グリップはオーバーラッピング以外はNG?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.09.04
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今日はいつもと趣向を変えて
ゴルファーのこんな疑問に答えるコーナーです。

今回お答えするのは、こんな質問です。
 

 「グリップには、オーバーラッピングやテンフィンガー、
  インターロッキングなど、いろいろな握り方があります。

  プロの多くはオーバーラッピングで握っているようです。

  そして、いま私は実は、

  テンフィンガーで握っているのですが、
  やはり上手くなるためには
  オーバーラッピングで握った方がよいのでしょうか?

  私たちアマチュアは、どんなグリップで握ったら
  いいのでしょうか? 教えてください。」

 

テンフィンガーはダメ?

はい。でも、肝心の本題に入る前にですが。。。
 

私がプロにスウィングを教える場合、
グリップの形を教えるということは、
基本的にまずありません。

もちろん、話の流れの中で
グリップを微調整をすることは、あるかもしれません。

ですが、プロはすでに、その今のグリップで
スウィングを作り上げてきているわけです。

プロともなれば、両手の皮膚の感覚が
自分にフィットするかどうかを感じ取れる。。。

そんなレベルにまで達しているわけですから、
そこのグリップには触れたくないというわけです。

グリップの形は、好みでOK!

結論から言ってしまえば、私の中では
グリップの形にこうでなくてはいけない、
というものはありません。

オーバーラッピングでもテンフィンガーでも、
それらが自分の好みで、一番フィットする形であるのなら。。。

どうやって握ろうと、全く構わないと思っています。
 

グリップで重要なのは形ではありません。
 

 「左右の手や腕のバランスと一体感」
 

大事なのはこれです。
 

ですから、これをお読みのあなたも、
 

 「グリップの形よりも、
  まず右手と左手の役割を理解すること」

 

ここから始めるようにしては如何でしょうか?
 

ではその左右の一体感、右手と左手の役割を理解し、
理想のグリップを探すために、やって欲しいドリルがあります。
 

それはズバリ
 

 「片手でボールを打つドリル(片手打ち)」
 

使うクラブはショートアイアンかウェッジで。。。

ボールはティアップして、スリークォーターで
左右片手ずつで打ってみましょう。

なぜ、片手打ちがよいのか?

それはとても単純なことで、
片手でスウィングしようとすれば、無理な握り方はしません。

片手打ちでボールを真っすぐ飛ばそうとすれば、
自然にバランスのよい握り方になってくるはずなのです。

この片手打ちの練習の中で、自分にあった左右のバランス、
そして握り方を探し出してください。
 

それが結果的に、あなたにとってふさわしい
グリップの形ということになります。
 

ちなみに私は、オーバーラッピングからインターロッキングまで、
あらゆるグリップを試しました。

もし、あなたがグリップに悩んでいるのなら、
いろいろな握り方をやってみるとよいでしょう。

その中に、あなたにピッタリの握り方があるはずです。
 

右手一本、左手一本の片手打ちで打って、
自分に合った握りを見つけてみましょう。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

【朗報】280y飛ぶスイングが勝手に手に入る秘密…

もし、あなたが飛距離を伸ばしたいと
考えているのなら、その最大の過ちとは、、

「飛ばそうとばかり考えてしまっていること」

これのせいで、ほとんどのゴルファーが
飛距離アップしようとして失敗に終わってしまいます。

では、どうすればいいか?

その秘密を、現在公開中のこちらのお手紙で
詳しくお話ししていますので、必ずご覧ください。

http://g-live.info/click/edr_1808/

明日9/5(水)で終了です

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, ウエッジ, グリップ, セットアップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。