300ヤードはビジネスゾーンの延長にある

2018.06.15
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「300ヤードはビジネスゾーンの延長にある」

というテーマでお話をしたいと思います。

実は僕、ゴルフを始める前までは、
根っからの野球少年だったので、
プロ野球中継を観るのも好きなんですね。

そこで、何気なく見ていた
プロ野球のテレビ中継で、、、

img_nomura_01野村監督が解説で、
とある長距離バッターがヘルメットが飛ぶほど
フルスイングして空振りしているのを見て。

『ホームランはヒットの延長にある、
 俺はホームランを狙った事が無い』

というお話をされていて、
実はこの考え方はゴルフでも全く同じなんです。

毎日メルマガをお読みのあなたなら
もうお分かりになりましたか?

ホームランはヒットの延長

僕も昔は野球をやっていました。

野球で大事なのは、

しっかりミートするために、
正しいスイングをひたすら素振りをして固めて、

来たボールに対して

・内角ならレフト方向

・真ん中はセンター方向

・外角はライト方向へ打ち返す

という基本練習をひたすら練習していました。

この基本練習をゴルフに言い換えると、、、

まさにビジネスゾーンです。

よくあるご質問

「ビジネスゾーンの練習はしていて、
 アプローチは良くなりましたが、
 ドライバーがまだ安定していなくて、
 飛距離もあまり伸びていません。」

といったご質問です。

今回のテーマにも繋がる話なのですが、

飛距離アップを目指す時に、
絶対におざなりにしてはいけない
「ある練習」があります。

それは、ビジネスゾーンです。

ドライバーショットもビジネスゾーンの
スイングの延長でしかありません。

↓ 4時から8時のスイング幅

↓ 腰から腰のスイング幅

↓ 肩から方のスイング幅

↓ ラインショットのスイング幅

↓ フルショットのスイング幅

ドライバーで300ヤードを飛ばすために
やみくもに振り回すのではなく、

正しく、効率よくインパクトをすることが
とても重要なんですね。

そのために、ビジネスゾーンの
小さなスイングづくりから徐々に
スイング幅を大きくしていく。

という考え方が大切になってきます。

ビジネスゾーンを反復練習して、
15y、50y、100y、200y、250y、、、

結果として、

ビジネスゾーンの延長に300ヤード

という距離が存在します。

ビジネスゾーン無くして、
効率的な飛距離アップは望めません。

ビジネスゾーンの反復練習こそが
すべてのショットに繋がる最も重要な要素となります。

いかがだったでしょうか?

どのレベルのプレーヤーでも
ビジネスゾーンは絶対に取り組むべきものです。

今回、野村監督の言葉を受けて
メルマガで改めてビジネスゾーンの重要性を
お話させていただきました。

このメールがあなたの
上達のヒントになるようでしたら幸いです。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

<本日のおすすめ>
もう見ましたか??

江連忠プロが
今世紀最大の発見をしました。

世界一美しいスイングと称される
ベン・ホーガンの永久不滅のスイングを
あなたにインストールするチャンスです…

http://g-live.info/click/hog_ezu180531/

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: ビジネスゾーン, フルスイング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

300ヤードはビジネスゾーンの延長にある」への4件のフィードバック

  1. 御手洗政則

    最近改めて、ビジネスゾーンのスイングの大事さがわかってきました。スイング幅 小→大への練習により少しづつ
    距離感がつかめてきたような気がします。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      御手洗政則様

      コメントありがとうございます!

      ビジネスゾーンのスイングはシンプルでありながら、奥が深いです。
      ここのゾーンを徹底して反復練習する事で、
      距離の安定、飛距離アップに繋がります!

      ぜひこれからもビジネスゾーンを大切に、練習なさってください。^^

      ガッツパー水柿

      返信
  2. 斎藤 幸男

    先日の6/9(土)のコンペ時には、パター練習場でアドバイスをいただきまして
    誠にありがとうございました。 内心は水柿プロとお話出来たこと、非常のうれしかったの
    ですよ。。 感動しておりました。 パターは難しいので、まだまだと思っていますが
    練習は毎日、自宅でしております。 ビジネスゾーンはいつも意識しております【我流ですが】。

    楽しいコンペに参加できて、ゴルフライブのスタッフの皆様には、たいへん感謝しております。
    ありがとうございました。
    もちろんまた、日程が合えば参加させていただきます。
    よろしくお願い申し上げます。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      斎藤 幸男様

      コメントありがとうございます!

      そして先日はコンペへのご参加ありがとうございました。^^

      天気も良く最高の一日でしたね!

      僕も普段お会いできない斎藤さんとお話できたのは貴重でしたし、嬉しかったですよ!!

      メルマガをご覧いただいても嬉しいですが、
      直接お話もしたいと思っておりますので、
      ぜひ次回もご参加くださいね。^^

      ガッツパー水柿

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。