッドの
先の方で捉えるような意識で打ってください。

皆さんのドライバーショットが安定し
スコアアップに繋がることを願っています。

近藤雅彦

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。