シャフトのSとR、どっちがいいかわからない

2018.08.02
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日はシャフトの選び方について。。。

シャフトについては以前にも何回か
折に触れてお話をさせていただいています。

ですがやはり、自分の力が至らないのか
正しい知識が広まっているとは言い難い状況です。

こんな質問を、いただきましたので紹介いたします。

ご質問の内容…

> ほぼ月1ゴルファーで平均100位です。
> 年齢47です。
> スチールシャフトにSとRが有ります。
> 今の私のレベルで違いは解らないと思います。
> 筋力が無いのでRでいいと思いますが、
> そんな選択方法で良いのでしょうか。
> よろしくお願いします。

 

ご質問、どうもありがとうございます。
 

> そんな選択方法で良いのでしょうか。
 

はい、ハッキリ申し上げさせていただきますが。。。。
 

 「よくないです!(笑)」
 

もう一度、このメールマガジンの
自分のバックナンバーをじっくりお読み下さい。

バックナンバーの中には、下記のような
ビデオで詳しく説明させていただいているものもあります。

[ビデオ] 実は間違いだらけ!? シャフト選び

http://g-live.info/click/180315_nikkan/

 

スチール、カーボンに限らず、
R、S、Xなどのフレックス(硬さ)はありますが。。。

この場でも何度か申し上げているように
そもそも、硬さは筋力によって選ぶものではありません。

この質問者様はスチールシャフトを前提に考えているようですが、
もし本当に筋力がないのであれば
 

「そもそも選ぶべきは、スチールじゃないのでは?」

ということにもなります。
 

そして、これもよく誤解をしていらっしゃる方が多いのですが
 

 「ヘッドスピード=シャフトの硬さ」
 

このような比例関係があると思われがちですが、
これも大きな誤解です。
 

 「自分はヘッドスピードが○○m/sぐらいだから。。。」

フィッティングにいらっしゃるお客様の中にも
このようにおっしゃる方は少なくないのですが。。。

そのような選び方はふさわしくありません。

※これについては以前にも少しお話ししたことがあります。
 よろしければ参考までにどうぞ。

クラブを買い替えているがうまくいかない…

http://g-live.info/click/170727_nikkan/

 

じゃあなぜ、そのようなある意味
「間違った知識」が広まってしまったのか。。。?
 

その話の前に、一応念のために申し上げておきたいのは
ヘッドスピードがクラブ選びの上で
全く役に立たない情報だということではありません。

もちろん、自分もフィッティングの際には
お客様のヘッドスピードを測定させていただいて
クラブを選ぶ目安の一つにはしています。

参考にする数値としては優先順位が低い、
と言っておけばよいでしょうか。
 

さて、話を戻して。。。
 

なぜ「ヘッドスピード=シャフトの硬さ」になったかというと
これはとても言いにくいことなんですが

ズバリ、販売側の都合…

単刀直入に言ってしまえば。。。
 

 ・結局、お店の人が選ぶと、
  お店の側に選んだ責任が持たされることになる

 ・量販店も詳しい専門のスタッフばかりではなく
  アルバイトやパートの販売員も少なくない

 ・であるのなら、お店としては
  お客さんがある程度「セルフサービス」で
  選べるようにしておきたい

 

ということで、お店側として都合のいいのは
 

 「お客様に選んでいただくための判断基準として
  システマティックで都合がよかったのが
  『ヘッドスピード=硬さ』という考え方だった。。。」

 

こうしておけば、お客様が自主的にセルフサービスで選んで、
自主的にレジに持ってきてくれる。

そんな思惑から生まれた
「ヘッドスピード=シャフトの硬さ」という知識だった、
と言うのは。。。ちょっと言い過ぎでしょうか?

そして製造元のメーカーサイドの思惑としても、量販店などに
 

 「ヘッドスピードが○○m/sぐらいのお客様には、
  これをオススメしてください」

 

というように、型通りのセールストークもしやすい。。。
 

そのような背景も、あるのかもしれません。
 

もちろん、ゴルフ業界はそのような接客をしているお店ばかりだとか
そんなことを言うつもりは毛頭ありません。

ですが、お客様が過去にクラブを選んだ経緯、
そして見せていただく「今の」クラブを拝見していると。。。

そのような現実が透けて見えてしまうことが
本当に多いということだけは、事実として申し上げておきます。
 

やはり、クラブについての知識が
正しく浸透していないなということを感じる毎日です。

そうした知識を浸透させるための… フィッティング再募集

 ・正しいクラブの知識を得ていただく

 ・自分に合ったクラブを使っていただくことで
  ベストスコアや自分の目標を実現していただく

何度もお伝えしているように、これを実現しようというのが、
ゴルフパフォーマンス「チーム徳嵩」のフィッティングです。

毎度若干名の「枠数限定」となりますが
枠が少し用意できましたので、下記よりお申込み下さい。
 

東京(秋葉原)大阪(弁天町)
そして千葉(千葉市内)の3ヶ所です。

この機会にぜひ、お申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

あの石川遼プロも愛用している
『FURELOOP -フレループ-』…

大変おまたせしました。
なんと、本数限定で再入荷しました!

スタイリッシュな形とは程遠く、形状は醜く
間の抜けた名前のこの製品…

コチラで情け容赦なく「こき下ろして」います。
詳細はこちらをクリック!

http://g-live.info/click/kogafure180802/

※本数限定。なくなり次第終了…

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, シャフト, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。