ミスショットでも「ツイてる!」

2018.07.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

実は、先週は出張やセミナー続きで忙しかったんですが、、、

ゴルフライブの限られた方だけをご招待した
VIPセミナーを東京と大阪で開催しました。

大阪でのセミナー開催は初めてで
大阪のみなさんの元気な顔を見ることができて本当によかったです。

DSC08081

今日は、そんな大阪・東京のセミナーでお話したことを
あなたにも少し、シェアさせてもらいますね。

同組のムードでスコアが変わるということ

ちょっと前に、ゴルフライブのスタッフと一緒にラウンドしたときの話をご紹介します。

そのラウンドでは、
実は、奇妙な現象が起きました。

なぜか、絶望的な状況に置かれているときに限って
スーパープレーがたくさん出たんです。

例えば、、、

・グリーン周りでアプローチ、トップして確実にオーバーしそう!
 やばいっ!!と思ったら、、、
 ピンにあたって3mに寄せられた!

・セカンドショットでシャンク、
 グリーン側の右林からのショット。
 だけど、、、チップインパー!

・ドライバーで右にどスライス。
 セカンド地点は残り120y。木の枝が邪魔で球は上げられない。しかも、手前にはバンカー。
 6Iで低めにハーフスイング。

 まさかの!!!
 土手に当たってボールがキック、1ピンの位置にオン。

などなど、、、

危機的状況からのナイスプレーが非常に多かったんです。

では、なぜそんなにいいプレーが多かったのか?

それは、、、

同組への称賛の言葉をかけたことです

今までもメルマガでお伝えしてきたかもしれませんが、
私は、ゴルフをするときには、

「ナイスショットー!」
「ナイスプレー!」

という声かけをしています。

そして、この日はミスショットを打ったときには
大きな声でみんなで

「ツイてる!」

というふうにも声を掛けたのです。

スライスを打てば
「ツイてる!」

ダフれば
「ツイてる!」

シャンクすれば
「ツイてる!」

という具合にです。

これをすると、
ミスがミスでないように感じるのです。

まるで、次のナイスプレーのための布石を打っているような。

ツイてる!という言葉が
私たちのネガティブな気持ちを麻痺させて、
どんどん、次のプレーへの勇気が湧いてきました。

だからこそ、ナイスショットが多かったのだと思います。

運は、みんなに平等だけど、、、

運はみんな平等です。
良いときもあれば、悪い時があるのはみんな一緒。

だけれど、
捉え方だけでその人のプレーは一変します。

ネガティブに落ち込んで、アドレスから縮こまってしまって
ダフリを打ってしまったり。

ミスを気にせず、
次のショットも平常心で臨めるか。

これは捉え方次第なのです。

この「ツイてる!」という言葉は
それだけで、あなたのゴルフを一変させるかもしれません。

プレーのとき、自分の心理状態をコントロールするのは
生まれ持ったものではなくて、
意図的に自分をコントロールする、後天的に身につけられる技術です。

あなたもゴルフのプレー中にかける言葉で
同組と遊んでみるのはいかがでしょうか。

試してみて下さい。


<特別価格でのお申込みは本日まで>

新発売!
ゴルフの名門水城高校に伝わる
伝統のティショット上達法

「20代より飛ばせる」
「スライスがドローに」

飛距離アップを可能にするワン・サード理論で
2ヶ月であなたもドラコン

http://g-live.info/click/mz300_180698/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ミスショットでも「ツイてる!」」への1件のフィードバック

  1. 遠山紀久雄

    6月21日の出来事!同伴プレーヤーのナイスショット連続、自身はミスのオンパレード、それでも奇跡的なショット(バンカーからのショットがピンフラッグ直撃真下30cmに落ちて)ナイスボギーフロントナイン44,楽しく昼食。バックナインはお互いのナイスショットに声をかけながら上がってきました、結果36,自身2度目のエージシュートを達成することが出来ました。これからも楽しいゴルフ、を心掛けてまいります、ご指導宜しくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。